• ビジネスヒント

魅力的なブランドストーリーの作り方

  • Adriana Stein
  • 1 min read
魅力的なブランドストーリーの作り方

イントロ

ブランドは、あなたの会社が持つ最も重要な資産の一つです。顧客があなたの名前を聞いたときに思い浮かべるものであり、ビジネスを成功させることも失敗させることもできます。強力なブランドストーリーは、競合他社に差をつけ、顧客と感情的なレベルでつながることができます。この記事では、ブランディングの重要性と、顧客を惹きつけ、ビジネスを成功に導く魅力的なブランドストーリーを構築する方法について説明します

ブランドストーリーとは?

ブランドストーリーとは、ブランドの起源と目的を説明する物語です。 説得力があり、魅力的であると同時に、そのブランドが何を象徴しているのかをお客様に理解していただくものでなければなりません。ブランド・ストーリーは、ユニークで、記憶に残りやすく、お客様に関連性のあるものでなければなりません。また、企業のコア・バリューやミッション・ステートメントに沿ったものでなければなりません。

ブランド・ストーリーには、いくつかの要素が含まれます。

  • オリジンストーリー。ブランドストーリーは、ブランドがどのように生まれたかの歴史です。ブランドのミッションをお客様に理解していただくと同時に、興味深く、魅力的な内容である必要があります。

  • ブランド・アイデンティティ。ブランド・アイデンティティ:ブランドをユニークなものにし、市場の他のブランドと異なるものにするものです。ウェブサイト、ソーシャルメディア、パッケージなど、すべての接点で一貫している必要があります。

  • カスタマーストーリー。顧客があなたのブランドとどのように関わっているかのストーリーです。親近感があり、あなたのブランドが彼らの生活にどのように役立っているかを示すものでなければなりません。

強いブランド・アイデンティティを作れば、顧客はあなたのブランドを覚えてくれますし、親しみやすく適切なブランド・ストーリーは、顧客が個人的なレベルであなたのブランドとつながるのを助けてくれます。また、ブランドストーリーは、あなたの会社のコア・バリューやミッション・ステートメントと一致するように作成することも重要で、それによって、あなたのブランドストーリーが、あなたが伝えようとしているメッセージ全体と一貫していることを確認できます。

強力なブランドストーリーを持つことのメリット

ブランディングが重要なのは、顧客があなたの会社とその製品やサービスを識別できるようにするためです。お客さまがブランドに親しみを持てば、そのブランドを信頼し、製品やサービスを購入する可能性が高くなります。以下に、強力なブランドストーリーを持つことの利点をいくつか考えてみましょう。

感情的なレベルで顧客とつながる

強力なブランドストーリーを持つことの重要な利点の1つは、感情的なレベルで顧客とつながることができることです。顧客は、あなたのブランドとのつながりを感じることで、より忠誠心を高め、あなたの製品やサービスを購入する可能性が高くなります。

つながりを深めるには、ユーザーの検索意図に沿ったキーワードを戦略的に使用する必要があります。そうすることで、あなたが自分のことをよく知っていて、彼らの質問に答えることができるということを視聴者に伝えることができます。これは、ブランドの権威を高めるだけでなく、より強い感情的なつながりを育むことにもつながります。検索意図に沿いつつ、感情的なレベルで顧客とつながるキーワードを見つけるには、RankTrackerにある素晴らしく使いやすい[キーワードファインダー](https://www.ranktracker.com/keyword-finder/)をご利用ください。

競合との差別化

強力なブランドストーリーは、混雑した市場において重要な、競争相手から際立つことにもつながります。これは、混雑した市場において重要なことです。これにより、市場のより大きなシェアを獲得することができます。もし、あなたが他の企業より際立ったブランドストーリーを作ることができれば、顧客は、競合他社よりもあなたの製品やサービスを選ぶ可能性が高くなります。これは、あなたの会社が他の会社にはないユニークで価値のあるものを提供していることがわかるからです。

顧客との信頼関係を築く

ブランドストーリーのもう一つの効果は、ターゲットとなる顧客との信頼関係を構築することです。ポジティブなイメージと評判を作ることで、企業は消費者に安心してビジネスをすることができます。これは、取引相手の顔を見たり会ったりすることができないオンライン取引では、特に重要です。強いブランドは、潜在的な消費者に自信を与え、製品の購入やサービスの利用を促すことができるのです。

顧客ロイヤリティの強化

顧客ロイヤルティは、あらゆるビジネスにとって最も重要な要素の1つです。顧客との長期的な関係を構築し、マーケティング活動のROIを向上させることができます。また、ロイヤルティの高い顧客は、そのビジネスを他の人に薦める可能性が高く、顧客リーチを拡大することができます。さらに、顧客ロイヤルティは、顧客の行動に関する貴重な洞察を提供し、企業が製品やサービスを改善するのに役立ちます。

企業の認知度向上

強力なブランドを持つことは、競合他社の製品との差別化につながるため、企業の認知度向上に役立ちます。ブランドを想起しやすく、製品を識別しやすいということは、顧客が自社をよく知り、信頼していることを意味します。その結果、顧客は貴社と取引する可能性が高くなり、売上と利益が増加します。

企業の認知度を高める方法のひとつは、ソーシャルメディアを使って多くの人々にメッセージを届けることです。ブランド認知度を高めるもう一つの方法は、報道、レビュー、ゲスト投稿などのアーンドメディアを通じて行う方法です。人気のある出版物やブログで紹介されることで、企業の認知度を高めることができます。これらは、結果ページでのランキングを向上させる[あなたのサイトのバックリンクを増やす](https://www.ranktracker.com/backlink-checker/)ものです。あなたの会社がより認知されればされるほど、バックリンクは自然に増えていくのです。

口コミマーケティングを増やす

人は、自分が情熱を注いでいることについて話すのが好きですが、強力なブランドストーリーを持つ企業も例外ではありません。ターゲットとなるユーザーに響くストーリーを作ることで、より多くの人にあなたのビジネスについて話してもらうことができるのです。この口コミマーケティングは、認知度、リード、売上の向上につながります。

顧客を魅了するブランドストーリーの作り方

ブランドストーリーは、十分に考え抜かれ、慎重に作成されるべきです。ブランドストーリーは、ブランドの価値観や使命を反映したものでなければなりませんし、お客様が感情移入できるようなものでなければなりません。時間をかけて説得力のあるブランドストーリーを作れば、長い目で見れば、顧客に愛される強いブランドを構築することにつながります。ここでは、魅力的なブランド・ストーリーを作るための8つの簡単なステップを紹介します。

ステップ1:ミッションとバリューを明確にする

会社のミッション・ステートメントは、何をするのか、なぜそれをするのかを簡潔に記述する必要があります。これによって、お客さまは、あなたの仕事の背後にある動機をさらに明確にすることができます。バリューは、企業の意思決定と行動の指針となる信念の集合体です。バリューは、企業文化を反映した志の高いものでなければならず、また、会社の誰もが支持できるものでなければなりません。バリューの良い例としては、誠実さ、革新性、顧客志向、チームワークなどがあります。

ステップ2:何があなたのブランドをユニークにしているかを把握する

あなたのブランドは、あなたを他のどの企業とも違うものにしています。それは、あなたを際立たせ、あなたの製品やサービスに顧客を引きつけるものです。あなたのブランドストーリーをユニークなものにするために、オーディエンスに伝える方法がいくつかあります。あなたのブランドの歴史と、それが時間とともにどのように進化してきたかに焦点を当てることができます。また、ブランドを支える人々や、彼らが何を目指しているのかについて話すこともできます。そして最後に、あなたのブランドが象徴する価値観を伝えることができます。

ステップ3:ブランドのストーリーを伝える物語を作る

あなたのストーリーは、会社の歴史、価値観、何を象徴しているのかを詳しく説明し、潜在顧客にとって魅力的で有益なものであるべきです。また、会社が提供する製品やサービス、そしてそれらがどのように競合と異なるのかを紹介することもできます。読み手の興味を引くようなストーリーを語ることは、あなたの会社が提供するものに興味を持ってもらうための鍵になります。もしあなたが【マーケティングにおけるストーリーテリング】(https://asmarketingagency.com/en/blog/importance-of-storytelling-in-marketing/)を使ったことがないのであれば、そろそろ始めてみてはいかがでしょうか。

ステップ4:ストーリーを視覚化するためのストーリーボードを作る

次に、ブランドストーリーの概要をさらに説明するために、ストーリーボードを構築します。主要なメッセージや価値を、興味深く、視覚的に魅力的な方法で描写した一連の画像やスケッチを作成するのです。こうすることで、顧客が理解しやすいブランドストーリーを視覚化することができます。カスタマージャーニーをマップ化し、詳細なユーザーストーリーを作成するビジュアライゼーションを含めます。顧客体験の最初から最後までを見ることで、顧客の心に響く、より強力なブランドを構築できます。

ステップ5:ブランドストーリーのコピーを書く

ブランドストーリーの大まかな内容が決まったら、次はコピーを書き始めましょう。これは、ブログ記事、記事、あるいは短いビデオスクリプトの形にすることができます。重要なのは、あなたのストーリーを興味深く伝える、魅力的なコンテンツを作ることに集中することです。キーメッセージ、コールトゥアクション、そしてお客様がもっと知りたいと思うような強い結びつきを必ず入れてください。

ステップ6:ブランドストーリーを表現するビジュアルを選ぶ

ビジュアルは、人目を引き、ブランドのストーリーを反映したものである必要があります。あなたの会社を世界に発信するのですから、高品質でプロフェッショナルなビジュアルであるべきです。画像を掲載する場合は、関連性があり、テキストに付加価値を与えるものであることを確認してください。動画も同様で、長すぎたり退屈になったりすることなく、興味深く、有益な映像を選びましょう。

ステップ7:一貫性を保つ

あなたのブランドストーリーは、ウェブサイトからソーシャルメディアのアカウントまで、すべてのチャネルで一貫している必要があります。これは、同じ言葉、トーン、メッセージを使うことを意味します。潜在顧客は、どのような場所でも、あなたの会社とそのブランドを簡単に認識できるようにしたいのです。 一貫性を保つことで、ターゲットオーディエンスの心に残る、強力で認知度の高いブランドを構築することができるのです。

ステップ8:ブランドを活性化する

時間をかけてブランドストーリーを書いたら、次はそれをマーケティング戦略に反映させましょう。ブランドを活性化する](https://asmarketingagency.com/en/blog/what-is-brand-activation/)ことで、製品やサービスとの継続的なインタラクションや体験を通じて、顧客とのより強い感情的な結びつきを作ることができます。これは、広告、ウェブサイト、ソーシャルメディアでブランドを強調することを意味します。また、PRキャンペーン、Eメールマーケティング、さらには対面式イベントにも盛り込むことができます。ブランド・ストーリーの活性化には、限界がありません。

ストーリー発信に成功したブランドの例

ブランドストーリーは、ユニークで、記憶に残りやすく、顧客にとって適切であるべきです。以下の企業は、いずれもブランドストーリーをうまく語り、その結果、有名になることができました。

  • アップル
  • コカ・コーラ
  • ナイキ
  • IBM
  • フォード
  • マクドナルド

これらの企業は、そのブランドストーリーのおかげで、世界中の人々がロゴやスローガンで簡単に認識することができます。

説得力のあるブランドストーリーを構築し、ビジネスを成長させる準備はできていますか?

このように、ブランドストーリーをマーケティング戦略に取り入れることには、多くの利点があります。ブランドストーリーは、顧客と深いレベルでつながることができるだけでなく、あなたの会社をより印象的にし、認知度を高めることができます。もし、あなたのブランドを次のレベルに引き上げたいと考えているなら、今日からあなたのストーリーを伝え始めましょう。

強いブランドを構築し、顧客と感情的なレベルでつながる準備ができたら、ASマーケティングにご連絡ください。私たちは、ストーリーテリングのプロセスを支援し、ブランドを活性化し、貴社が競合他社に差をつけるお手伝いをします。

著者について

アドリアナ・スタインは、世界中のB2BおよびB2C企業のための総合的なオンラインマーケティング戦略の作成を専門とするエージェンシー、ASマーケティングの創設者兼CEOである。アドリアナと彼女の多言語・多文化チームは、ネイティブレベルのSEO、LinkedInコンテンツマーケティング、マーケティングオートメーションなど、さまざまな手法を取り入れた戦略開発を専門としている。また、 MozHubspot で SEO コンテンツマーケティングガイドを共有しています。オンラインプレゼンスを次のレベルに引き上げるためのヒントについては、LinkedIn で彼女をフォローしてください。

Start your free 7 days trial with Ranktracker, all-in-one SEO platform
Adriana Stein

Adriana Stein

is the Founder and CEO of AS Marketing, an agency that specializes in creating holistic online marketing strategies for B2B and B2C companies worldwide. Adriana and her multilingual and multicultural team specialize in developing strategies that incorporate various techniques like native-speaker level SEO, LinkedIn content marketing, and marketing automation. She has also shared SEO content marketing guides on Moz and Hubspot. Follow her on LinkedIn for more tips on how to take your online presence to the next level.

Link: AS Marketing

Ranktrackerを無料でお試しください。