• 統計情報

リモートワーク統計の58番

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
リモートワーク統計の58番

イントロ

コヴィッドの大流行により、世界中の多くの働き方が変わりました。テクノロジーは長期にわたってリモートワークを可能にしてきましたが、パンデミックは企業と従業員双方にとってメリットがあることを示しました。しかし、一部の企業は、リモートワークをどのように活用するのがベストなのかわかっていません。そこで、ビジネスリーダーが効果的なビジネス上の意思決定をするために役立つ、リモートワークの統計情報をご紹介します。

一般統計

  • 16%の組織がリモートワーカーを独占的に雇用している。
  • 2005年以降、在宅勤務者は140%増加しています。
  • 現在、米国では50%以上の割合で在宅勤務をしている従業員が430万人いると言われています。
  • テレワークは過去10年間で115%増加している。
  • 2022年には労働人口の38%がミレニアル世代とZ世代であり、2028年には労働人口の半分以上(58%)を占めると言われています。
  • 在宅勤務者は、年間約1,000万台分の温室効果ガス排出を削減しています。
  • 86%のリモートワーカーは、自分自身で仕事をすることで生産性が向上すると考えています。
  • リモートワーカーのうち、カフェで仕事をする人はわずか4%。
  • リモートワーク社員の4分の3(75%)は、自宅のインターネット料金が雇用主から払い戻されていないと回答しています。

リモートワークが組織にもたらすメリット

  • 少なくともパートタイムでリモートワークを許可している企業は、従業員の離職率が25%低くなるという。
  • 4分の3以上(76%)の従業員が、より柔軟な労働時間を確保できるのであれば、その組織に留まると考えています。
  • 営業職は、66%以上の確率でリモートワークを採用しています。
  • 21%の従業員が、フレックスタイム制を導入するために休暇の一部を放棄すると回答しています。
  • 4分の1以上の従業員(28%)が、よりフレキシブルな時間やリモートワークを得るために、10~20%の給与減額を受け入れると回答しています。
  • 20%の従業員が、退職金を諦めてでもリモートワークを取得すると回答しています。
  • 休暇が無制限であるリモートワーカーの半数以下(44%)は、年に2~3週間の休暇を取るだけである。
  • 無制限の休暇を持つリモートワーカーの10人に1人は、わずか1週間の休暇しか取らない。
  • 休暇が無制限のリモートワーカーの20人に1人は、年間休日が1週間未満になる。
  • リモートワークを許可することで、雇用主は従業員のコスト(オフィススペース、電気代など)を年間11,000ドル削減することができます。

リモートワークがもたらす従業員へのメリット

Benefits of Remote Work for Employees

  • 40%の社員が、リモートワークの一番のメリットはフレキシブルなスケジュールだと考えています。
  • 月に1日以上働く従業員は、幸福度と生産性が24%向上する。
  • 75%の社員が、リモートワークでは注意散漫になることが少ないと考えています。
  • リモートワーカーの4分の3弱(74%)は、同僚から離れるために自宅で仕事をしています。
  • 同僚の騒音に悩まされる労働者が6割。
  • 97%の労働者がフレックスタイム制を希望しています。
  • 86%の社員が、リモートワークによってストレスレベルが低下すると考えています。
  • 77%の従業員が、リモートワークによって一般的な健康状態が改善されると考えています。
  • ほぼ3分の1の従業員(30%)が、場所を選ばず働けることを望んでいます。
  • 9人に1人以上(14%)の従業員が、家族と過ごす時間を増やすために柔軟な労働条件を利用すると回答しています。
  • 50%の割合でリモートワークを行うことで、社員はオフィスに通勤することなく、年間11日間の時間を節約することができます。
  • 在宅勤務者は、オフィス勤務者よりも実質的に4,000ドル多く給与をもらっている。
  • 在宅勤務者は、通勤費やその他の仕事に関する費用を年間440億ドル以上節約しています。
  • 35%の従業員が、リモートワークは雇用の質を高めると考えています。
  • 3分の2弱の従業員(65%)は、自宅で仕事をしているときが最も仕事がはかどると考えています。
  • 自宅のインターネット費用を雇用主が全額負担している社員は18%、部分的に負担している社員は7%です。

リモートワーク導入者統計

  • 44%の企業が、リモートワークを認めない雇用規定を設けている。
  • 2022年には、2017年と比較して40%以上の企業がリモートワークを提供。
  • 小規模な企業では、フルタイムのリモートワーカーを選ぶ傾向があります。
  • 2028年には、全事業部門の73%がリモートワーカーを採用するという。
  • 2028年には、全労働者の3分の1が完全にリモートで働くようになると言われています。
  • 全世界で52%の労働者が週1回以上、在宅勤務をしている。
  • リモートワークをしたことがない社員は、わずか32%。
  • 男性は女性より8%リモートワークが多い。
  • ミレニアル世代の69%は、より柔軟な労働条件のために他の労働給付をあきらめるだろう。
  • 半数強のブランド(51%)が、従業員に少なくとも一部のリモートワークを提供しています。

リモートワークの問題点

  • 5人に1人以上(22%)のリモートワーカーは、仕事後にプラグを抜くことが最大の課題であると考えています。
  • 5人に1人弱の従業員(19%)は、孤独が在宅勤務の最大の課題であると考えています。
  • 17%のリモートワーカーは、自分のワークスタイルが通常のオフィス間のコミュニケーションやコラボレーションを許さないと考えています。
  • 51%の雇用者が公式にリモートワークを許可している一方で、実際にリモートワークのオプションを導入しているのは27%に過ぎません。
  • フルリモートワーカーの仕事に対するエンゲージメントは30%に過ぎませんが、これはリモートワークをしたことがない人と同じレベルです。
  • 週に3、4回リモートで仕事をする人が、最も仕事に夢中になる(エンゲージメント41%)。
  • ブレーンストーミングは、リモートワークの場合、最も難しい会議のタイプです。
  • 1対1やスタンドアップは、最も難易度の低いタイプの会議です。
  • 在宅勤務で生産性が落ちると考えているリモートワーカーは、わずか3%です。

役割の移動

  • 4人に3人近くが、フレックスタイム制やリモートワークがあれば会社を移ると回答しています。
  • 85%の従業員が、現在の雇用主はリモートワークのための技術や機器を提供するべきだと考えています。
  • 77%の未来の社員は、少なくとも週に1日は自宅で仕事ができる可能性があることを最高のインセンティブだと考えています。

最後の言葉

リモートワークは、今後確実に増えていくトレンドです。時間管理を調整することで、雇用者と従業員の双方に多くのメリットがあり、この機会を逃す手はない。もし、企業がリモートワークを提供しなければ、多くの新入社員がこの素晴らしい機会を提供しているブランドへの就職を希望するため、人手不足に陥る可能性があるのです。

Felix Rose-Collins

Felix Rose-Collins

is the Co-founder of Ranktracker, With over 10 years SEO Experience . He's in charge of all content on the SEO Guide & Blog, you will also find him managing the support chat on the Ranktracker App.

Ranktrackerを無料でお試しください。