• 技術紹介

私のスマートフォンは安全ですか?モバイルのセキュリティを強化する10のヒント

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
私のスマートフォンは安全ですか?モバイルのセキュリティを強化する10のヒント

イントロ

インターネット利用の6割がスマートフォンで閲覧されるなど、スマートフォンは現代人の生活に欠かせないものとなっています。

それゆえ、モバイル端末で毎日を過ごす人にとって、モバイルセキュリティは必要不可欠なものとなっています。携帯電話がハッキングされているかどうかを知る方法は、今や必要なスキルとなっています。

幸い、スマートフォンの不正使用を防ぐための、簡単で効果的な方法があります。本題に入り、モバイル端末のセキュリティを維持するための10のヒントを紹介しましょう。

スマートフォンのセキュリティを確保するための10のヒント

#1.公共のWi-Fiで注意すること

公衆無線LANは、ハッカーにとって格好の狩場となり、危険な存在となりがちです。パスワードなしの接続は、一般的に暗号化されていないため、接続者の基本的な保護ができません。

公衆回線への脅威としてよく知られているのが、中間者(man-in-the-middle)攻撃です。ハッカーは、公衆ネットワークと同じように見えるように設定した、自分用の偽のWi-Fiを作成します。接続されると、ハッカーはログイン情報、支払いデータなどを収集するために待機します。

仮想プライベートネットワークとは?VPN(仮想プライベートネットワーク)を利用すれば、偽のネットワークに接続しても、ブラウジングは完全に偽装された状態で行われます。VPNは、接続に関係なく、あなたのデータを暗号化します。

#2.公共の充電ポートを避ける

残念ながら、公共空間における脅威は、安全でないWiFi接続にとどまりません。ハッカーは、カフェ、空港、図書館などの共有充電ポートを侵害することもできます。この方法は、俗に「ジュースジャッキング」と呼ばれています。

スマートフォンのポートは、デバイスを充電すると同時に、データの転送も行います。公共の充電ポートが改ざんされた場合、ハッカーがあなたのスマートフォンとその中のすべてのデータに完全にアクセスできるようになる可能性があります。

最も良いのは、これらを完全に避けることです。標準的な電源ソケットを探し、自分の壁の充電器を使用することを選択します。

#3.内蔵スクリーンロックの実装

すべてのスマートフォンにスクリーンロックが搭載されていますが、28%のユーザーがスクリーンロックを使用していないと回答しています。サイバー脅威は大きな懸念材料ですが、物理的な盗難は常に存在しています。泥棒は、あなたのスマートフォンを盗むだけで、あらゆるものにアクセスできるようになります。

スクリーンロックには、以下のような形態があります。

  • PINコード
  • パスワード
  • パターンロック。

これには、顔認識や指紋スキャナーなどの生体認証も含まれません。これらは、携帯電話泥棒から個人を守るために、さらなるレイヤーを追加することができます。

alt_text (出典:200degrees)

#4.リモートトラッキング機能を有効化する

前述したように、スマートフォンに対する脅威はネット上だけにあるわけではありません。もし物理的な盗難が発生した場合、スクリーンロックで泥棒が入らないとは限りません。このような場合、遠隔地からの電話追跡機能があなたの強い味方になります。

携帯電話の設定で「iPhoneを探す」(Appleユーザー)、または「デバイスを探す」(Androidユーザー)を有効にしてください。これにより、デバイスの所在を追跡できるだけでなく、リモートでデータを消去し、個人情報を削除することができます。

#5.定期的にデータのバックアップを取る

あらゆる予防策を講じても、大切なデータを失う可能性は常にあります。最悪の事態を想定し、デバイスに保存している情報の包括的なバックアップを作成することが不可欠です。

携帯電話がハッキングされると、同封されているほぼすべてのデータが破損し、使用できなくなります。新しいデバイスでゼロから始めるよりも、安全なデータのバックアップは、労力と時間の節約になります。

#6.パスワードのセキュリティをアップグレードする

パスワードの再利用は、セキュリティ上の大きな脅威です。あるレポートによると、2つ以上のパスワードが漏えいした1億600万人のユーザーのうち、60%が自分のアカウントでパスワードを再利用していました。

アカウントごとに異なるパスワードを覚えなければならないのか、とお考えでしょう。答えは「覚えてはいけない」です。その代わりに、パスワードマネージャーを使いましょう。

このソフトウェアは、あなたのためにログインデータを記憶し、安全に保護します。また、パスワードの生成機能を備えているものもあり、自分でパスワードを考える必要がありません。

#7.OSやアプリを常にアップデートする

多くのアップデートの背景にある中心的な動機は、セキュリティホールのパッチ適用です。時間が経つにつれて、古いソフトウェアへのバックドアはハッカーによく知られるようになります。アップデートを避けることで、サイバー犯罪の被害者になる可能性があります。

これは、オペレーティングシステム(OS)とアプリケーションの両方に等しく当てはまります。幸いなことに、修正方法はシンプルで、簡単に適用することができます。OSとアプリを常にアップデートし、最新のセキュリティアップグレードを活用するだけです。

#8.アプリは公式アプリストアからしかダウンロードしない

しかし、非公式のアプリストアからアプリをダウンロードするのは危険です。悪質なアプリは、面白いゲームやすでに有名なゲームを装って、あなたの携帯電話を感染させることを目的としています。

AppleのApp StoreやGoogle Play Storeなどの公式アプリストアにこだわってください。これらのマーケットプレイスでは、ソフトウェアがウイルスに感染していないか自動的にスキャンされます。Androidをお使いの方は、ブラウザで提供元不明のアプリのダウンロードが許可されていないことを確認してください。これは、お使いの携帯電話の "セキュリティ "設定を介して行うことができます。

#9.アプリのパーミッションの監査

多くのアプリ開発者は、あなたのデータを複数のサードパーティ、ときには第4のパーティと公然と共有しています。最悪なのは、私たちが彼らにそれを許可していることです。サードパーティが危険にさらされると、あなたのデータも危険にさらされます。

アプリのアクセス権を監査することは、携帯電話でアクセス可能なデータを把握するための優れた方法です。これらは、お使いの携帯電話の "アプリ "の設定で簡単に見つけることができます。あなたが不要と思われる権限を取り消す。

#10.携帯電話を「脱獄」または「root化」してはいけない

「Jailbreaking」(iPhone)や「Rooting」(Android)は、携帯電話メーカーが課している制限を解除するものです。これは、ユーザーが利用できる可能性とリソースを広げる一方で、セキュリティ上の大きなリスクを伴います。

添付のリスクには、以下のようなものがあります。

  • 内蔵されたサイバーセキュリティ保護機能の喪失。
  • 新しいセキュリティアップデートにアクセスできない。
  • 機器の保証が無効になる原因になります。

脱獄やroot化は管理者権限を認めますが、ユーザーだけの権限ではありません。つまり、悪意のあるコードが携帯電話に入り込むと、端末に保存されているすべての個人情報に無制限にアクセスできるようになるのです。

結論

デジタル化が進む現代社会では、モバイルのセキュリティが欠かせません。今回ご紹介する10のヒントを実践すれば、モバイルセキュリティの脅威の大部分から身を守ることができます。わずかな努力で、あなたの個人情報はサイバー犯罪者や窃盗団から守られるようになります。

Felix Rose-Collins

Felix Rose-Collins

is the Co-founder of Ranktracker, With over 10 years SEO Experience . He's in charge of all content on the SEO Guide & Blog, you will also find him managing the support chat on the Ranktracker App.

Ranktrackerを無料でお試しください。