• SEOを学ぶ

ウェブプッシュ通知がSEOに与える影響

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
ウェブプッシュ通知がSEOに与える影響

!【Webプッシュ通知がSEOに与える影響】(intro.png)

ウェブプッシュ通知がSEOに与える好影響を最大化する方法

SEO(検索エンジン最適化)の専門家は、Webページを検索エンジンの上位に表示させるために尽力する必要があります。そして、正しいSEO戦略を構築し、WebサイトのSEO指標を向上させるマーケティングチャネルを選択することが重要です。ここでは、プッシュ通知がSEOに与える影響と、Webプッシュ通知がSEOに与える影響を最大化する方法について検討します。

ウェブプッシュ通知の基本

戦術を最大限に活用するためには、プッシュ通知の仕組みを知っておく必要があります。そこでまず、最初から最後までのプロセスを確認します。

  • 設置. Webサイトにプッシュ通知を導入する最も簡単な方法は、プッシュ通知サービスを利用することです。サービスのWordPressプラグインや各種CMSのインテグレーションを利用することができます。または、サービスによって生成されたコードを手動であなたのウェブサイトに追加します。ウェブプッシュの実装は簡単で、通常15分ほどで完了します。
  • オプトイン. あなたのウェブサイトにプッシュ通知を追加した後、あなたの訪問者は、許可要求が表示されます。彼らは、2回のクリックで通知を送信することを許可するか、または要求を拒否することができます。これにより、コンテンツに興味を持つユーザーをいち早く集めることができます。 Webプッシュ通知の基本 - オプトイン](image1.png) (出典gravitec.net)。 購読者の興味に合わせるために、セグメンテーション機能を使い、購読者の行動、デバイス、ブラウザ、国などに基づいてグループ化することがベストプラクティスです。 モバイルとデスクトップブラウザWebプッシュ通知は、最も人気のあるブラウザ内のモバイルおよびデスクトップデバイスに届きます。受信者のブラウザがアクティブなときにポップアップ表示されます。
  • オプトアウト. 購読者は、プッシュ通知の設定またはブラウザの設定から、いつでもプッシュ通知からオプトアウトすることができます。

Webプッシュ通知は、Webサイトの利用者とコミュニケーションをとるための強力なツールであり、何よりSEOの向上に役立つということです。

SEOに最も重要なメトリクスは何か

ウェブサイトを検索エンジンに表示させ、SEOを向上させるためには、たくさんの戦術が効果的です。その中でも、オンサイトSEOの中心である記事中の【キーワードの使用】(/keyword-finder/)や、オフサイトSEOの中心であるバックリンクの獲得は、重要な戦術です。また、【Googleがモバイルファーストインデックスに移行】(https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-first-indexing)しているため、モバイル端末に最適化する必要があります。TOP SEOランキングファクター】(/blog/the-top-seo-ranking-factors/)を確認してみてください。しかし、オーガニックトラフィックを獲得し始めたら、これも重要なSEO指標の1つであるため、ユーザーの行動に注目する必要があります。 Googleアナリティクスで確認できる4つの行動指標を確認します。

  • ページビュー
  • サイト滞在時間
  • 直帰率
  • 再訪問者数

これらの指標は、インターネットユーザーに対してウェブサイトの信頼性を示し、その結果、検索エンジンにウェブサイトのランク付けを行うよう合図を送ります。そこで、これらの指標をより詳しく調べ、Webプッシュ通知とSEOの関連性を探っていきます。

ウェブプッシュ通知がSEOに与える影響とは

Webプッシュ通知は、Googleが【Chromeに対応している】(https://blog.chromium.org/2015/10/streamlining-notifications-on-desktop.html)ことから、便利でユーザーフレンドリーなツールであると考えられています。しかし、Chromeでは、プッシュ通知を悪用する悪質なWebサイトからユーザーを守るために【クワイエットパーミッションUI】(https://blog.chromium.org/2020/01/introducing-quieter-permission-ui-for.html)が用意されています。

!!【Webプッシュ通知がSEOに与える影響とは】(image2.png) (出典blog.chromium.org)。

そのため、通知を禁止されないためには、訪問者への許可プロンプトを遅らせるなど、Googleの勧告に従った方がよいでしょう。

メトリクスの前に、プッシュ通知は新しいウェブページをより速くインデックスするのに役立つと言うことです。新しいコンテンツを公開したら、自動的にWebプッシュ通知を購読者に送信し、すぐに訪問を得ることができます。これは、RSSからPushへの自動化-Pushサービスの一般的な機能-で行うことができます。

では、メトリクスをさらに深く掘り下げ、ウェブプッシュがどのようにそれらの改善に役立つかを見ていきましょう。

ページビュー

ページビューは、ユーザーが特定のページに何回アクセスしたかを示します。これにより、どのページが最も人気があるのかを知ることができます。ページビューは、セッションあたりのページ数やページ滞在時間と並んで、エンゲージメントの指標となるものです。検索エンジンに、あなたのコンテンツがインターネットユーザーにとって有益であるかどうかを知らせます。

プッシュ通知がページビューに与える影響

Webプッシュは、ページビューの増加に貢献します。通知を送信するたびに、プッシュ通知サービスのクリック数の統計が表示され、それがGoogle Analyticsでキャンペーンのユーザー数やページビュー数として反映されます。プッシュ通知の平均クリック率は、標準的なキャンペーンで最大5%、ターゲットやトランザクションの通知で最大30%です。つまり、10,000人の購読者にキャンペーンを送った場合、そのうちおよそ500人がウェブページを訪れることになります。プッシュ通知で月間30万人を集客したメディアサイト】(https://gravitec.net/blog/how-gravitec-net-helped-prensa-libre-to-drive-300-000-additional-visitors-per-month/)の事例をチェックする。

直帰率

直帰率とは、1つのページを見ただけで、どれだけの人があなたのWebサイトを離れていったかを示すものです。検索結果上位3位までのWebサイトの平均直帰率はおよそ49%です。そのため、上位表示を狙うのであれば、Webサイトでのナビゲーションを容易にし、適切で魅力的なコンテンツを作成する必要があります。

プッシュ通知が直帰率に与える影響

プッシュ通知の購読者は、あなたの忠実なウェブサイトのユーザーです。そうでなければ、彼らはあなたの通知から退会するでしょう。そのため、彼らはあなたのウェブサイトをよく知っており、彼らの関心が直帰率にプラスの影響を与える可能性があります。ここでは、プッシュ通知によって直帰率を12%減少させたKoovsオンラインストア(https://cdn2.hubspot.net/hubfs/2258439/Koovs_Case_Study_iZooto.pdf?t=1479708919991)のケーススタディについて説明します。

サイト滞在時間

サイト滞在時間とは、ユーザーがWebサイトを開いた後、どれくらいの時間そのサイトに滞在しているかを示すものです。ユーザーがWebサイトに滞在する時間が長ければ長いほど、順位が上がります。検索エンジンにとっては、ユーザーが探しているものを見つけたかどうかを示します。サイト滞在時間を向上させるには、コンテンツに関連するキーワードを追加することです。

プッシュ通知がサイト滞在時間に与える影響

[The Oncrawl】(https://www.oncrawl.com/oncrawl-seo-thoughts/impact-web-push-notifications-on-seo/)の調査によると、プッシュ通知のサイト滞在時間は、ソーシャルメディアの3倍も高いことが分かっています。ウェブプッシュのタイトルと説明文がページのコンテンツと簡潔で、購読者をセグメント化することで適切なオーディエンスにプッシュキャンペーンを狙えば、プッシュ購読者は平均的なビジターよりも長い時間サイトを利用する可能性が高くなります。

リピーター

ウェブサイトのオーナーは、新規訪問者の獲得に苦労しています。しかし、リピーターは、コンバージョンを増加させる潜在顧客です。検索エンジンにとって、リピーターはサイトの信頼性を示し、ユーザーにとって価値のあるサイトであることを示す指標となります。

プッシュ通知によるリピーターへの影響

プッシュ通知で最も重要な指標は、リピーターとリピート訪問でしょう。それらは【再訪問率を高める】(https://gravitec.net/blog/get-returning-visitors-to-website/)。ブログやニュースサイトにとって、プッシュ通知は通常、リピートトラフィックの主要なソースとなります。このように、ウェブプッシュは、メディアウェブサイトの読者数の向上と広告収入の増加に貢献します。同時に、ウェブプッシュは検索エンジンの目にも留まりやすく、ウェブプッシュが最も効果を発揮するのはリピーターだからです。

SEOを向上させるプッシュ通知のベストプラクティス

  • 自動通知を使用して、購読者に新しい投稿をすぐに知らせましょう。こうすることで、読者に速報を届けることができ、より良いインデックスを作成し、検索エンジンに素早く取り込むことができるようになるのです。

  • また、サイト訪問者がすぐに購読できるよう、許可プロンプトをカスタマイズし、遅延時間を設定することで、スムーズなユーザーエクスペリエンスを実現します。

  • ウェブプッシュ通知のコンテンツは、購読者をターゲットとするページのコンテンツとインラインになるようにします。そうでなければ、良いどころか、SEOを害することになります。例えば、セールを宣伝しておきながら、購読者を通常価格の商品ページに誘導してしまうと、バウンスしてしまうことになります。

  • 購読者のニーズに合わせてセグメンテーションを使用する。購読者が訪問したページに基づいて購読者グループを作成することができます。こうすれば、ウェブサイトのどのカテゴリが特定の購読者グループに最も関連しているかを知ることができます。さらに、場所、デバイス、ブラウザーによるフィルターを使用して、コンテンツのターゲットを絞り込むことができます。コンテンツが適切なオーディエンスに送られれば、ページの滞在時間が長くなり、直帰率が下がることにつながります。

  • 通知を送信する最適な頻度を選択します。迷惑にならない程度と、恥ずかしすぎる程度のバランスを保ちましょう。そうすることで、エンゲージメントとCTRが向上し、ページビューが増え、リピーターが増えます。

  • Webプッシュ通知を送信するタイミングを適切に設定することで、購読者がコンテンツを探索しやすく、迷惑にならないタイミングで配信することができます。

SEOのためにプッシュ通知を使用することの欠点はありますか?

プッシュ通知サービスの中には、WordPressのプラグインやスクリプトと同様に、ウェブサイトの速度をわずかに低下させるものがあるかもしれません。しかし、その影響は軽微です。

そのため、Webプッシュ通知は、SEOやWebサイトのパフォーマンスに悪影響を与えることはありません。ただし、購読者の利便性を考慮し、優れたユーザーエクスペリエンスを実現するために、購読者の利益を考慮する必要があります。そうすれば、ウェブプッシュは、検索エンジンのランキング決定に影響を与えるエンゲージメント指標を向上させることができます。

まとめ

適切に使用すれば、プッシュ通知はウェブサイトの訪問者を再エンゲージメントし、SEOを改善するのに役立つツールです。

まとめとして、SEOの指標とそれを改善するためのプッシュ通知の実践を紹介します。

1.プッシュ通知の自動化を利用することで、Webページを公開と同時にインデックスすることができます。 2.プッシュ通知でページビューが増加する。すべての購読者に送信される標準的なキャンペーンでは、WebプッシュのCTRは平均5%までです。 3.3.購読者の興味に関連したコンテンツをウェブプッシュすれば、重要度によるランキング要因の2位であるサイト滞在時間が増加します。 4.4.忠実な視聴者にウェブプッシュ通知を送信することで、ウェブサイトの直帰率を減少させることができます。 5.5.プッシュ通知で確実にできるリピーターの増加は、検索エンジンの目から見て、あなたのウェブサイトをより信頼性の高いものにします。

Webプッシュキャンペーンから最高の結果を得るには、購読者のセグメント化、通知を送信する適切な時間と頻度の設定、および許可プロンプトのカスタマイズなどのベストプラクティスを適用してください。

Ranktrackerを無料でお試しください。