• SEOを学ぶ

Googleのページ体験。それは噛まれたのか?

  • Felix Rose-Collins
  • 2 min read
Googleのページ体験。それは噛まれたのか?

イントロ

Googleページエクスペリエンス (画像ソース:googlealgorithm.com)

Page Experience](https://support.google.com/webmasters/answer/10218333?hl=en) と Core Web Vitals (LCP, FID, CLS) のあたりは、活発な議論が行われているようです。私は、新しい要件は、どんなサイトでも満たすように努力するべきだと思います。なぜか?まあ、この流れは、長い間、Googleが積極的に推進し、働きかけていくでしょうから。

HTTPS](https://www.cloudflare.com/learning/ssl/what-is-https/)への移行もそうでしたが(実はPage Experienceにもこの要素が含まれています)、最初にHTTPSが推奨され、今はHTTPSでないと上位表示が難しくなっています。

サイトの数が指数関数的に増えているということです。しかし、インターネット機器の帯域はそれほど伸びていない。Googleがこのような数のサイトをインデックスすることは、特にひどく遅い場合には、すでに困難です。

同じ理由で、GoogleはHTML5のセマンティックタグを積極的に推進し始めた。検索では、コンテンツの意味のある部分を特定するのに十分な時間とパワーがないため、もはや時間をかけることはできません。だからこそ、セマンティックタグを使う必要があるのです。そうでなければ、ランキングやインデックスにさえ問題が生じます。

同じくページエクスペリエンスとコアウェブバイタル。迅速で簡単な分析の助けを借りた新しいランキングファクターは、どのサイトがユーザーの満足度を重視しているか、どのサイトがそうでないかを理解するのに役立つ。その結果、site`s rank in searchに影響を与えることになるのです。

Google Page Experience と Core Web Vitals: What is the impact?

Googleページエクスペリエンスとコアウェブバイタル:その影響とは](images/image2.png) (画像出典)people-mind.ch)

Googleページエクスペリエンスとは、情報価値を超えたページの品質を評価するためのシグナルの集合体です。新しいランキング要素の主な目的は、ユーザーフレンドリーなサイトの検索可視性を向上させることです。Google ページエクスペリエンスの監査を行うには、以下を使用します。

  • Google Search Console。
  • Google PageSpeed Insights。
  • Chrome DevTools。
  • ライトハウス。
  • WebPageTest。
  • Screaming Frog SEO Spider。
  • Semrush。

実際、Google Page Experience - は、行動シグナルに直接リンクしている最初の公式ランキングファクターである。Googleの社員であるGary Illyesは、アルゴリズムがサイトに対するユーザーのインタラクションに関する情報を収集しているにもかかわらず、SERPの状況にはほとんど影響を与えないと繰り返し指摘しています。2021年、この状況は一変する。

コアウェブバイタルを除き、Googleページエクスペリエンスには以下のようなものがあります。

  • Mobile-friendliness - モバイル端末でのサイトの使いやすさ。
  • 安全なブラウジング - マルウェアや誤解を招くようなコンテンツがページ上にないこと(ソーシャルエンジニアリング)。
  • HTTPS - SSL プロトコル、接続と個人データを使用するセキュリティを提供します。
  • 広告やメインコンテンツへのアクセスを困難にするような要素がページに含まれていないこと。

ページ・エクスペリエンスに関するオプティマイザーの意見はさまざまですが、時間の経過とともに、検索エンジンはますます理想的なユーザー・エクスペリエンスを持つウェブサイトに焦点を移すようになることは、誰もがよく理解しています。検索エンジンには、行動シグナルを測定するツールがあり、その価値を増幅する機会があります。

Core Web Vitalsは、3つのコンポーネントで構成されています。LCP、FID、CLSです。

Largest Contentful Paint (LCP)とこのパラメーターの改善方法

このパラメータは、読み込み速度を反映しています。使い勝手をよくするために、ページのLCPの値は、読み込み開始後2.5秒未満であるべきです。大雑把に言うと、最初の画面の読み込みというか、その最大断片の速度です。

LCPを向上させるには、次のようなことができます。

  • サーバーの応答時間を短縮する(Time to First Byte メトリクスで測定できます)。
  • コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)(例:Cloudflare)を使用する。
  • サーバーサイドキャッシングを導入する。
  • サードパーティーとの接続には、rel="preconnect "を使用する。
  • JSのブロック時間を短縮し、JavaScriptを最小化する。
  • CSSを最小化し、重要でないCSSの読み込みを遅延させ、重要なCSSを実装する。
  • 画像を最適化し、サイズを小さくする。
  • 重要なリソースのプリロードの実装
  • テキストファイルのサイズを小さくする。
  • サーバーサイドレンダリングまたはプリレンダリングの使用

最初の入力遅延(FID)とこのパラメーターの改善方法

このパラメータは、インタラクティブ性を反映します。サイトを快適に利用するためには、FIDの値が100ms以下であることが望ましいとされています。大雑把に言うと、サイト上でボタンがクリックされたときの反応速度です。どれだけ早くすべてが変化し始めるか。

FIDを向上させるには、次のようなことができます。

  • 長いタスクをより小さな非同期タスクに分割する。
  • インタラクションの準備状態を最適化する(例:プログレッシブ・コード・ローディングの使用)。
  • サードパーティのコードを調査し、ダウンロードの優先順位をつける。
  • Comlink、Workway、Workerizeを使用する。
  • JS実行時間の短縮(未使用のJSの遅延、未使用のポリフィルの最小化)。

累積レイアウトシフト(CLS)とこのパラメータの改善方法

ページが使えるようになるには、CLS 値が 0.1 より小さくなければなりません。CLSの値は特殊な計算式で算出されますが、その計算方法はあまり明確ではありません。しかし、肝心なことは単純です。ページロード後に何かが移動していなければいないほど、この指標は低くなります(理想的には - ゼロ)。CLSは視覚的な安定性を反映しているのです。

CLSを向上させるには、次のようなことができます。

  • 広告、埋め込みコンテンツ、iframeのためのスペースを確保する。
  • 広告、埋め込みコンテンツ、iframeのためのスペースを確保する。
  • 既存のコンテンツの上に新しいコンテンツを挿入しない。
  • 基本的なWebフォントには、font-display属性、Font Loading API、または<link rel="preload">を使用する。

コアウェブバイタルは、テストと最適化をどのように変えるのか?

Core Web Vitalsは、リアルユーザーメトリクス(RUM)に基づくものです。Googleは匿名のChromeユーザーデータを使用し、Chromeユーザーエクスペリエンスレポート(CrUX)で公開しています。このデータを使って、前述の3つの指標を測定し、ランキングの作成に利用しています。RUMデータは、合成ウェブパフォーマンスモニタリングツールでも使用されています。

最大のContentful Paintは、ネットワークの状態や使用するデバイスの処理能力に大きく依存し、サイト利用者が思っているよりもパワーのないデバイスを使用している可能性が高いです。しかし、テストツールよりもモバイル端末での実際のサイト読み込み速度の方が優れている場合が多いので、注意が必要です。

同時に、First Input Delayは、プロセッサーの速度や、処理すべき画像やページ上にレイアウトすべき要素など、サイトから送られてくるすべてのコンテンツを端末がどのように処理するかに左右されることがよくあります。

累積レイアウトシフトについては、ネットワークの変化の影響を受けにくく、ハードウェアへの依存度が低いため、テストツールで測定することが容易です。しかし、ユーザーがウェブページで見るものはさまざまです。例えば、Cookieバナーやカスタマイズ可能なコンテンツは、表示されるコンテンツやCLSユーザーが端末で体験する内容に影響を及ぼします。

そのため、サイトのテストや最適化には新たな課題が現れます。コアウェブバイタルの指標に影響を与え、かつ自分では影響を与えることができない多くのサイドファクターが存在します。サイトのテストと最適化は難しくなっています。

SERPシフト(勝者/敗者) - 7月の2021年コアアップデート展開の影響とは?

7月の2021 Core Updateは、6月のアップデートよりも強力でした。アップデートの展開に12日間を要しました。6月のアップデートは10日でロールアウトされましたが。

最も大きな変動があったのは、以下のテーマ別カテゴリーのサイトです。

  • オンラインコミュニティ
  • インターネットとテレコム
  • アート&エンターテインメント
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース

これらのカテゴリでは、7月の更新開始時点で、SERPのボラティリティは9.3~9.4ポイントに達しました。更新期間中、このようなテーマ別カテゴリーにおいて、SERPのボラティリティは通常のパフォーマンスと比較して増加しました。

  • 不動産 - 3.7ポイント上昇
  • ショッピング - 3.3ポイント上昇。
  • ビューティ&フィットネス:3.2 ポイント上昇。
  • 科学:3ポイント上昇
  • ペット・動物 2.9ポイント増
  • オンラインコミュニティ 2.8ポイント増

6月と7月のアップデートを互いに比較すると、後者の方が約40%強力でした。いくつかのテーマ別カテゴリーでは、6月よりもさらに60%以上強くなっています(「フード&ドリンク」73%、「仕事&教育」66%、「健康」「ニュース」62%)。

ページ・エクスペリエンスを向上させるために、サイト上で何を変更すればよいですか?

ページエクスペリエンス向上のためにサイトのどこを変えるべきか](images/image3.png) (画像出典)irshadqureshi.com).

完璧なロードスピード、良いコンテンツ、強力なリンクマスを持つeコマースサイトはそれほど多くありません。ほぼすべてのサイトが何かを変更し、改善することができます。これらの変更は、検索エンジンのランキングに良い影響を与えることができます。Googleページエクスペリエンスに素早く対応するためのチェックリストを用意しました。

1.読み込み速度をチェックする。テストの結果、サイトの速度が十分でないことが分かったら、問題を解決してください。ニッチな分野で良いポジションを獲得するのを妨げているのは、そのせいかもしれません。

2.オーディエンスの行動を分析する。サードパーティーのサービスを使って、ユーザーがあなたのコンテンツとどのように関わっているかを確認しましょう。特に、クリックとスクロールのマップに注目しましょう。

3.3.競合他社に注目する。主な競合他社がどのように活動しているかをチェックしましょう。サイトのコンテンツや機能を向上させるための興味深いアイデアをピックアップする。

4.4. 付加価値のある要素を導入する。既成概念にとらわれないツールはロイヤリティを高め、優れたエンゲージメントは行動シグナルに好影響を与える。

5.アダプティビティのバグに対応する。スマートフォン、タブレット、PCで正しく表示されるようにする。

  1. HTTPSに切り替える。ほとんどのウェブホスティングプロバイダーは、自動再発行付きの無料証明書 Let's Encryptを注文することができます。基本的なデータ保護にはこれで十分です。

  2. 7.邪魔なブロックを避ける。コンテンツに見せかけた広告を排除し、ネイティブのプッシュ通知に切り替え、ポップアップをできるだけ目立たなくする。

広告には特に注意しましょう。Googleは以前から、コンテンツを読むのを邪魔するブロックにはペナルティを科すと述べています。例えば、Chromeでは、アルゴリズムが邪魔だと判断した場合、ページ上の広告をすべてブロックします。

検索結果で上位を維持するために、リンクビルディング戦略で何を変えるべきか?

検索結果で上位を維持するために、リンクビルディング戦略で何を変えるべきか](images/image5.png) (画像出典)relevance.com)

Googleページエクスペリエンスとコアウェブバイタルを恐れてはいけない。コンテンツと質の高いバックリンクが主要な要因であることに変わりはありません。Googleは長い間「リンクのためのリンク」をペナルティとしてきたため、安全なリンク構築のテクニックに焦点を当てる価値がある。リンク構築は、バックリンクがネイティブに配置され、人々の興味に影響を与える場合にのみ、結果をもたらすでしょう。

何を重視すべきか

  • クラウドマーケティング。実在の人物からのコメントで、興味のあるユーザーを引き付け、検索エンジンのサイトに対する信頼度を高める。
  • ゲスト投稿。アクティブなオーディエンスを持つテーマ別リソースに質の高いコンテンツを提供します。このような投稿は、プロジェクトがニッチで良い視認性を持っていることをGoogleに示します。
  • アウトリーチ。コンテンツ内のリンクは、可能な限り有機的に挿入されます。他のリソースからオーディエンスを引き付け、サイトをデジタルブランドにする。

結論:GoogleページエクスペリエンスがCROに与える影響

結論:GoogleページエクスペリエンスがCROに与える影響](images/image1.png) (画像出典:legmark.com)

ページエクスペリエンスは、ユーザーのサイトとのインタラクションの質や、サイトがユーザーのタスクをどれだけうまく解決してくれるかに影響します。ページ・エクスペリエンスとそのスコアに影響を与える要因を改善することで、サイトの行動指標とクリックスルー率(CTR)の両方を向上させることができます。ページ・エクスペリエンスで影響を与えることができる最も重要な要素には、次のようなものがあります。

  • ユーザーとサイトとのインタラクションの数(クリック、フォームなど)。
  • 長い」セッションの割合(1分以上)。
  • 深い」セッションの割合(2ページ以上閲覧)。
  • 1セッションあたりの平均サイト利用時間。

ページ体験の向上は、Googleの更新されたルールに適応することだけが目的ではありません。ユーザーを大切にし、情報や商業プロジェクトを次のレベルに引き上げることなのです。

人々のためのウェブサイトは常に最先端を走ってきましたが、これからはさらにその恩恵を受けることができるようになるのです。

Ranktrackerを無料でお試しください。