• クラウド

AWSでホスティングする際のベストプラクティス

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
AWSでホスティングする際のベストプラクティス

イントロ

AWSでウェブサイトをホスティングすることは、あなたのビジネスにとって最良の決定の1つです。拡張性と信頼性が高いだけでなく、セキュリティとコンプライアンスという付加的なメリットも得られます。

しかし、サイトをホスティングする際、ただ "設定したら終わり "ではありません。AWSホスティングを最大限に活用するために、従うべきベストプラクティスがあります。

この記事では、AWSでWebサイトをホスティングする際に従うべきベストプラクティスをいくつか紹介します。これらのヒントに従うことで、Webサイトをスムーズかつ効率的に運営しながら、コストも抑えることができます。

正しいインスタンスタイプを使用する

Use The Right Instance Type

インスタンスタイプは、仮想サーバーの仕様のセットです。サーバーのCPU、メモリー、ストレージ、ネットワークの容量が含まれます。

AWSプラットフォームでは、さまざまなタイプのインスタンスが利用できます。汎用インスタンス、計算機最適化インスタンス、メモリ最適化インスタンス、ストレージ最適化インスタンスなどです。

Webサイトのインスタンスタイプを選択する際には、Web監査を行い、サイトがどのような作業負荷を持つかを判断する必要があります。たとえば、シンプルなWordPressブログであれば、複雑なeコマース・プラットフォームを実行するサイトほどのパワーは必要ないでしょう。

また、サイトのトラフィックがどの程度になるかも考慮する必要があります。多くのトラフィックが予想される場合は、その負荷に対応できるインスタンスタイプが必要です。

どのインスタンスタイプが自分のウェブサイトに適しているかわからない場合は、Amazonが便利なツールを用意しているので、それを使って選ぶとよいでしょう。

オートスケーリングでコスト削減

Use Auto Scaling To Save Money

オートスケーリングとは、AWSの機能で、トラフィックレベルに応じて、自動的にWebサイトの規模を拡大または縮小することができる機能です。

例えば、日中は多くのアクセスがあるけれども、夜間はほとんどアクセスがないWordPressサイトがあるとします。オートスケーリングでは、トラフィックが少ない夜間にサイトをスケールダウンするように設定できます。これにより、必要なリソースに対してのみ支払いが発生するため、AWSホスティングの請求書を節約することができます。

オートスケーリングは、AWSホスティングのコストを節約するための優れた方法です。また、トラフィックレベルが増加したときにスケールアップできるため、Webサイトを常に最高のパフォーマンスで稼働させることができます。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)を利用する

CDN(Content Delivery Network)とは、ユーザーの位置情報に基づいてコンテンツを配信する分散型サーバーのシステムです。

例えば、あなたのウェブサイトは米国でホストされていますが、世界中からの訪問者がいるとします。CDNを利用すると、訪問者の所在地に近いサーバーに転送されるため、訪問者へのコンテンツ配信を高速化することができます。スピードは、200のGoogleランキング要因の1つです。

Amazonは、CDNサービスであるCloudFrontを利用して、自社のサーバーから世界中のユーザーへコンテンツを配信しています。この機能はすぐに利用できるといっても、自動的に利用できるわけではありません。この機能を利用するためには、Amazon S³のアカウントとCloudFrontの配布を設定する必要があります。

CDNを設定したら、すべての静的コンテンツ(画像、CSSファイル、JavaScriptファイルなど)がCDNから提供されていることを確認します。こうすることで、世界のどこにいるユーザーに対しても、サイトの読み込みを確実に速くすることができます。

Amazon Route 53をDNSに使用する

AWS上でWordPressを管理するには、DNS(ドメインネームシステム)の基本的な理解が必要です。DNSは、人間が読めるドメイン名(example.comなど)をIPアドレス(192.168.0.0など)に変換するシステムです。

AWSでWebサイトを構築する場合、Amazon Route 53でDNSを設定する必要があります。Amazon Route 53は、低レイテンシーと高可用性を実現するために設計された、可用性と拡張性に優れたDNSサービスです。

Amazon Route 53を設定したら、レコードセットを作成する必要があります。レコードセットとは、ドメインのトラフィックをルーティングするために必要な情報を含むレコードのコレクションです。

各レコードセットには、名前、タイプ、TTL(time to live)、および値を指定する必要があります。名前は、トラフィックをルーティングするドメインまたはサブドメインです。タイプは、レコードの種類(A、AAAA、CNAME、MX、NS、PTR、SOA、またはTXT)です。

TTLは、DNSキャッシュにレコードを残しておきたい時間(秒)です。値は、トラフィックをルーティングするIPアドレスまたはドメイン名です。

レコードセットを作成したら、ホスティングされたゾーンを作成する必要があります。ホストゾーンは、特定のドメインのDNSレコードの集合体です。

ドメイン名を指定すると、Amazon Route 53がゾーンのネームサーバーを自動生成してくれます。

ホストゾーンを作成したら、Amazon Route 53ネームサーバーを使用するように、ドメインのDNS設定を行う必要があります。

ドメインレジストラのウェブサイトにアクセスし、ドメインのDNS設定を更新することで行うことができます。

Amazon CloudWatchでウェブサイトを監視する

Amazon CloudWatchは、AWS上のWebサイトを監視するために使用できるモニタリングサービスです。

Amazon CloudWatchでは、Webサイトのパフォーマンスが一定の閾値を下回ると通知するアラームを設定することができます。

また、それらのサービスを利用して、Webサイトのパフォーマンスを時系列でグラフ化することも可能です。

Amazon CloudWatchは、Webサイトのパフォーマンスを監視し、問題を迅速に特定・解決するための優れた方法です。

Amazon SESを利用したメール配信

電子メールは、どんなウェブサイトでも重要な役割を担っています。ユーザーへの通知や、ウェブサイトからの問い合わせフォームにメールを使用することがあります。

AWSを使用してウェブサイトをホストしている場合、Amazon SES (Simple Email Service)を使用してメールを送受信することができます。

Amazon SESは、あらゆる規模のビジネス向けに設計された、拡張性と信頼性の高いメールサービスです。さらに、非常に手頃な価格で、利用した分だけ支払うことができます。

Amazon SESを利用するためには、アカウントの開設とメールアドレスの認証が必要です。その後、APIを使用してメールの送信を開始することができます。

ファイアウォールを活用する

Take Advantage of Firewalls

ファイアウォールとは、あらかじめ設定されたセキュリティルールに基づいて、送受信されるトラフィックを監視・制御するネットワークセキュリティシステムです。

AWSでは、主に2つのファイアウォールサービスを提供しています。Amazon VPC (Virtual Private Cloud)とAWS WAF (Web Application Firewall)です。

Amazon VPCは、AWSクラウド内に分離されたネットワークを作成することができるサービスです。Amazon VPCを使用すると、特定の種類のトラフィックのみがウェブサイトに到達することを許可するカスタムセキュリティルールを定義することができます。

AWS WAFは、Webアプリケーションファイアウォールを作成することができるサービスです。Webアプリケーションファイアウォールは、Webアプリケーションに出入りするトラフィックを具体的にフィルタリングするファイアウォールの一種である。

このサービスでは、IPアドレス、URL、リクエストの内容などに基づいてトラフィックをフィルタリングするルールを作成することができます。これにより、ハッカーを追い払うことができ、サイトを攻撃から守ることができます。

複数のデータセンターの検討

AWSでウェブサイトをホスティングする場合、複数のデータセンターでホスティングすることを選択できます。

これは、可用性とパフォーマンスを向上させ、データ損失から保護するための優れた方法です。複数のデータセンターでWebサイトをホストする場合、各データセンターにはお客様のWebサイトのコピーが格納されます。

1つのデータセンターがダウンしても、他のデータセンターからウェブサイトを利用することができます。さらに、ウェブサイトを複数のデータセンターに置くことで、ユーザーは最も近いデータセンターに転送されるため、パフォーマンスの向上にもつながります。

Amazon VPC as a Regional サービスは、お客様のウェブサイトの複数のインスタンスを異なる地域にデプロイするための優れた方法です。複数のAvailability Zoneにまたがる、分離されたネットワークを作成することができます。

よりグローバルなソリューションをお探しの場合は、Amazon Route 53のLatency-Based Routingを使用することができます。これにより、地域に関係なく、ユーザーを最も近いインスタンスにルーティングすることができます。

ホストをエフェメラルかつダイナミックに扱う

AWSでウェブサイトをホストする際に犯しうる最大の間違いは、ホストを静的で不変のものとして扱うことです。

クラウドでは、インスタンスはいつでも出入りすることができます。つまり、定期的に作成・破棄されるホストに対応できるように、ウェブサイトを設計する必要があります。

ホストの数や場所を決めつけないこと。その代わり、環境の変化に動的に対応できるような設計にしましょう。

そのためには、AmazonのAuto Scalingというサービスを利用するのがよいでしょう。Auto Scalingでは、定義した条件に基づいて、自動的にインスタンスを追加または削除するルールを設定することができます。

最終的な感想

AWSでWebサイトをホスティングする場合、考慮すべきことがたくさんあります。この記事で説明したベストプラクティスに従うことで、Webサイトの可用性、スケーラビリティ、安全性を確保することができます。

このような実践を、質の高い価値あるコンテンツで補完することで、Webサイトを検索エンジンで上位に表示し、より多くの訪問者を惹きつけることができるのです。

Ranktrackerを無料でお試しください。