• SEOを学ぶ

SEOキーワードはいくつ必要?

  • Joe Troyer
  • 1 min read
SEOキーワードはいくつ必要?

イントロ

1ページにいくつのSEOキーワードを狙えばいいのか、悩んでいませんか?それはあなただけではありません。

SEOの世界では、キーワードをいくつにするかということは、その一段階でしかありません。

このブログでは、あなたのページで狙うべきキーワードの数を決定する際に留意すべき重要な点を概説します。ぜひご覧ください。

1.複数のキーワードをターゲットにすることのメリットとは

最も重要なことの1つは、複数のキーワードをターゲットにすることです。さまざまなキーワードをターゲットにすることで、より多くの人々にリーチし、より多くのトラフィックをあなたのウェブサイトに引き寄せることができます。複数のキーワードをターゲットにすることで、いくつかの利点があります。

  1. より多くの人にリーチできるようになります。複数のキーワードをターゲットにすると、さまざまな検索キーワードで上位表示される可能性が高くなります。これにより、より多くのユーザーにリーチし、より多くのビジターをサイトに引き寄せることができます。
  2. よりターゲットを絞ったトラフィックを集めることができます。複数のキーワードをターゲットにすることで、提供する製品やサービスを具体的に検索している訪問者を集めることができるようになります。これにより、コンバージョン率を高め、売上アップにつなげることができます。
  3. 競合他社に差をつけることができます。競合他社が1つか2つのキーワードしかターゲットにしていない場合、多くの潜在的なトラフィックを逃す可能性があります。複数のキーワードをターゲットにすることで、競合他社に差をつけ、より多くのビジターをサイトに呼び込むことができます。
  4. 時間とお金を節約できるようになります。複数のキーワードをターゲットにすると、さまざまな検索キーワードにウェブサイトを最適化できるため、時間とコストを節約できます。これにより、SEO対策において、より多くの利益を得ることができます。

複数のキーワードをターゲットにすることは、あらゆるSEOキャンペーンにおいて不可欠な要素です。さまざまなキーワードをターゲットにすることで、より多くのユーザーにリーチし、より多くのターゲットトラフィックを集め、競合他社をリードすることができます。

2.1つのページが狙うべきキーワードは何個までか

トピック、ページの長さ、ウェブサイトの全体的な目標によって異なる可能性があるため、この質問に対する明確な答えはありません。しかし、一般的な経験則として、ページに多くのキーワードを詰め込もうとするのではなく、ほんの一握りのキーワードに焦点を当てるのが一般的にベストです。

キーワードが多すぎると、スパム的な印象を与えたり、読みにくいページになってしまい、潜在的な訪問者を遠ざけてしまう可能性があるからです。

さらに、あまりにも多くのキーワードをターゲットにしようとすると、キーワードのカニバリゼーションが起こり、検索エンジン最適化の取り組みにマイナスの影響を与える可能性があります。

すべてのキーワードを自然にコンテンツに組み込むことが難しくなるだけでなく、Googleはそのページを「キーワードの詰め込み」と見なし、相応のペナルティを課す可能性があります。

SEO対策では、常に量より質が重要であることを忘れてはなりません。できるだけ多くのキーワードをページに詰め込もうとするのではなく、狙ったキーワードを自然に盛り込む、質の高いコンテンツを作ることに集中しましょう。

この方法をとれば、検索結果での順位を上げると同時に、視聴者に価値を提供することができます。

3.狙うべきキーワードはどのように決めるか

ターゲットとするキーワードを決定する際には、いくつかの要素に留意する必要があります。

まず、そのキーワードがどれだけ人気があるかを考えます。同じキーワードを狙う人が多すぎると、検索エンジンの結果ページ(SERPS)で上位にランクインすることは難しくなります。逆に、誰もそのキーワードをターゲットにしていなければ、トラフィックを発生させることは困難です。

次に、そのキーワードとビジネスやWebサイトとの関連性を考えましょう。製品やサービスと密接に関連するキーワードは、緩やかな関連しかないキーワードよりもコンバージョンする可能性が高くなります。

最後に、そのキーワードの競合について考えてみましょう。そのキーワードでランキングされている確立されたウェブサイトがすでにたくさんある場合、上位に食い込むのは難しいかもしれません。しかし、競合が少ない場合は、上位にランクインすることが容易になる可能性があります。

これらの要素をすべて考慮することで、マーケティング目標を達成するためのターゲットキーワードのリストを作成することができます。

4.複数のキーワードを狙うにはどうしたらいいか

複数のキーワードをターゲットにする場合、いくつかの異なるアプローチがあります。

まず、すべてのキーワードに関連するコンテンツを作成することに集中できます。これは、キーワードに関連する幅広いトピックをカバーする、高品質で、よく研究された、ユニークなコンテンツを作成することを意味します。

もうひとつの方法は、キーワードごとに別々のコンテンツを作成することです。これはより時間がかかりますが、各キーワードをより正確にターゲットにすることができます。

また、この2つの戦略を組み合わせて、一般的なコンテンツと、よりターゲットを絞ったコンテンツを作成することもできます。どの方法を選ぶにせよ、最も重要なのは、視聴者にとって興味深く、役に立つコンテンツを作成することです。

そうすることで、どのキーワードをターゲットにしているかに関わらず、オーガニックトラフィックを集め、検索エンジンで上位に表示される可能性が高くなります。

5.複数のキーワードをターゲットにした場合の潜在的なリスクはありますか?

複数のキーワードをターゲットにすることは、ランキングと可視性を向上させる効果的な方法となりえます。しかし、この戦略には潜在的なリスクも存在します。

最も一般的な問題は、キーワードスタッフィングです。これは、ランキングを上げるために、コンテンツにキーワードを詰め込みすぎることで発生します。これは、実際には逆効果で、コンテンツが読みづらくなり、潜在的な訪問者を遠ざけてしまう可能性があります。

もう一つのリスクは、自分自身を広げすぎてしまい、努力が薄れ、どのキーワードでもランクインすることが難しくなってしまうことです。何事も、複数のキーワードをターゲットにするときは、ほどほどが肝心です。

質の高いコンテンツに焦点を当て、キーワードを適切に使用することで、リスクを回避し、効果的なSEO対策から報酬を得ることができるのです。

6.キーワードのカニバリゼーションはSEO対策にどのような影響を与えるか

SEO対策には様々な要因が影響しますが、キーワードのカニバリゼーションは注意すべき問題の1つです。

基本的に、キーワードのカニバリゼーションは、同じキーワードやキーフレーズをウェブサイト上で何度も使用する場合に起こります。これは、検索エンジンを混乱させ、どのページが特定の検索クエリに最も関連しているかを判断することを困難にするため、問題となることがあります。その結果、検索結果の同じ場所をめぐって、ページ同士が競合してしまう可能性があります。

キーワードのカニバリゼーションは、あなたのサイトで特定の情報を見つけようとしているユーザーにも問題を引き起こす可能性があります。同じキーワードやキーフレーズが何度も繰り返されると、あなたのサイトはよく整理されておらず、探している情報がないという印象を与える可能性があります。場合によっては、あなたのサイトから完全に離れてしまうかもしれません。

キーワードの共用を避けるには、サイトで使用するキーワードとキーフレーズを慎重に選択する必要があります。サイト内の各ページは、1つのキーワードまたはフレーズに集中し、そのキーワードまたはフレーズをページ全体で自然な形で使用するようにしてください。

また、同じキーワードやフレーズをサイトの複数のページで使用することは避けなければなりません。同じキーワードやフレーズを複数のページで使用する必要がある場合は、検索エンジンやユーザーが各ページの内容を容易に理解できるように、毎回異なる方法で使用するようにしてください。

キーワードの共用を避けることで、検索エンジンにページが適切にインデックスされ、ユーザーがサイトを訪れたときに探している情報を見つけることができるようになるのです。

テイクアウェイ

では、あなたのページはどれくらいのSEOキーワードを狙えばいいのでしょうか?答えは、「人それぞれ」です。あなたのビジネスやページのトピックに関連するキーワードをいくつも狙う必要がありますが、キーワードを詰め込みすぎてSEO対策に支障が出ないようにすることも必要です。

複数のキーワードをターゲットにする場合は、さまざまな方法を用いて、すべてのベースをカバーし、各キーワードでランキングされる可能性を高めることが重要です。また、キーワードのカニバリゼーション率に常に注意を払い、検索エンジンのトラフィックで不注意に競合することがないようにしましょう。

複数のSEOキーワードをターゲットにするためのヒントを教えてください。Webサイトで複数のキーワードをターゲットにしてみたことがありますか?その結果はどうでしたか?コメントで教えてください。

Start your free 7 days trial with Ranktracker, all-in-one SEO platform
Joe Troyer

Joe Troyer

I’m one of the founders of Virtual Valley. We own and grow profitable bootstrapped ventures that are entirely bootstrapped and funded by customers, forcing us to focus on building products that customers, not investors, love.
Our latest venture Review Grower aims to compete in a market with competitors doing hundreds of millions a year. Our goal is simple: By creating enterprises that address the most pressing issues affecting tomorrow's top firms, we enable growth in marketers, agencies, and companies.

Ranktrackerを無料でお試しください。