• デザイン

UX/UIとそのSEOへの影響

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
UX/UIとそのSEOへの影響

イントロ

世界がオンラインに移行する中、企業はデジタルプレゼンスに真剣に取り組まなければなりません。これは、使いやすく、ナビゲートしやすい、優れたデザインのウェブサイトを持つことを意味します。また、優れたユーザーエクスペリエンス/ユーザーインターフェース(UX/UI)は、お客様の関心をサイトへ惹きつけるために非常に重要です。

UX/UIは、クライアントの満足度を維持するために不可欠であり、検索エンジン最適化(SEO)ランキングにプラスの影響を与えることができます。検索エンジンは進化しており、現在ではユーザーエクスペリエンスをより重視しています。つまり、質の高いUX/UIを持つサイトは、検索結果で上位にランクインする可能性が高いということです。

とはいえ、多くの人はUXとUIを別々のものとして考えています。しかし、実際には、ユーザーにシームレスなウェブやアプリの体験を提供するために、両者は密接に連携しています。UIはWebサイトやアプリのルック&フィールに重点を置き、UXはユーザーとのインタラクションに重点を置いています。どちらもウェブページを成功させるために不可欠であり、それぞれがSEOに影響を与える可能性があります。

今回は、UX/UIがSEOに与える影響と、Webサイトやアプリを検索エンジンからの視認性を高めるために最適化するポイントについてご紹介します。

UX/UIはSEOにどのように影響するのか?

UIとUXは、製品やサービスに接する消費者にシームレスなユーザー体験を提供するものです。しかし、この2つは表面的なレベルだけでなく、SEOの中でも重要な役割を担っているのです。ここでは、UX/UIがSEOに影響を与える6つの方法を紹介します。

クリックスルー率

UX/UIはクリックスルー率に影響を与えることができます。UX/UIが優れていればいるほど、ブラウザが検索エンジンの結果ページ(SERP)で結果をクリックする確率が高くなります。UXは、ユーザーがWebサイトで探しているものをより簡単に見つけられるようにすることで、SEOを強化します。一方、UIは検索結果をより魅力的なものにし、クリックを促します。

例えば、請求書払いソリューションの会社であるNowは、専門家と協力してウェブサイトのパフォーマンスを向上させました。サイト再設計前は、毎月3,400ページ以下の訪問者しかなく、希望するよりもリードが少なかったそうです。リニューアル後は、明るい色彩と心地よい画像、そして情報量の多いトップページに生まれ変わりました。その結果、魅力的なUXを実現することができました。

その後、調査によると、サイトへのアクセス数は前月比で132.65%増加しました。

ドウェルタイム

UX/UIがSEOに影響を与えるもう一つの方法は、滞留時間に影響を与えることです。一般に、滞留時間とは、ユーザーがSERPに戻るまでに特定のウェブページに滞在する時間のことです。滞在時間が長ければ長いほど、消費者はそのサイトに深く関わっていることになります。これは、そのウェブサイトが関連性のある価値あるコンテンツを提供しているというシグナルを検索エンジンに送ることになります。もしお客様があなたのサイトを使いにくい、操作しにくいと感じたら、SERPに戻り、別の検索結果をクリックするでしょう。

ユーザー訪問数

同様に、UX/UIは、消費者が何ページ訪問するかを決定することができます。優れたデザインのウェブサイトは、ユーザーがより多くのページを探索することを促します。逆に、デザインの悪いサイトは、フラストレーションと高い直帰率をもたらすだけです。クライアントがウェブページを訪れるページ数が多ければ多いほど、コンテンツへの関与度は高くなります。これは、検索エンジンに対して、あなたのウェブサイトが関連性があり、ランキングに値するものであることを意味します。

コンバージョン率

それに、優れたUX/UIはコンバージョンを強化することができます。サイトをシンプルにデザインすれば、コンバージョン(ニュースレターの登録、販売など)が発生しやすくなります。それゆえ、ユーザーは探しているものをすぐに見つけ、希望する行動を取ることができるのです。コンバージョンは、検索エンジンがウェブサイトをランク付けする際に考慮する、重要な指標です。ランクトラッカーのようなツールを使って、Webページのランキングの進捗状況を確認することができます。

Rank Tracker tool

コンテンツクオリティスコア

UX/UIは、コンテンツの品質スコアにも影響します。例えば、Googleは、滞在時間やオーガニッククリックスルー率を使って、コンテンツの品質を判断します。これらの手がかりをもとに、GoogleはWebサイトのページを評価し、BingやYahoo!、そしてもちろんGoogleなどの検索エンジンでのランキングに影響を及ぼします。その結果、UX/UIはこのスコアに影響を与え、これらのテクニックを使用するウェブサイトのSEOランキングにも影響を与える可能性があります。

音声検索

最後に、高品質なUX/UIデザインは、音声検索でのランク付けに役立ちます。音声検索が普及している現在、これを念頭に置いてサイトを設計することが非常に重要です。信頼できるUX/UIデザイナーは、適切なキーワードを選択し、音声検索クエリにランクインするための簡潔なコピーを準備する手助けをしてくれるでしょう。

これらは、UX/UIデザインがSEOに影響を与えるいくつかの方法です。SEOの順位を上げるには、プロのUX/UIデザイナーと協力して、目標を達成する必要があります。

なぜUX/UIがSEOに重要なのか?

UX/UIがSEOにどのように影響するかを考えると、UX/UIが不可欠である理由は以下の通りです。

まず、UX/UIはデジタルブランディングに欠かせない要素です。クライアントのロイヤリティやビジネスの信頼性を強化することができます。

第二に、高品質のUX/UIは、リピーターを増やすことができます。したがって、結果としてコンバージョン率や売上を上げることができます。

最後に、UX/UIは、検索エンジンがウェブページの目的を理解するのを助け、次にユーザー体験を向上させることによって、オーガニック検索のランキングを向上させることができます。これらの要素により、サイトのトラフィックを増やし、ビジネスの収益を上げることができます。

UX/UIで陥りがちな間違いとは?

UX/UIは、ユーザーがデジタル製品とどのように関わっているかを理解し、その知識を取り入れてより良い商品をデザインするためのプロセスです。UX/UIデザイナーは、ユーザーと企業双方のニーズを満たすソリューションを開発するために、高い分析能力と創造性が求められます。

しかし、どんなに優れたUX/UIデザイナーでも、欠点がある場合があります。ここでは、企業がWebページをデザインする際に犯しがちなUX/UIの失敗を紹介します。

ユーザーニーズへの配慮の欠如

その一つが、ユーザーが製品やサービスを利用する際のさまざまなマナーを考慮しないことです。UXデザイナーは、ユーザーがどのようにインターフェイスを操作し、どのような作業を期待し、それらの作業を完了するためにどのような合図が必要かを判断する必要があります。

読み込み速度が遅い

もうひとつのよくある間違いは、消費者の注意力が限られていることを忘れていることです。サイトやアプリの読み込みに時間がかかると、ユーザーはイライラして諦めてしまう可能性が高いのです。ある調査によると、ウェブページの読み込みが1秒の場合、平均コンバージョン率は約40%になるそうです。

ユーザーの知識レベルの見落とし

読み込み速度が遅いことに加え、もう一つよくある間違いは、すべてのユーザーが同じレベルの知識や理解力を持っていると思い込んでいることです。ですから、UXデザイナーは、あらゆるレベルの専門知識を持つクライアントがフォローできるよう、明確で簡潔な指示を提供しなければなりません。

音楽またはビデオの自動再生

自動再生機能は、特に顧客が予期していない場合、押し付けがましく、迷惑になることがあります。その代わりに、ウェブデザイナーは、ビデオや音楽の再生をいつ、どのように開始するかをクライアントがコントロールできるようにすべきです。

ユーザー登録の強制

消費者が製品やサービスを利用する前に、アカウントを作成するよう求めることは、デザイナーが犯しがちなミスです。ユーザーは、アカウントを作成せずにサービスや製品を使用できない場合、プロセスを放棄してしまうことがよくあります。UXデザイナーは、登録をオプションにすべきです。

SEOの成果を上げるためのUXデザインの改善方法とは?

典型的なUX/UIの間違いを認識したところで、次に判断すべき項目は、UX設計をどのように改善するかということです。UX/UIは、あらゆるWebサイトにとって重要な側面です。それは、あなたのサイトがどれだけユーザーフレンドリーで効果的であるかを区別するものです。前述したように、優れたUXは、人々があなたのWebページに留まるか離れるか、コンバージョンするか、そしてまた戻ってくるかを大きく変えることができます。ここでは、WebサイトのUX/UIを改善してSEO効果を高める方法をいくつか紹介します。

モバイルフレンドリーサイトの実現

スマートフォンを使ってインターネットを閲覧する個人がますます増えています。最近のレポートによると、消費者は、モバイル利用に対応していないサイトでは、閲覧をやめてしまう可能性が5倍も高いことが分かっています。このことから、あなたのウェブページはモバイルフレンドリーでなければなりません。これは、画面サイズに応じて調整されるレスポンシブデザインを持つことを意味します。また、小さな画面でもすべてのコンテンツにアクセスできるようにすることも念頭に置いてください。

関連キーワードの挿入

タイトルや見出し、コンテンツ全体にキーワードを盛り込むと、検索エンジンでのウェブページの順位が上がります。しかし、キーワードの詰め込みすぎは禁物です。キーワードの詰め込みすぎは、SEO対策にもなりませんし、読みにくいコンテンツになってしまいます。その代わり、キーワード検索ツールを使って、ウェブページのランキングを最適化できるキーワードの機会について学ぶことができます。

Keyword Finder tool

編集のプロフェッショナルであるFirst Editing社のケースは、キーワードランキングがいかに重要であるかを示しています。同社は売上が減少していることに気づき、キーワードランキングとオーガニックトラフィックが同じ運命にあることを後で知りました。さらに調査を進めると、不要なキーワードを含む低品質なコンテンツが原因で、ウェブサイトのパフォーマンスが低下していることがわかりました。

コンテンツをテーマに沿って統合し、検索エンジンのためではなくユーザーのために記事を書き直すことで問題を解決しました。さらに、ユーザー体験をシンプルにするために、サイトのデザインも変更しました。数ヵ月後には、プロフェッショナル編集サービスというキーワードで1ページ目に表示されるようになり、オーガニックトラフィックも35%増加しました。

ウェブ順位を上げたいなら、SERPチェッカーツールの利用は必須です。特定のキーワードで検索した後に表示される結果ページについて、詳細な洞察を与えてくれます。

SERP Checker tool

ページスピードの向上

あなたのウェブサイトが速く読み込まれることを確認してください。誰も遅いWebページをロードするために待つことを好きではない。さらに、検索エンジンは遅いサイトにペナルティを課します。画像の最適化やコンテンツデリバリーネットワークの利用など、ページの読み込み時間を高速化する方法はさまざまあります。もちろん、ウェブサイトの速度を上げる最適な方法のひとつは、デザインをシンプルにすることです。クリーンでシンプルなデザインは、読み込みが速いだけでなく、ユーザーにとってもナビゲーションがしやすくなることを覚えておいてください。

読みやすいフォントと色を使用する

また、読みやすいフォントや色を使うことも、ユーザーフレンドリーなウェブページを作るためのポイントです。読みやすい標準的なフォントを使用し、色調も多用しすぎないようにしましょう。シンプルな配色は、目に優しいだけでなく、視覚的にも魅力的なサイトとなります。

コール・トゥ・アクションを盛り込む

Webサイトの随所に行動喚起を盛り込み、お客様が次に何をすればよいかをわかりやすくしましょう。例えば、メールマガジンに登録してほしい場合は、各ページにコールトゥアクションを追加します。こうすることで、ユーザーをサイト内に誘導し、目的のアクションを確実に取ってもらうことができます。

明確で簡潔な言葉の採用

最後に、明確で簡潔な言葉を採用することです。短い文章と簡単な単語を使って、わかりやすく記事を書きましょう。そうすることで、サイトの読みやすさが向上し、よりユーザーフレンドリーなサイトとなります。また、検索エンジンがあなたのコンテンツをより理解しやすくなり、検索結果で上位に表示される可能性も高くなります。

これらのヒントに従うことで、WebページのUX/UIを改善し、その結果、SEOを向上させることができます。しかし、UX/UIはSEOの一部に過ぎないことを忘れてはいけません。検索エンジンにおけるサイトのランキングには、さまざまな要素が寄与している可能性があります。しかし、UX/UIを最適化すれば、SEOのランキングを上げることは十分に可能でしょう。

UXデザインの成功は、どのように測ればよいのでしょうか?

UXデザインは、消費者にとって効果的で魅力的なインターフェイスを作るためのものです。しかし、Webデザインが成功しているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。ここでは、測定可能ないくつかの重要な指標を紹介します。

タスク完了率

この指標は、消費者があなたのインターフェイスを使って、やろうとしたタスクを完了した割合です。タスク完了率が高ければ、UXデザインが効果的であることを示す優れたサインです。タスク完了率は、アンケートやユーザーテストなどで測定することができます。

エラー率

一方、エラーレートは、ユーザーがインターフェイスを使用する際に、どれくらいの頻度でミスを犯すかを測定します。エラー率が低いということは、あなたのUXデザインが理解しやすいということです。しかし、いくつかのエラーは避けられないものであり、デザインの反映ではないことに注意する必要があります。エラー率は、アンケートやユーザーテスト、分析データを使って測定することができます。

ユーザー満足度

お客様がデザインに満足すれば、サイトに長く滞在し、将来的に再訪問してくれる可能性が高くなります。ユーザーの満足度は、アンケートを実施したり、解析ツールを使ってユーザーエンゲージメントを追跡することで測ることができます。

コンバージョン率

同様に、コンバージョンレートは、ユーザーの目標達成を支援するUXデザインの効率性を測定します。コンバージョンレートが高いということは、顧客が必要なものを見つけ、購入やニュースレターへの登録など、望ましい行動を取るということです。この指標も、分析データを使って測定することができます。

採用率

最後に、採用率は、消費者がどれだけ長くあなたのインターフェイスを学習し、使用できるかを測定します。採用率が高いということは、クライアントがあなたのデザインをナビゲートしやすく、使いやすいと感じることを意味します。また、ユーザーがレイアウトやインターフェイスをどの程度理解しているかを知る手がかりにもなります。採用率は、調査、ユーザーテスト、分析データを使って測定することができます。

SEOのためにウェブサイトを最適化する際に考慮すべきUX/UI要素とは?

SEOのためにウェブサイトを最適化する際、考慮すべき重要なUX/UI要素がいくつかあります。以下に、最も重要なものをリストアップします。

コンテンツ

SEO対策において、コンテンツが王様であることは当然のことです。結局のところ、コンテンツのないウェブサイトは何なのでしょうか?UX/UIとSEOのためにサイトを最適化する場合、コンテンツを前面に押し出すことが重要です。コンテンツは、よく書かれた情報量の多いものでなければなりません。また、キーワードが豊富で、SEOに最適化されている必要があります。検索エンジンの結果ページで上位に表示されるようにするには、最高のSEOプラットフォームを使用する必要があります。

ナビゲーション

サイトのナビゲーションは、UXとSEOのために考慮すべき重要な要素の1つです。ナビゲーションは、ユーザーがあなたのWebページとやりとりする主要な方法の一つであるため、わかりやすいものであるべきです。また、検索エンジンがあなたのWebサイトを効率的にクロールし、インデックス化するのを助けることにもなります。サイトマップを作成することで、サイトのナビゲーションを計画し、ユーザーと検索エンジンにとって効果的なものにすることができます。

モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーなWebページとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で簡単に利用できるWebページのことです。ユーザーは自分の端末でサイトを閲覧することを期待し、検索エンジンも順位を決定する際にモバイルフレンドリーを考慮します。プロントフォームのようなツールを使用することで、ビジネス・ワークフローをモバイル化することができます。

最適なUX/UIエクスペリエンスで価値を創造する

UX/UIは、あらゆるWebサイトの最も重要な側面の1つですが、ほとんどの企業が見落としています。UX/UIとSEOを目的にサイトを最適化することで、Webページがポジティブなユーザー体験を提供しながら、検索エンジンの結果ページで上位に表示されるようになります。

ウェブサイトを両方の目的で最適化する場合、多くの要素を考慮する必要があります。しかし、この記事で説明した情報に従うことで、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させ、より良いSEOの結果を見ることができるようになります。

Ranktrackerを無料でお試しください。