• SEOを学ぶ

次のSEO戦略を導くべきSEOの6つの柱

  • Gerard D’Onofrio
  • 1 min read
次のSEO戦略を導くべきSEOの6つの柱

イントロ

競合する声があふれる中、誰もが注目を集めるための優位性を得ようと努力しています。そのため、検索エンジン最適化SEO)は非常に重要な課題です。好奇心旺盛な検索者に見つけてもらえる可能性のあるサイトは、SEOの6つの柱に見られるような特定の原則に従わなければならないのです。

以下、それぞれの柱について見ていきますが、まずは実際にSEOがどのように機能するのかを見ていきましょう。

SEO - 何が起こるのか?

SEOとは、最も基本的なもので、サイトをより発見しやすくするためのプロセスです。発見力の定義についてさらに詳しく説明することもできますが、検索エンジンが与えられた検索キーワードに関連する資料を探すためにインターネットをスキャンするとき、特定のシグナルを探すというだけで十分でしょう。このシグナルは、ウェブサイトの中にあることもあれば、訪問者のユーザー行動の中にあることもあります。

特定のシグナルが検出されると、検索エンジン結果ページ(SERP)でのそのサイトの順位が決定されるため、サイトの成功に欠かせません。サイトの所有者がSERPの順位を上げる方法はいくつかあり、それらはSEOの6つの柱に記載されています。

柱1:テクニカルSEO

Webサイトのバックエンドと呼ばれる部分で、Webサイトの裏側で進行しているすべての事柄を、Webクローラーが掘り下げる。その重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。検索エンジンが探し、インデックス化し、ランク付けする情報の一部がここに存在します。

ウェブサイト速度

テクニカルSEOの重要な要素は、ウェブサイトのスピードです。サイトの読み込み速度は、直帰率(サイトの1ページを訪問した後、SERPに直帰するユーザーの数)に影響を及ぼします。直帰率が高いということは、コンバージョン率が低いということです。従って、読み込み速度が低ければ、コンバージョン率も低くなります。

Website Speed (画像出典:ポーテント)

直帰率は、サイトのランキングに影響します。もし人々がざっと見てすぐに去ってしまうようであれば、検索エンジンはそのサイトがユーザーにとって有益な、あるいは関連性のある情報をあまり提供していないと合理的に判断することができます。

それを踏まえて、画像の圧縮やリダイレクトの数を制限することで、ウェブサイトの速度を向上させることができます。

モバイルフレンドリー

世界のインターネット人口の90%以上が、携帯電話からのアクセスです。ここで努力をしないWebサイトは、そのポテンシャルを十分に発揮できないことは明らかです。モバイルフレンドリー度が低いと判断されたサイトは、検索エンジンのランキングで下位に表示されます。

そのため、自動的に適切な表示形式を適用するレスポンシブデザインと呼ばれる方法で、デバイスに最適な表示を行うことが重要です。

ナビゲーション

ユーザーは、サイト内で簡単に自分の道を見つけることができるでしょうか、それとも苦労して、無駄に歩き回った挙句にサイトを放棄してしまうでしょうか?このような結果は、SEOの低下を意味しますので、対策が必要です。

ここで重要なのがテストです。予備知識のない人を想定し、さまざまな情報が簡単に見つかるかどうかを確認します。もし、そうでなければ、デザインを変更する必要があるかもしれません。目安としては、数回クリックするだけでサイトのほとんどのエリアにアクセスできるように、浅い階層を使用することです。

柱2:コンテンツ

Content (画像出典:pixabay)

サイトとはコンテンツが命です。販売する靴の商品説明です。中小企業向けのクラウド型電話システムを支える情報。お笑いサイトの「今日のジョーク」。つまり、そのサイトを構成するものです。コンテンツには、優れたコンテンツ・クリエイターが心に留めておくべき3つの主要な側面があります。

キーワード

これらは、人々が資料を探すのに使っている言葉やフレーズです。これらの単語やフレーズが何であるかを調査し、あなたのコンテンツにこれらのフレーズを含めるようにしましょう。そうすることで、検索エンジンでのサイトの可視性を高めることができます。キーワード調査を支援するさまざまなツールがあり、その多くは無料で利用できます。

関連性

SEOの世界では、ユーザーの意図は非常に重要であり、検索キーワードの背後にある意図を指します。つまり、靴を売るサイトに話を戻すと、そのサイトが解決する問題について考える価値があるのです。

足幅の広い人向けの靴が充実していることかもしれません。あるいは、スピーディーなメール配信が売り物かもしれません。ユーザーが何を求めているのか、それをコンテンツに組み込んで、ユーザーと同じように表現するのです。

品質

言うのは簡単だが、実行に移すのは難しい。この場合の品質とは、オリジナリティと価値のことです。サイトや企業イメージに合ったコンテンツを制作するよう心がけましょう。最終的には、ユーザーに素晴らしい読書体験を提供するコンテンツを制作するよう心がけましょう。ウィットを効かせる。明るく、元気よく書きましょう。文法に気を配る - 退屈かもしれませんが、重要です。

柱3:オンサイトSEO

これは、サイト自体で行われるすべての最適化です。主に、サイトの使いやすさやユーザーに与える価値について考えます。主なポイントはいくつかありますが、そのうちのいくつかは、キーワードなど、すでに説明したとおりです。その他の項目は以下のとおりです。

URL

サイトで何が起こるかわかるような URL を持つこと。URLが「www.internet-telephones.com」であれば、ユーザーはサイトへの到着を音声応答などのさまざまなサービスで迎えてくれると期待する権利があります。代わりにサングラスが並んでいたら、どんなに素敵なサングラスでも少し戸惑うでしょう。

タイトルタグ

Title Tags

タイトルタグは、ウェブページにタイトルを付けるためのHTMLコードタグで、ユーザーがSERPで検索結果に目を通すときに表示されるものです。タイトルは、サイトの内容を示す非常に簡潔なものである必要があります。60文字以内が目安です。

メタディスクリプション

そのサイトが提供するものの概要を説明する短い説明文です。160文字程度に制限されていますので、直接的で要点を押さえた文章にしましょう。

これらは、検索エンジンよりもユーザーにとって大きな意味を持ちますが、多くのユーザーが訪問するサイトを選択することに影響を与えるため、SEO対策にも影響を及ぼします。

ユーザーエクスペリエンス(UX)

これは、上記で触れたナビゲーションの側面と関連しています。ユーザーエクスペリエンスとは、ウェブサイトを使用する際の感覚を指します。より簡単で楽しい体験であればあるほど、SEOの結果は良くなります。

柱4:オフサイトSEO

これは、実際のサイトにはない側面に取り組むことで、サイトの認知度を高めることです。他のサイトからのバックリンクやソーシャルメディアでのシェアを獲得する方法などがあります。

バックリンクは、他のサイトにリンクすることで獲得することができます。しかし、やりすぎると、ユーザーにとってリンクだらけのページは退屈なものです。戦略的なリンクはもちろんですが、何よりも読者にとって価値のあるリンクが必要です。

インフルエンサーとリンクすることで、ソーシャルメディアでの共有が促進されます。読者に価値を与える彼らの何かを共有すれば、そこから社会的証明が得られ、SEOパフォーマンスを高めることができます。

柱5: 権限

これは、検索エンジンから見たサイトのオーソリティは、そのサイトへのバックリンクの数によって強化されるという意味で、4番目の柱に関連しています。しかし、サイトのオーソリティを高める方法は他にもあり、その代表的なものが、権威あるコンテンツとブランド認知です。

権威あるコンテンツ

Authoritative Content (画像出典:pixabay)

権威あるコンテンツは、検索エンジンに、そのサイトが信頼できるものであるというシグナルを与えます。これらのシグナルはE-A-Tファクター(経験、権威、信頼)と呼ばれ、測定するのはかなり困難です。まずは、人々が信頼できる声となることで、権威を獲得することを試みるのがベターな方法です。ゲスト投稿を始めるのも一つのアイデアで、信頼されるアイデンティティを確立するのに役立ちます。

評判はすぐに確立される傾向があるので、サイトが誠実で知識が豊富であるという評判を得ることができれば、バックリンクは時間の経過とともに増殖していくでしょう。

ブランド認知度

ブランド認知は、サイトのオーソリティに役立つもう一つの側面であり、これも通常、獲得する必要があります。これは、あるブランドと別のブランドを比較して、ブランド力を評価するマーケティング・ツールを使って評価することができます。

しかし、ブランド認知度は一夜にして向上させることができるものではありません。ブランドの認知度は、権威のほとんどの側面と同様、質の高いプロバイダーであることから生まれます。例えば、ある通信会社が最高のバーチャルPBXサービスを提供すれば、その噂は広まるでしょう。ブランド認知を重視するあまり、会社が設立された目的を達成することができないのは本末転倒です。

柱6:ローカルSEO

これは、実在の店舗を持つサイトにとって特に有用な、地理的なエリアに関するものです。Google検索の多くは、「フェニックスの靴屋」のように地理的な要素を含んでおり、ローカルの可視性を最適化する方法について考えることは理にかなっています。

Local SEO (画像出典:DRUDESK)。

良いスタートは、Googleマイビジネスリストを取得することです。Googleマップを使用し、指示に従ってサイトとその内容をアップしてください。

その後に、できるだけ多くのローカルビジネスの引用を獲得するようにします。これは、他のサイトの所有者に、できる限りあなたのことを紹介してもらうことを意味します。これは、検索エンジンが、そのサイトの地域的な重要性を確立するのに役立ちます。

あとは、お客さまにポジティブなレビューや体験談を投稿してもらえば、すぐにローカルランキングを上昇させることができるのです。

結論

SEO対策には数多くの方法があり、ここで取り上げたのはほんの一例です。すべてを2つのポイントに絞り込むと、次のようになります。

  1. CEOは最適なSEOの確立に貢献できる - 技術者にすべてを任せてはいけない。CEOは組織の生命線であるため、少なくとも当初は、重要な意見を述べるべきである。
  2. コンテンツは依然として王者です。コンテンツを充実させれば、ランキングも上昇します。

Ranktrackerを無料でお試しください。