• SEOを学ぶ

ハイパーパーソナライゼーションで売上を上げる方法

  • Eileen Chan
  • 1 min read
ハイパーパーソナライゼーションで売上を上げる方法

イントロ

人は特別な存在であると感じたいものです。世界中のマーケッターやセールスの専門家は、このことを長い間知っており、この現象を利用したマーケティングやセールスのテクニックを作り上げてきたのです。パーソナライゼーションやハイパー・パーソナライゼーションもその一つである。

今、アップルの公式サイトに行って、例えばiPadを購入しようとすると、レジに着くやいなや、製品を無料でカスタマイズして、パーソナライズされたメッセージを追加することができます。この機会を利用して、あなただけのオリジナルiPadを手に入れることができるかどうか、ちょっと考えてみてください。統計的に言えば、あなたがそれを目指す確率は高いでしょう。

顧客はパーソナライズされた体験を求めます。実際、Startup Bonsaiの最近の調査によると、80%の消費者が、オーダーメイドの体験を提供する企業から購入する可能性が高いということです。だからこそ、パーソナライゼーションとハイパーパーソナライゼーションは、どんなビジネスにも必ず必要なツールになっているのです。

パーソナライゼーションを分解する

パーソナライゼーション、またはパーソナライズドマーケティングは、顧客の個々の特性、ニーズ、欲求に焦点を当てたオファーを作成し、マーケティングする戦略です。つまり、本質的には、特定の個人に販売されるものはパーソナライズされているのです。この戦略は、標準的なクッキーカッターや画一的なアプローチから逸脱し、その代わりに、顧客を理解し、その人に合った体験を提供することを目的としています。

パーソナライゼーションは、電子メールに顧客の名前を使うという基本的なものから、ウェブサイト全体を顧客のニーズや好みに合わせてカスタマイズすることまで、さまざまな方法があります。今や私たちは、自分の名前入りのメールを受け取ることに慣れてしまい、かつては一般的だった "Hi there "のような挨拶文のメールを受け取ることが奇妙に思えるほどです。

カスタマーサポートもまた、パーソナライゼーションが広く活用されるようになった分野のひとつです。より【顧客にパーソナライズされた体験】(https://www.cloudtalk.io/blog/8-ways-to-provide-better-more-personalized-customer-service/)を提供することで、長期的な関係を築き、忠実な顧客になってもらうことができます。

マーケティング手法としてのパーソナライゼーションは進化し、現在ではハイパー・パーソナライゼーションと呼ばれるものが増えています。これは、パーソナライゼーションの取り組みをさらに一歩進め、顧客について学習し、その情報をマーケティング活動に統合することを目的としています。

パーソナライゼーションやハイパー・パーソナライゼーションは、もはやオプションではありません。顧客はそれを期待しているので、企業が売上を伸ばすためには必須であり、もしまだその列車に乗っていないのであれば、大きな損失を被っていることになります。

ハイパーパーソナライゼーションは、どのような場面で、どのように売上を伸ばすことができるのでしょうか。

ハイパーパーソナライゼーションの活用

ハイパーパーソナライゼーションを利用するためには、データが必要です。この戦術は、顧客の名前、居住地、勤務先、購買習慣、製品に関する知識レベルなど、顧客についてどれだけ知っているかに完全に依存しています。あなたの仕事は、彼らの行動によって、彼らの希望や願いまで推測し、予測し、それを提供することなのです。そのために必要なのが、データです。

ハイパー・パーソナライゼーションのための顧客データ](https://hiredigital.com/blog/personalized-marketing-examples)をどのように収集するかは、別の記事に譲るとして、簡単に言うと、顧客データの入手方法は次の通りです。

  • 顧客に尋ねる(例:ランディングページのフォームに記入する)。
  • 彼らのウェブサイトの行動を追跡する。
  • サードパーティデータを購入する。

超パーソナライゼーションの目的には、顧客から直接収集したデータと追跡したデータが最適で、最も正確なデータです。

ハイパーパーソナライズの対象は?主に2つのことです。 1.コンテンツ 2.カスタマージャーニー

リードの生成、ブランド認知度の向上、Webサイトへのトラフィックの誘導は、どれも難しいものです。デジタルPR戦略」(https://hiredigital.com/blog/guide-to-set-up-a-digital-pr-strategy-team)や「運」によって成功した場合、その結果を持続させるために、パーソナライズされたカスタマージャーニーをデザインすることが重要です。

ハイパーパーソナライゼーションの基礎となるのは?

  • ロケーション
  • 人口統計学的および企業統計学的属性
  • 業界に関する知識
  • 製品に関する知識(製品/サービスに関する以前のやりとり、すなわち、以前の購入、問い合わせ、顧客になってからの期間、など)

データがあったとして、それをどこでどのようにハイパー・パーソナライゼーションに利用できるのでしょうか?

メールマーケティング

ハイパーパーソナライゼーションを実現するのに最適なチャネルの1つがEメールです。まずは、あいまいで普遍的な挨拶ではなく、名前を使うことから始めましょう。その他、より効果的な方法をいくつかご紹介します。

  • 顧客の行動分析に基づいて、適切で価値のあるオファーやリマインダーを送信する。例えば、水着のコレクションを見ているお客様には、サングラスやサンダルの割引情報をメールで送ると効果的です。また、定期的な支払いに関するお知らせや、使用後に交換が必要な製品に関するお知らせも効果的です。例えば、掃除機を購入したお客様には、1年後にフィルターの交換を促すメールを送ります。

  • 製品の知識や経験のレベルに基づいて、顧客を区別する。 例えば、SaaSの会社で、新規に登録したユーザーと、何年も使っているユーザーがいる場合、それらを分けて、それぞれのニーズに対応したメールを送るのです。つまり、SaaSオンボーディングメールのメッセージングを調整するのです。例えば、古くからのユーザーは製品のアップデートに興味があるかもしれませんし、新しいユーザーは製品の使い方に関するビデオガイドを受け取ることを望むかもしれません。また、製品をよりよく知ってもらうために、製品のデモをいつでも提供することができます。

超パーソナライズされたマーケティングとセールスのための最も有名なツールは、おそらく市場で最大のCRMであるハブスポットでしょう。ハブスポットにはあらかじめ定義されたトリガーが豊富にあり、特定のイベントが発生したときにメールを送信することができます。フォームの送信、特定のウェブサイトページへの訪問、製品のダッシュボードでの操作、コンタクトプロパティ、送信したメールとのインタラクション、さらには広告も含まれます。ハブスポットにはスコアリングシステムもあり、ユーザーのアクティビティに応じてポイントが付与されます。到達したスコアに応じて異なるメールを送信することもできますが、さらに重要なのは、ユーザーが一定のレベルに達するたびに、営業チームにリダイレクトして、よりパーソナライズされたアプローチを行うことができる点です。専門の営業チームを持つことは、スタートアップのような小さな会社にとっては難しいことですが、多くの場合、スタートアップローンのような追加資金を探して投資してみる価値はあると思います。

Reforge Growth Seriesによると、SaaS企業がメールマーケティングや通知で犯す最大の間違いは、時間のトリガー(例:サインアップの2日後)に基づいてのみメールを送信することだそうです。その代わりにすべきことは、彼らの活動に基づいて連絡し、彼らが何をしたかによって対応するメールを送信することです。

プッシュ通知

ハイパーパーソナライゼーションを100%活用すべき次のマーケティングチャネルは、プッシュ通知です。調査によると、プッシュ通知の開封率は、絵文字の使用で20%、業界別の送信時間で40%、リッチフォーマットで25%、パーソナライズで4倍、高度なターゲティングで3倍改善できると言われています。

基本的に、プッシュ通知をパーソナライズするだけで、開封率を4倍にするチャンスがあるのです。ここでいうパーソナライズとは、顧客の過去の経験に直接由来する情報を表示し、顧客のニーズに応えることです。

現在、プッシュ通知で業界をリードするツールはOpenesignalですが、この分野にはまだ多くのオープンスペースと競合が存在します。

検索広告

ハイパーパーソナライズの次は、Google Adsの検索広告です。このツールは、ダイナミックキーワード挿入を提供し、基本的にあなたの潜在的な顧客が検索したキーワードに基づいて、広告の内容を変更することができます。

例えば、「靴を買う」と書くと、Google Adsは、あなたの広告グループから検索された類似のキーワードでそれを置き換えることを試みます。人々は、Buy Sneakers、Boots、Footwearなどのタイトルを目にすることになります。Googleがキーワードを動的に編集できない場合、代わりにShoesを使用します。

動的なキーワード挿入の利点は、よりパーソナライズされた、ユーザーが探している特定のテキストを含む広告を作成することができることです。これらのキーワードをメタタイトルとメタデスクリプションに追加することで、広告のクリック率を大幅に向上させることができます。

良い検索広告キャンペーンを実行することは簡単な作業ではありませんし、その大部分は、設定ではなく、正しいキーワードの選択に起因します。私はあなたがそのためにキーワードファインダーツールを使用することをお勧めします。発見したキーワードはSEOにも大きく役立ちますが、それはまた別の話です。

ウェブサイトコンテンツのパーソナライズ

最後に、カスタムウェブサイトのページとおすすめコンテンツを紹介します。これがどのように機能するのか不思議に思うのであれば、Amazonを見てみてください。最近の検索結果や購入商品に応じて、Amazonのホームページが変化します。

ウェブサイトのコンテンツ・パーソナライゼーションは、eコマース・ウェブサイトのためだけのものだという誤解が広まっています。しかし、このようなニッチな分野では、パーソナライゼーションは非常に有効ですが、それだけにとどまりません。ニュースレターから非営利団体まで、どのような企業でも、訪問者の関心を引くためにこれを利用することができます。

ウェブサイトコンテンツのパーソナライゼーションは、高い投資対効果をもたらしますが、それにはかなりの人的・技術的リソースが必要です。データを収集し、ウェブサイトコンテンツのパーソナライゼーションを実験・維持する担当者(通常はプロダクトマネージャー、場合によってはコンバージョン率最適化のスペシャリスト)をチームに配置する必要があります。

また、新規登録ユーザーのオンボーディング・エクスペリエンスをパーソナライズすることも可能です。この場合、最大の要因は業界知識であり、多くのSaaS製品が以前に同様の製品を使用したことがあるかどうかを尋ねるのを目にするのは、まさにこのためです。この情報を知ることで、企業はツールの全機能を教えるべきか、それとも単にダッシュボードにリダイレクトして自分で探せるようにすべきか、判断することができるのです。

結論

マーケティングのトレンドは、特にInstagramとTikTokの領域で行ったり来たりしていますが、時の試練に耐えている特定のテクニックが存在します。パーソナライゼーションとハイパーパーソナライゼーションは、そのうちの一つであることが証明されています。顧客からすると、質問をする前から製品・サービスの形で答えが返ってくるのは嬉しいことです。そこで、ハイパーパーソナライゼーションを強化し、顧客とより密接な関係を築きましょう。

Ranktrackerを無料でお試しください。