• SEOを学ぶ

メタディスクリプションとは

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read

メタディスクリプションとは](https://ranktracker-blog.s3.amazonaws.com/2016/Apr/what_is_a_meta_description-1461592391129.jpg)

イントロ

メタディスクリプションは、ウェブページのコンテンツの簡潔な概要です。検索エンジンが表示するページのプレビューとして、SERP でよく使用されます。平均文字数は約155文字です。

メタディスクリプションの説明

これらの説明タグは、SEOのセットアップに不可欠な要素ではありませんが、ユーザーエクスペリエンスにとって非常に重要なものです。SERPsからのクリックスルー率を高めるのに役立ちます。ユーザーがリンクをクリックする前に、そのページに何があるのかを知ることができます。メタディスクリプションは、サイトのコンテンツをプレビューする短い段落で、検索者に、ページにどんなコンテンツがあるのか、そしてそれが検索で探している情報なのかを正確に知る機会を提供します。メタディスクリプションは、キーワードを使用して、サイトに何があるのかについて、情報的かつ説得力のある説明を作成します。理想的なメタディスクリプションは、ページ上の特定のコンテンツとの関連性を表現するものであるべきです。これはすべて、150〜160文字のパラメータで行う必要があります。

コードサンプル

<head>
  <meta name="description" content="This is an example of a meta description. This will often show up in search results." />
</head>   

検索エンジンに最適な長さは約155文字です。

トップSEO対策。メタディスクリプション

魅力的な広告コピー

多くの点で、メタディスクリプションはリンクの広告手段として機能します。読者は、SERPで提供される要約からコンテンツを読み、ウェブサイトを訪問するように引き込まれることがあります。これは、サーチエンジンマーケティングの重要な部分です。キーワードを活用した読みやすい魅力的なコピーを作成することで、より高いクリックスルー率を実現することができます。クリック率を高めるには、キーワードと説明文を駆使して、マーケティング対象のWebサイトのコンテンツを際立たせることが必要です。

SERPアイテム

長さのガイドラインを遵守する

メタディスクリプションには好きなだけ情報を書き込むことができますが、SERPに表示されるのは最初の160文字だけです。しかし、SERPに表示されるのは最初の160文字だけです。説明文が切り捨てられないようにするには、すべての説明文を155文字前後にするのがベストです。

常にユニークなメタディスクリプションを作成する

ウェブサイトの各ページには、それぞれ固有のメタディスクリプションを設定することが重要です。これは、メタタイトルとメタディスクリプションが重複している例です。

メタコンテンツが重複している場合](https://ranktracker-blog.s3.amazonaws.com/2016/Apr/duplicated_meta_content-1461407470449.jpg)

メタディスクリプションはランキング要因ではありません。

Googleは、メタディスクリプションやメタキーワードをウェブページの順位付けに使用することはありません。メタディスクリプションは、ユーザーにコンテンツのプレビューを提供する手段としてのみ、Googleは使用します。

説明文に引用符を使わない

英数字以外の説明文は、Googleに切り捨てられる原因になります。引用文がメタディスクリプションに表示されると、いつでも削除され消去されます。この削除を防ぐには、シングルクォートをダブルクォートに変更する必要があります。

メタディスクリプションの追加を控えるべき時

メタディスクリプションを追加することは、追加しないことよりも常に好ましいと思われるでしょう。しかし、これは常に正しいとは限りません。ページが1~3個の検索語句をターゲットにしている場合、メタディスクリプションはそれらのキーワードで検索するユーザーをターゲットにするために使用されるべきです。

3つ以上のキーワードやロングテールのトラフィックをターゲットにしているページでは、検索エンジンにコンテンツを生成させることが望ましいと言えます。これは、検索エンジンが表示キーワードと、ユーザーが最初のクエリで検索したであろうフレーズを引っ張ってくるからです。もし、検索エンジンが作成したものほど関連性のないメタタグに記述を強制した場合、マーケティングツールとしての効果は低くなってしまいます。

メタディスクリプションを追加しないことは、ギャンブルになる可能性があります。検索エンジンがmeta descriptionを上書きして、よりクエリに近いものを生成する場合もあります。また、ソーシャルメディアでは、メタディスクリプションを追加せず、コンテンツの最初の行を取得して、その穴を埋めるということも言及すべきです。

外部リソース

Ranktrackerを無料でお試しください。