• SEOを学ぶ

オンページSEOとオフページSEOとは(そしてなぜ両方が必要なのか?)

  • Jessica Day
  • 1 min read
オンページSEOとオフページSEOとは(そしてなぜ両方が必要なのか?)

イントロ

検索エンジン最適化(SEO)は、今日のインターネット運営の根幹をなすものです。

SEOの大前提は、ウェブサイトのコンテンツを最適に構成することで、より多くのインターネットトラフィックをあなたのドメインに誘導することができるということです。さらに、完全なSEO戦略では、他のWebサイトのコンテンツ(「オフページ」)があなたのドメインにリンクします。

この仕組みはどうなっているのでしょうか。インターネットの検索クエリのほとんどは、GoogleやBingなどの検索エンジンによって処理されます。これらの企業は、検索結果ページ(SERPs)において、ユーザーに最も関連性の高いコンテンツを表示したいと考えています。そのため、複雑なアルゴリズムと基準で、ウェブサイトをSERPで上位または下位に「ランク付け」しています。結果ページの上位に表示されるページは、より多くの訪問者を得ることができるのです。

SEOの力を活用することは、企業にとって強力なツールとなり得ます。まず、サイトのインプレッションが高いということは、潜在的な顧客のプールが広いということです。そのため、米国だけでも、企業はSEOサービスに年間800億ドルを費やしていると推定されます。

SEOの初心者ですか、それとも知識のブラッシュアップをお考えですか?この記事では、確かなSEO戦略を構成するビルディングブロックについて説明します。オンページSEOとオフページSEOの違い、そしてGoogleで1位を獲得するために両方が必要な理由について説明します。

What is On-Page SEO? (画像出典:画像出典)

オンページSEOとは?

冒頭で触れたように、オンページSEOとは、検索エンジンにとってより良い方法でウェブサイトのコンテンツを構成することを意味します。

ドメインを持っている人なら誰でも、自分のサイトをトピックに関連したコンテンツで埋めることができますが、オンページSEOの要素を考慮していなければ、Googleの後ろのページに追いやられてしまう可能性が高くなります。

オンページSEOのアドバイスと戦略を最大限に活用するために、Webサイトのオーナーは自分のサイトと関連するターゲットキーワードを関連付けることができます。インターネットユーザーがそのトピックキーワードを検索したときに、まずあなたのサイトに誘導されるようにするのです。さらに、オンページのSEO対策には、他社に差をつけるためのいくつかのポイントがあります。

オンページSEOの考慮事項

タイトルタグ

ページのタイトルタグは、検索結果ページでクリック可能なリンクとして表示されるものです。最も効果的なタグは、あらゆるデバイスで読めるように、50~60文字程度の長さです。

タイトルタグは、検索エンジンが使用する主要なSEO指標であるため、キーワードを組み込む必要があります。

Title tags

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果ページのタイトルタグの下にある2~3行のことです。ページの内容を説明する簡潔な文章を、155~160文字程度に制限して書く必要があります。

これらの説明は、短く、パンチの効いたものでなければなりません。検索エンジンはキーワードを考慮しますが、主な目的は、検索クエリの背後にいる人間がそのリンクをクリックするように説得することです。

例えば、クラウドコンタクトセンターに関するページでは、記事の「理由」を説明する必要があります。この場合、カスタマージャーニーにセルフサービスを取り入れるべき理由を論証するのです。

URL構造

もうひとつの重要なSEO指標は、関連性の高いURL(ブラウザの上部に表示されるアドレス)を持つことです。

一般的に、URLはできるだけ短くし、メインキーワードをアドレス行の最初に組み込んでおくとよいでしょう。また、アンダースコアではなくハイフンを使用する必要があります。アンダースコアは、検索エンジンから「単語の区切り」として認識されないことがあります。

ページ内容

ページのコンテンツは、ウェブサイトの糧となるものです。もし、関連性のないコンテンツであれば、SEOのことは忘れてしまい、お客様はページを閉じてしまうでしょう。

ウェブサイトのコピーを書く前に、そのページの主題となるキーワードを少し調査しておくとよいでしょう。Google Analyticsのような無料のツールを使って行うことができます。最適なキーワードが見つかったら、そのキーワードをページのコピーに組み込みましょう。

見出し

ウェブページの中では、コンテンツは見出し(H1、H2、H3など)と本文に分けられる。

検索エンジンは、ページの見出しをページの他のコンテンツよりも重視します。第一の見出しは、より関連性が高く、特別に重要視されると考えられています。したがって、H1の見出しにはトピックキーワードを含め、H2やH3の見出しにはセカンダリーキーワードを選択する必要があります。

内部リンク

単に適切なコンテンツを書くだけでは不十分で、ウェブサイトの構造も考慮する必要があります。このようなSEOの側面は、しばしばサイトマップ最適化と呼ばれます。

基本的には、検索エンジンや人間にとって使いやすいようにウェブサイトを構成することが重要です。このためには、重要なトピックを扱う「柱ページ」を作成します。柱ページでは、トピックに関するすべての基本情報をユーザーに伝え、さらに詳しく側面を説明するサブページへのリンクを付けます。クリックできるテキスト(「アンカー」と呼ばれる)は、常にそのトピックのキーワードである必要があります。

このようにサイトを構成することで、検索エンジンはそのページ群を、より局所的な権威を持つページと見なすのです。ただし、内部リンクには注意が必要です。内部リンクは、ページのコンテンツと一体化させなければなりませんが、過剰にならないようにしましょう。あまりに多すぎると、その価値が薄れてしまいます。

モバイルフレンドリー

現在、インターネットトラフィックの大部分をモバイルユーザーが占めています。そのため、検索エンジンは、モバイルとPCの両方のブラウザでアクセスできるサイトを優先的に表示します。Webサイトのデザインにおいて、この重要な側面を見落とさないようにしましょう。

サイトパフォーマンス

最後に、Webサイトのロードタイムを短縮することです。HTTPリクエストを最小限に抑える、画像ファイルのサイズを100kb以下に抑える、圧縮を有効にするなどの工夫で、最適化することができます。また、ドメインプロバイダーのサーバーが十分な応答時間を持つかどうかを確認することもできます。

Site performance 画像出典:ウェブサイトビルドエクスパート.com

オフページSEOとは?

さて、ここまでがオンページSEOの基本ですが、オフページSEOとは何でしょうか?それは、検索エンジンのランキングに影響を与える、あなたのウェブサイトの外部の要因に関係するものです。例えば、他のサイトからあなたのドメインへのリンクは、あなたのページをGoogleの上位に押し上げるのに役立ちます。

なぜオフページSEOが重要なのか、不思議に思われるかもしれません。それは、検索エンジンが、あなたのウェブサイトが信頼でき、権威があることを証明する方法を必要としているからです。外部ソースへの参照が全くない学術的なエッセイを教授が受け入れないように、検索エンジンは切断されたウェブサイトをより注意深く見るでしょう。

オフページSEOの考慮事項

バックリンク

オフページSEOで最も影響力があるのは、バックリンクです。これは、外部のウェブサイトがあなたのドメインにリンクすることで、あなたのサイトのオーソリティを構築することです。

バックリンクの強さには、いくつかの要因が影響します。

  • あなたのサイトにリンクしているサイトはいくつありますか?(20を目標にするとよいでしょう。)
  • そのリンクは、多様なウェブサイトからのものですか?
  • そのウェブサイトのドメインオーソリティはどうなっているのか?

例えば、ソフトウェアの品質属性に関するあなたのページへのリンク記事は、マイナーなメディアよりもBBCテクノロジーのようなソースから来る方がはるかに価値があります。

ゲスト投稿を書いたり、プレスリリースを主催したり、インフォグラフィックのようなリンク可能な資産を作成することで、バックリンクを促進することができます。

Backlinks 画像出典:socialmediatoday.com

ドメインオーソリティ

ドメインオーソリティは、あなたのサイトがどれだけ権威があるかを0から100のスケールで表したものと考えることができます。この記事で述べたすべてがドメイン強度に寄与しますが、さらに考慮すべき点がいくつかあります。

  • バックリンクの多様性
  • ドメイン取得年数
  • サイト全体のトラフィック
  • 平均滞在時間

ソーシャルシェア

ソーシャルメディアは、オフページSEO戦略の一環として活用すべきものです。まず、主要なプラットフォームでビジネス・プロフィールを作成すれば、バックリンクの機会を容易に得ることができます。

それだけでなく、投稿をより多くの人に共有することで、ドメインのトラフィックや自然な知名度を高めることができます。

完全なSEO対策とは?

ドメイン所有者として、デジタル戦略の一環として、オンページとオフページのSEOの要素を組み合わせるよう努力する必要があります。このリストは決して網羅的なものではありませんが、正しい方向性を示すものであることは間違いありません。

ドメイン所有者であれば、ページ内の要素をよりコントロールしやすいので、まずはページ内の基本的な要素から始めることをお勧めします。キーワードリサーチとサイト構造(タイトル、見出し、メタタグ)に重点を置くことで、サイト訪問者を即座に増加させることができます。

このような基本的な部分をカバーしたら、権威あるドメインからのバックリンクの獲得など、オフページの要素を改善することに目を向けます。特にハイブリッドチームで作業している場合は、共有ワークスペース(ホワイトボードとDialpadなど)を作成して、この作業を調整するとよいでしょう。

Googleで1位を目指すなら、当社のSEO戦略では、オンページとオフページの両方の要素が必要です。これを自分で行うか、第三者のSEOエージェンシーに依頼してトラフィックを増やすかは、あなたとあなたの会社の具体的なニーズ次第です。いずれにせよ、SEOの健全な知識を持つことは、すべてのインターネット市民にとって必須のスキルであり、高く評価されるべきことです。

Start your free 7 days trial with Ranktracker, all-in-one SEO platform
Jessica Day

Jessica Day

is the Senior Director for Marketing Strategy at Dialpad, a modern business communications platform that takes every kind of conversation to the next level—turning conversations into opportunities. Jessica is an expert in collaborating with multifunctional teams to execute and optimize marketing efforts, for both company and client campaigns.

Ranktrackerを無料でお試しください。