• 技術紹介

ウェブサイトテンプレート vs. カスタムプロジェクト。最適なバリエーションを見極めるには?

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
ウェブサイトテンプレート vs. カスタムプロジェクト。最適なバリエーションを見極めるには?

イントロ

会社のウェブサイトを立ち上げる計画はお決まりですか?しかし、一歩を踏み出すと、ジレンマに直面することになります。個人向けのオンラインプロジェクトとウェブサイトテンプレートのどちらを選ぶべきか?自社の顧客開拓にはどのようなウェブサイトが最適なのか?

この記事では、ウェブサイトテンプレートとカスタムメイドの違いについてお話します。それぞれの選択肢にはメリットとデメリットがあり、さまざまなタイプのビジネスに対して特定の機能を果たします。

企業にとって最適なアクションを選択するためには、複数の側面を考慮する必要があります。例えば、資金、時間、技術力、目的などです。そこで、各アプローチの長所と短所をすべて挙げてみましょう。

ホームページの作り方&頼れるアシスタントとは?

ウェブサイトテンプレート

販売するためのウェブサイトをどのように作成するかという問題に答えるために、あなたは常にウェブサイトテンプレートに頼ることができます。それらを使用すると、オンラインプロジェクトを迅速かつ手頃な価格で作成することが可能です。

一般に、ウェブページはあらかじめ作成されたもので、そこにさまざまなコンテンツを追加することができます。テキスト、画像、動画、その他が含まれます。

高品質のウェブサイトテンプレートデザインは、あなたの美的インパクトとブランディング戦略を反映するために様々なコンポーネントを変更することができます。あなたは、コンテンツの部分で動作し、それらのレイアウト、スタイル、および色をカスタマイズする準備が整いました。

幅広い目的のために、何千もの既製のソリューションがあります。その中には、基本的な静的ページもあれば、インタラクティブでクリエイティブなオプションもあります。

メリット

1.使いやすさ、使い勝手の良さ。

Webサイトのテンプレートを修正するために、専門的なプログラマーである必要はありません。さらに、WYSIWYGビルダーは、コンテンツの編集にドラッグアンドドロップツールを採用しています。必要なのは、ウェブサイトをどのように表示するかというアイデアと、オンラインナビゲーションに関する最低限の知識だけです。

2.手頃な価格であること。

ウェブサイトのコストは、主に2つのポイントによって決まります。どれだけ洗練されているか、どれだけカスタマイズが可能か、です。全体として、特にスタートアップや小規模な企業にとっては、費用対効果の高い選択肢と言えるでしょう。また、いくつかのウェブサイトテンプレートは、無料でダウンロードすることができます。しかし、その機能やパーソナライズ機能は制限されることを念頭に置いておくことが重要です。

3.速度

数日で新しいウェブサイトを立ち上げ、公開することが可能です。すべてのコードが書き込まれているので、何度もテストしたり修正したりする必要はありません。カスタマイズして、必要なコンテンツを詰め込んだら、すぐに公開できます。

4.様々なスタイルと機能性

外観、機能、アドオンなど、あらゆる面で万華鏡のような選択肢が用意されています。

5.基本的なレイアウト

標準的なウェブテーマの親しみやすさとアクセシビリティが、デザインの主な原則です。レイアウトや構造がどう変わろうとも、サイトの基本構造は変わりません。そのため、スムーズなナビゲーションを備えた、使いやすいオンラインプロジェクトを確実に手に入れることができます。

デメリット

1.選びすぎてはいけない。

非常に独創的なビジネスアイデアは、間違いなく独特のウェブサイトが必要になります。ビジネスのためのウェブサイトのテンプレートが利用可能な数千がある場合でも、あなたの要件に一致するいくつかのことを発見するかもしれません。それはあなたのニーズを満たすために最も近いですが、完全に一致しない何かを選択することを意味します。

2.カスタマイズの限界に直面する可能性がある。

残念ながら、すべての調整が可能なわけではありません。ウェブサイトのテンプレートは、完全に適応できるわけではありません。例えば、テキストコンテナには、特定の文字数や単語数しか入れることができません。また、写真も決まったサイズしかアップロードできません。

3.変更不可のコード。

ほとんどのWebサイトテンプレートは、その背後にあるコードを変更することなく読むことができます。仮に、硬直したベースコードを変更できたとしても、非常に時間がかかるでしょう。コードの大半はコンピューターによって生成されているため、このようなことが起こります。システム全体が相互につながっているため、状況によってはコードを変更することで、一部の機能が損なわれる可能性があるのです。

4.非排他的であること。

マスマーケットとは何か、説明する必要はないでしょう。Webサイトのテンプレートを購入するということは、基本的にその使用ライセンスを取得することです。ライバルを含む複数の企業が同じ既成のソリューションを購入し、利用することができるため、独自性が排除されます。

5.最適化に注力する必要があります。

Webサイトのテンプレートデザインは、基本的に白紙にWebサイトの基本的なフレームワークを追加したものです。そのため、サイトの最適化を担当することになります。ユーザーエクスペリエンス、検索エンジン(キーワード検索検索エンジン結果の分析を含む)スピード、パフォーマンスなどの最適化が含まれます。最も基本的な最適化の仕組みは、ウェブサイトテンプレートの低価格で提供されるものばかりです。残りの穴は、追加のツールや高度な能力で埋めなければなりません。

You will need to focus on optimization

カスタムウェブサイト

カスタムWebデザインは、Webサイトのテンプレートとは対照的に、あなたのブランドアイデンティティ、組織、または製品のために作られます。さらに、意図した読者やマーケティングプランのために特別に作られたすべての要素が含まれています。カスタムオンラインプロジェクトは、すべてのサイトページで、ブランディング、機能、使命を人々に理解してもらうことを目的としています。

メリット

1.個性的で完全なカスタマイズが可能。

ゼロからデザインされたWebサイトの大きなメリットのひとつは、思いのままになることです。まず第一に、あなたのビジネス戦略に理想的に適合することができます。さらに、あらゆる要求を満たすために、どんな特徴や機能でも持たせることができます。つまり、パーソナライズされたWebデザインは、唯一無二の存在なのです。それは自動的にあなたの会社、その美学、そのイメージの構成要素となり、オンラインプロモーションを容易にするのです。

2.UXとSEOの統合。

カスタムデザインでは、効率性とユーザーエクスペリエンスがその根幹に組み込まれています。例えば、完全なレスポンシブデザインは、特にモバイルデバイスに関しては、最も重要なUX要素の一つです。ユーザーエンゲージメントを高め、検索エンジンランキングを向上させるために取り入れるべき機能は、まだまだあります。

3.容易に拡張できる。

ウェブデベロッパーは、あなたの会社とともに拡大できるサイトを作成します。新しいeコマースやウェブデザインの需要(トラフィックの増加や新しい製品カテゴリーなど)を満たすために、新しい機能を追加することが可能です。また、数行のコードを変更するだけで、既存のものを自由にアップグレードすることもできます。時に無視されることもありますが、スケーラビリティは時代に対応するために非常に重要です。

4.付加的な有用サービスの統合

コーディングや設計の段階で、開発者は外部サービスを取り入れることができます。例えば、MailChimp、HubSpot、Google Mapsなど、統合されたAPIを使用することができます。この統合により、どのサービスもコアとなるウェブサイトの構成要素となる。難しいのは、各プラグインが独立したシステムであることです。プラグインが多すぎると、互換性の問題だけでなく、サイトの機能やロード時間が低下する可能性があります。

5.プロフェッショナルと密接に連携していただきます。

カスタムWeb開発は、お客様と開発者の共同作業によって成功に導かれます。また、専門家によるデザイン提案も可能です。

デメリット

1.Webサイトテンプレートよりコストが高い。

Webサイトをゼロから構築するのは、専門家集団を必要とする複雑なプロセスです。そのため、費用にはその労力がすべて反映されます。一般的に、特にテンプレートベースのウェブサイトと比較すると、それなりの金額を支払うことが予想されます。しかし、経済的な利益は、時間の経過とともに、高額な価格を上回るようになります。

2.より長く待つ必要があります。

専門家チームは、サイトの複雑さに応じて、数週間から数ヶ月の制作期間を必要とする場合があります。すべての工程に多大な労力と配慮、そして正確さが必要です。一度完成したサイトには、もう手を加える必要はありません。個人で制作する場合、時間はかかりますが、何度も変更する手間を省くことができます。

You will need to wait longer (出典:http://www.infographicsshowcase.com/the-importance-of-a-custom-designed-business-website/)

ウェブサイトテンプレートとカスタムサイト。最終的な感想

では、Webサイトのテンプレートが必要なのか、それともオーダーメイドのサイトが必要なのでしょうか?パーソナライズされたウェブサイトは多くの利点があるように見えるかもしれませんが、それは常に最良の選択肢ではありません。あなたの優れたバリアントを選ぶ前に、以下の重要な要因を考慮に入れてください。

  • 予算:財務状況を分析し、テンプレートベースのウェブサイトとカスタムウェブサイトのコストを比較する。
  • ゴール:ウェブサイトの目的は何か、どんな機能性を求めているのか。
  • ターゲット市場:テンプレートベースのサイトが、特定のニッチにとって必ずしも最適な選択肢ではないことを忘れてはいけません。
  • 要件:Webサイトのテンプレート(例えばTemplateMonster Digital Marketplaceによるもの)を使って、必要なものを開発・構築することができるか。
  • 競合:ライバルからヒントを得て、市場を分析し、自社サイトをどのように差別化するかを考える。
  • 時間:できるだけ早く市場に参入したい場合、ウェブ開発者がサイトを制作するのを待てる状態ではないかもしれません。

あなたのオンラインプロジェクトに最適な基盤をより簡単に決めることができるようになれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

Ranktrackerを無料でお試しください。