• SEOを学ぶ

ビジュアルサーチのための画像最適化方法

  • Adela Belin
  • 1 min read
ビジュアルサーチのための画像最適化方法

イントロ

画像の最適化にはどの程度気を配っていますか?

従来のSEO対策では、キーワードやウェブサイトのランキングに重点が置かれ、画像が質の高いオーガニックトラフィックを生み出す大きな原動力となることを忘れがちでした。

特にEコマースや小売業にとって、Googleでの画像検索結果は検索クエリの29%を占め、ショッピングキーワードのSERPの主要なフィーチャーに表示されることが多くあります。

ViSenzeの調査によると、ミレニアル世代とGenz Z世代の消費者の62%が、購入する商品をモバイルで確認するために、より優れたビジュアル検索機能を求めています。

GoogleでもAmazonでもInstagramでも、検索はビジュアルになりつつあり、SEOやブランドは適応することを学ぶ時期に来ているのです。

この記事では、ビジュアル検索とは何か、そしてビジュアル検索でより上位にランクインするために画像を最適化する方法についてご紹介します。

ビジュアルサーチとは?

ビジュアル検索とは、テキストではなく、写真を撮ったり、画像をアップロードして検索することです。

これは、人工技術を使って画像をスキャンし、内容や文脈を理解することで、ユーザーが探しているであろう関連写真やサイトを提供するというものです。

例えば、あるユーザーが特定のデザインのハンドバッグを探しているとします。Googleで「レザースリングバッグ」や「クロスボディバッグ」などのキーワードを入力しても、探しているものを見つけることができないかもしれません。

What is visual search? (画像出典)

Google Lensのビジュアル検索で、数秒あれば完全に一致するデザインや類似のデザインを見つけることができるようになったのです。

*注:ビジュアルサーチと、ユーザーがキーワードを入力して画像検索を行うイメージサーチを混同しないでください。

ビジュアル検索のランキングはどのように機能するのですか?

Googleレンズの仕組みを知らずして、ビジュアル検索に画像を最適化することはできません。

写真をアップロードすると、Lensは写真の核となるオブジェクトを識別し、ウェブ上のインデックス化された画像と比較し、その類似性と関連性に基づいてそれらの画像をランク付けします。

同一の画像を比較する場合、アルゴリズムもGoogle検索と同様にいくつかのランキング要因の影響を受けます。

65,388のLensの結果を分析したBacklinkoの研究によると、5つの潜在的なランキング要因があることが判明しています。

  • オルトテキスト
  • タイトルタグ
  • URL
  • ドメインオーソリティ
  • レスポンシブデザイン

ビジュアルサーチのための9つのSEOベストプラクティス

これらのランキング要因に基づき、画像を最適化するためのSEOベストプラクティスをご紹介します。

1.構造化データを利用する

構造化データは、Webサイトの情報をマークアップするための標準的なフォーマットです。これにより、検索エンジンがあなたのWeb要素の内容をより理解しやすくなります。

マークアップを使用することで、Googleは商品画像をリッチリザルトとして表示し、在庫状況、価格、レビュー評価などを表示し、潜在的な購買者をより惹きつけることができます。

また、以下のようにLensの画像結果にも表示されるようになります。

Use structured data (画像出典)

Google Search Centralは、構造化データの追加に関する完全なガイドを用意しており、ウェブサイト所有者にはJSON-LDの使用を推奨しています。

2.キーワードやスタイルトレンドの調査

Googleは画像のデータとページ上の周辺コンテンツからその画像に関する情報を抽出するため、キーワード調査は画像SEOの必須要素であることに変わりはありません。

だからこそ、人々が製品を見つけるために使っている正確な検索語を知ることは、画像やコンテンツのキーワード戦略を洗練させるのに役立つのです。

目安として、画像のテキスト説明には、「通気性の良いメッシュTシャツ」など、**商品を特定するキーワード**を使用します。

  • オルトテキスト
  • タイトルタグ
  • ページURL
  • ページ内容
  • キャプション

さらに、ファイル名にも同じことをします。img502.jpegのようなデフォルトのファイル名ではなく、説明を使用してファイル名を変更します。

しかし、標準的なSEO対策と同様に、キーワードの詰め込みは、マイナスのユーザー体験を生み出し、あなたのサイトがスパムとみなされる可能性があるため、避けてください。

3.理想的な画像サイズとファイル形式をアップロードする

画像ファイルの種類とサイズは、Webページの読み込み時間とユーザーエクスペリエンスに影響を与えるため、その他の重要な要素です。

大きな画像はページの表示速度を低下させ、低品質の画像はユーザーの意欲をそぐ可能性があります。 そのため、画質とサイズの適切なバランスを見つけることが大切です。

Google画像は、BMP、GIF、JPEG、PNG、WebP、SVGなど、多くのフォーマットをサポートしています。それぞれのファイル形式には、長所と短所があります。

例えば、JPEGは圧縮率が良いため、これらのファイルタイプの中で広く使われていますが、PNGのように透明な背景をサポートするものではありません。

Webサイトでは、用途に応じてさまざまな種類の画像が必要になりますが、重要なのは、ファイルサイズを100kb以下に抑えることです。

どうしてもファイルサイズが大きくなってしまう場合は、JPEG 2000やJPEG XR、WebPなど、より高速に読み込める次世代フォーマットで圧縮するのも有効です。

その他、画像を読み込むと徐々に表示されるプログレッシブJPGとして保存することも可能です。

Upload ideal image size and file types (画像出典)

一方、ディメンションのベストプラクティスは、ウェブサイトにアクセスするために使用されるデバイスに合わせて画像をレスポンシブ化することです。

5.画像のオリジナリティと著作権

自分で撮った写真であれ、チームがデザインした写真であれ、常に自分の画像を **使用する方が良いのです。**

ストックフォトは多くのウェブソースで使用されているため、ユニークで高品質な画像と同じSEO効果を提供することはできません。

6.複数の高画質画像をアップロードする

見込み客の注意を引くには、品質が重要です。そのため、携帯電話のカメラで商品写真を撮影することは避けてください。

その代わり、高品質のカメラに投資して、さまざまな角度や背景から商品アイテムを高解像度で撮影してください。

製品の写真を複数枚アップロードすることで、どの角度から見ても検索者が製品を見つける可能性が高くなります。

Webサイトに掲載する写真は、製品の裏側から撮影したものでも、視聴者をまずビジネスに導くことができます。

7.画像の乱雑さを取り除く

自動物体検出は、製品が画像の焦点となる場合に最も効果的に機能します。

ユーザーを魅了するために、製品のパワフルでエモーショナルなイメージを作りたいかもしれませんが、製品の写真は必ず白背景で掲載するようにしてください。

これは、フレームから雑多なものを排除し、機械が背景にあるターゲットオブジェクトをよりよく認識し、無関係なターゲットをフィルタリングするのに役立ちます。

8.画像サイトマップを用意する

画像サイトマップは、Googleに画像を発見され、インデックスされるのに役立ちます。また、Javascriptで画像を読み込む場合は必須です。

さらに重要なのは、タイトル、被写体、キャプション、撮影地など、画像に関するより詳細な情報を提供できることです。

9.モバイルフレンドリーなウェブサイトを持つ

ビジュアルサーチは、ユーザーがスマートフォンで画像を撮影することから始まることが多いので、その結果がモバイルフレンドリーなウェブサイトにつながることは理にかなっています。

このため、Webサイトはあらゆる種類のモバイル端末で美しく表示される必要があります。

Googleのモバイルフレンドリーテストツールを使って、ページがどれだけアクセスしやすいかを確認し、改善することができます。

結論

ビジュアルサーチは、サーチジャーニーを短縮し、かつ延長することを考えると、最終的には、ユーザーの検索行動を変える方向にあると言えるでしょう。

人々は、画像からわずか数クリックで購入に至ることができます。つまり、発見されるために画像を最適化することは、文字通り重要なことなのです。

トラフィックと売上を獲得するチャンスを逃したくないなら、Lensでの画像ランキングを向上させるために、これらのベストプラクティスを採用し始めましょう。

Ranktrackerを無料でお試しください。