• マーケティング

リマーケティングとリターゲティングの違いとその導入方法について

  • Asher Ismail
  • 1 min read
リマーケティングとリターゲティングの違いとその導入方法について

イントロ

統計によると、初めてウェブサイトを訪れたお客様のうち、購入に至るのはわずか2%です。

これは、リマーケティングの必要性を示す、かなり顕著な統計です。

リターゲティングでもいい。

あるいはその両方。

待てよ、なんだ?

リマーケティングとリターゲティングについて、「何が違うのか」と混乱されている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、リマーケティングとリターゲティングを紹介し、一度離れてしまった顧客を取り戻すために、どのようにマーケティングキャンペーンに導入すればよいかを具体的に説明します。

リマーケティングとは?

マーケティング担当者は、すでに自社の製品やサービスにある程度の関心を示し、メールリストに登録している顧客に対して、リマーケティング戦術を駆使してアプローチします。

おそらくお客様は、ウェブサイトを訪問し、商品をカートに入れても、それを放棄してしまったのでしょう。

マーケティング担当者は、リマーケティングを利用して、顧客をセールスファネル内にとどめ、購入した場合に得られるものを思い出させ、そのメリットを強調し、購入が決定するまであと1クリックであることを知らせるメールを送信することができるのです。

リマーケティングでは、通常、送料無料キャンペーンやその他の割引など、セグメント化されたメールシーケンスを使用します。

リマーケティングの活用方法

メールマーケティングソフトウェアを使って、カートを放棄した顧客と、そこに残した商品を特定することができます。そして、購入に踏み切るよう促すメール(例えば、送料無料キャンペーンなど)を送ることができます。

しかし、リマーケティングの効果を最大限に発揮させるためには、顧客を様々なセグメントに分けることが有効です。セグメントには、新規顧客、利用金額、訪問ページ就職説明会などのビジネスイベントでの接触者などがあります。

How You Can Use Remarketing

例えば、初めて購入された方にお礼状を送ることもできます。あるいは、ある商品を購入した人におすすめの商品を送ることもできます。

リターゲティングとは?

マーケティング担当者が「リマーケティング」と「リターゲティング」を同じ意味で使うと、少し混乱します。

しかし、この2つの戦略には共通点がある一方で、見分けるのに十分な違いもある。

基本的に、リターゲティングは、Facebookなどの特定の場所にオンライン広告を配置するときです。この広告は、すでにあなたのウェブサイトやブランドに関与している人々をターゲットにしています。

この種の広告は、ユーザーの過去の行動に基づいて高度にパーソナライズされるように、十分な情報を収集する必要があります。これにより、顧客の興味に関連するコンテンツが表示され、コンバージョン確率が高くなります。

目的は、ユーザーを自分のウェブサイトに誘い戻すことです。

What is Retargeting?

リターゲティングは高額になる可能性があります。あなたのビジネスモデルによっては、キャンペーンを成功させるためにSaaSの資金調達を検討する必要があるかもしれません。

リターゲティングの活用方法

リターゲティングには、一般的に2つの具体的な戦略があります。

  • リストベースリターゲティング
  • ピクセルベースリターゲティング

それぞれの戦略について詳しく見ていきましょう。

ピクセルベースリターゲティング

ユーザーがあなたのウェブサイトを訪問し、特定のアクションを起こすたびに(カートに商品を入れてから放棄するなど)、クッキーがそのユーザーのブラウザに登録されます。これは、ユーザーの行動を追跡するコードの一部です。

さらに、あなたのウェブサイトを去った後、どこで彼らを見つけることができるかも表示されます。

その結果、この情報をもとに、Linkedinを含む複数のチャネルで、商品の関連性の高いパーソナライズされた広告(ビデオ体験談や開封の儀のビデオなど)を表示することができます。

リストベースリターゲティング

この戦略では、すでにメールリストがあることが必要です。しかも、このメールリストには、すでにあなたのブランドに興味を示している購読者が含まれている必要があります。

メールリストをリストベースのリターゲティングに使用するには、リターゲティングの目的で使用する予定のソーシャルプラットフォームにリストをアップロードする必要があります。ソーシャルプラットフォームは、各購読者のプロファイルを登録し、パーソナライズされた広告を適切な人々の前に表示します。

このリターゲティングの素晴らしいところは、好きなだけカスタマイズできることです。そのため、広告のターゲットは、顧客の好みや興味、過去の行動などに応じて決められます。

あなたのベストな行動は何ですか?

リマーケティングとリターゲティングに関しては、アプローチの仕方に違いがあります。

何が違うのか?

リマーケティングは主にEメールに限定されますが、リターゲティングは様々なチャネルを含むため、マーケティングリソースをもう少し拡張することができます。

どちらも、メッセージや広告をパーソナライズしたり、放棄されたカートを保存するなど、お客様をゲームに呼び戻すことが可能です。

リマーケティングが有効なのは、基本的にすでにメールリストに登録されている顧客をターゲットにするためです。また、 2021年のメールコンバージョン率は平均15.22%という統計があるため、この戦略を活用することは理にかなっています。

リターゲティングでは、さまざまなタイプの広告キャンペーンを微調整し、それらを改善することができます。時間をかければ、新しい市場にアクセスできると同時に、顧客をより深く理解し、彼らの好みを知ることで、コストを削減することができるのです。

必要な戦略とは?

その結果、予算、ツール、マーケティングチームが整っているのであれば、両方の戦略をデジタルマーケティング全体のキャンペーンに統合することを視野に入れるべきというアドバイスがなされています。

What Strategy Do You Need? (画像出典:pixabay.com)

戦略を最適化する方法

最後に、キャンペーンを最適化するためのツールがあることをお伝えしておきます。

Ranktrackerのような検索リターゲティング用のツールは、ユーザーが使用したキーワードをもとにリターゲティングを行うものです。

つまり、ある顧客が「黒い靴」というキーワードを使用した場合、このキーワードを基にカスタマイズしたオーディエンスを作成し、関連する広告を再ターゲットすることができます。

また、Leadpagesのようなツールで広告コピーやランディングページをA/Bテストするのも良いアイデアです。これにより、リマーケティングやリターゲティングのキャンペーンで、どれが最も効果的かを確認することができます。

最終的な感想

リマーケティングかリターゲティングか?

この質問は、もしあなたが両方の戦略を利用しているのであれば、ほとんど無意味なものになります。

どちらも、自社の製品に明らかに興味を持っている顧客を(再)ターゲットにすることができ、競合他社を振り切ってコンバージョンを高めることが可能です。

キャンペーンに必要な微調整を行うための適切なツールを使用し、質の高いマーケティングチームを編成し、広告やコンテンツに的確なコピーを添えるだけでよいのです。

Ranktrackerを無料でお試しください。