• SEOを学ぶ

Googleアナリティクスの基礎知識

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read

イントロ

Google Analyticsという言葉を聞いたことがあると思いますが、多くの人はその内部構造を理解することなく、その言葉を投げかけています。Googleアナリティクスの詳細については必ずしも説明しませんが、Googleアナリティクスがどのようなもので、どのような機能を持っているのか、その概要を説明します。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスは、その名前から想像がつくかもしれませんが、Googleが作った解析ツールです。Google Analyticsが人気なのは、完全に無料であることと、Googleが積極的にメンテナンスを行っているため、より高機能な解析ツールの1つとなっていることが大きな特徴です。

分析ツールを使ったことがない人は、これ一つでビジネスにどれだけの影響があるのか不思議に思うかもしれませんが、適切な分析結果を得ることは非常に重要なことなのです。正確な分析は、戦争における知性のようなもので、決定的なミスを犯すことなく、次の行動を計画することができます。

ビジネスにおけるインターネットの存在感が高まり、オンラインプレゼンスを適切に維持することの重要性が増す中、Googleアナリティクスはこれまで以上に有用なツールとなっています。Googleアナリティクスの使い方を知ることで、ツールから得たデータを適切に分析するためには時間と経験が必要ですが、卓越した、そして慎重に戦略を練ることができるようになります。

Googleアナリティクスを統合しているサイトは6000万近くあり、あなたのサイトに導入することは全く難しいことではありません。Googleのサポートサイトにある「アナリティクスヘルプ」のページにアクセスするだけで、Googleアナリティクスをサイトに統合するためのすべてのステップを案内してくれます。

Googleアナリティクスのしくみ

Google Analyticsの仕組みは比較的シンプルで、サイトにいくつかのコードを挿入します。このコードによって、Analyticsはあなたのサイトで何が起こったかを追跡し、あなたが消化しやすいように表示します。しかし、そもそもコードは何を追跡するのでしょうか?Google Analyticsは、人々があなたのサイトにアクセスしたときの行動を追跡することができます。

Google Analyticsは、サイト訪問者の行動を追跡するだけでなく、サイト訪問者についての情報も記録します。これには、訪問者の年齢、性別、さらに彼らが何に興味を持っているかという情報も含まれます。訪問者がサイトを離れると同時に、その情報はGoogle Analyticsのサーバーに送られ、ログに記録されます。

Googleアナリティクスが提供する情報には4つのレベルがあり、まず、ユーザーが行った行動に基づいて行われるユーザーレベル。次のレベルは、各訪問を記録するセッションレベルです。次に、訪問者がどのページを訪れたかを記録するページビューレベルがあります。最後に、イベント・レベルでは、各ページでユーザーが行った操作(クリック、閲覧など)を追跡します。

Google Analyticsの指標とディメンションの比較

Google Analyticsでは、メトリクスとディメンションという形で情報を提供していますが、初心者の方はこの2つの区別がつかないという方が多いようです。簡単に言うと、メトリクスはGoogle Analyticsから受け取った生の情報であり、ディメンションはそのデータをどのようにセグメント化するかということです。

例を挙げると、サイトに来た人の生の数を知っても、それを時系列で追跡して成長や損失を見るのでなければ、あまり意味がありません。そこで重要になるのが、ディメンションです。ここでは訪問者について説明しますが、ディメンションは、サイトに来る人々についてより詳しく知ることができます。

たとえば、年齢や居住地に基づいて訪問者の情報をセグメント化することができます。つまり、ディメンションによって、あなたのサイトを訪れる人の大半が、国の南東部に住む40歳の男性であることがわかるのです。これにより、例えば、特定の人をターゲットにした広告を簡単に作成することができます。

あなたのビジネスに関連する質問に答えることができるように、あなたが自由に持っているデータを分析するために使用したいディメンションを選択することができます。Google Analyticsは、すべてのビジネスが異なっているため、万能の公式を作ろうとするのではなく、あなたが考えるように情報を分析する自由を与えてくれます(これは不可能でしょう)。

Googleアナリティクスデータタイプ

Googleアナリティクスで収集できるデータには大きく分けて2種類あり、目的に応じて使い分けることができます。1つ目はユーザー獲得データ、2つ目はユーザー行動データです。ここでは、その両方について知っておく必要があることを説明します。

ユーザー獲得データ

ユーザー獲得データとは、Google Analyticsが提供する、サイトにアクセスする前のユーザーについての情報です。例えば、性別、年齢、興味のあるものなど、その人についての詳細な情報を得ることができ、これらはすべて重要なマーケティング情報となり得ます。

しかし、ユーザー獲得データは、サイトを訪れた人に関するデータだけでなく、その人がどこから来たのかについての詳細も知ることができます。例えば、Facebookのようなサイトからユーザーが大量に流入してきた場合、今後どこにマーケティング活動を集中させればよいかが分かります。

このように、デジタルマーケティング戦略を決定し、リードジェネレーションのパイプラインをさらに洗練させるために、多くの情報を収集することができます。

ユーザー行動データ

ユーザー行動データとは、ユーザーがあなたのサイトにアクセスした後に、そのユーザーについて知ることができるデータのことです。例えば、誰かがあなたのサイトにやってきて、特定の動画を見た場合、それはユーザー行動データとして記録されることになります。訪問者の大多数がそうであることに気づけば、より多くの動画コンテンツを制作することに注力すべきことが分かります。

ユーザー行動データで最も有用なことのひとつは、ユーザーがどこで興味を失ったかを判断することです。ユーザーが特定の場所で立ち往生していることに気づけば、どこに変更を加える必要があるのかがわかります。

Ranktrackerを無料でお試しください。