• UI・UX

より良いユーザーエクスペリエンスのために、Webサイトでグラフィックを使用するには?

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
より良いユーザーエクスペリエンスのために、Webサイトでグラフィックを使用するには?

イントロ

グラフィックは、すでに質の高いユーザーエクスペリエンスの最も注目すべき部分となっています。Tik TokやInstagramは、写真が千の言葉に値することを証明していますが、優れたウェブサイトは、他にどのようにグラフィックを活用して優れたユーザー体験を実現できるのでしょうか。

ここでは、グラフィックスを使用して、Webサイトで最高のユーザー体験を実現するための実証済みの7つのステップを紹介します。

1.テキスト上のデータ可視化

一般的なユーザー体験において、データは重要な役割を担っています。オーディエンスに製品の利点を理解してもらうための最良の方法の一つです。しかし、並べられたデータの行に目を通したいと思う人はいないでしょう。ページが窮屈になり、ウェブサイトの魅力が半減してしまいます。

データをグラフィックスに抽出することで、究極のユーザーエクスペリエンスを実現しましょう。延々と続くテキストやわかりにくいグラフの代わりに、ストーリーボード、インフォグラフィックス、ショートクリップを使用して、読者がデータを理解できるようにします。

解釈された情報をグラフィカルなストーリー形式で提示することで、ユーザーはデータをより速く処理することができます。また、データ中の重要な情報を強調し、製品やサービスとの関連性を指摘することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることもできます。

2.カラースキーム

カラースキームは、他のグラフィックオプションと同様に、ユーザーエクスペリエンスを左右することは言うまでもありません。色彩の選択は、Webサイトに対するユーザーの反応を決定づけます。適切な配色は、ユーザーに緊急性を与え、即座に反応させることができますが、不適切なパレットの選択は、ユーザーの製品へのコミットメントを遅らせる可能性があります。

Colour Scheme

色を使って、読者をゴールへと誘導しましょう。読者がページをスクロールする際に、色彩が必要な指針を示すようにしましょう。適切な量のホワイトスペース、コントラストと彩度の適切な使用、そして一貫した配色は、あなたのメッセージを伝えるために必要なすべてかもしれません。

Webサイトの配色は、モノクロが基本ですが、明るい色調を取り入れることも可能です。また、さりげなくアクセントを加えるのもよい選択です。アースカラーやナチュラルな色合いはあまり見かけませんが、鮮やかな色とダークカラーをうまく組み合わせているサイトもあります。目標は、コンテンツをアピールし、訪問者を魅了する配色を維持することです。

3.親しみやすいデザインを使用する

あなたのウェブサイトが万人向けでないことを認めることは、恥ずかしいことではありません。実際、最高のウェブサイトは、ターゲットとなる顧客にのみアピールしており、彼らがあなたの主要な焦点となるはずです。ですから、あなたの最初の仕事は、あなたの顧客を決定し、彼らにとって魅力的なWebサイトにする方法を考えることです。

リサーチや調査によって、あなたの希望する層には何が有効か、そして彼らの好みに合うようにウェブサイトをデザインするにはどうしたらよいかがわかります。企業との交流が盛んなサイトでは、当然画像よりも言葉を多く使うべきですが、販売ページをテキストで埋め尽くすのは酷な話です。

すべてのウェブページは、ターゲットとなるユーザーに自然に響くものであるべきで、そのためには最新のデザイントレンドを把握することが不可欠です。Procreate Brushで親和性の高いWebサイトのプロトタイプを無料で作成し、美しいコンテンツでユーザーを惹きつけ、注意を引き付けましょう。

4.画像の解像度を管理する

しかし、その画像が不鮮明であれば、あまり意味がありません。画像の解像度は、視聴者がウェブコンテンツや製品をどのように受け止めるかに影響し、高解像度の画像は質の高いサービスを連想させるからです。

よく編集された高品質の画像を提供することで、ターゲットオーディエンスの注意を管理することができます。スマートフォンからの写真は、適切に採用すれば、高品質の写真として通用するかもしれません。クリッピングマスクは、画像を引き伸ばしたり解像度に影響を与えることなく、指定したフレームに収めることができるため、画質を維持するための優れた方法です。また、ロイヤリティフリーのストックフォトをダウンロードすることで、最高の画像を確保することができます。

5.インタラクティブアイコン

私たちは皆、インタラクティブなアイコン、特に適度なアニメーションとレスポンシブな色使いのアイコンを好みます。ベクターやアイコンを使って、訪問者をページ内に誘導しましょう。カーソルやメニューは、訪問者がどこにいたかを確認し、次のステップを指し示すのに役立つはずです。

Interactive Icons

インタラクティブなアイコンとレスポンシブな配色を組み合わせれば、ユーザーが次に進むべき道を予見しているかのようなインターフェイスができあがります。ウェルカムページから製品を申し込むまで、訪問者を誘導する必要があります。

残念ながら、一部のウェブサイトでは、アニメーションを多用することでインタラクションを過剰にし、サイトに負荷をかけ、ユーザーがスクロールする際に遅延を発生させる傾向があります。そこで、適度なアニメーションと、必要な機能のみを強調したアイコンを採用するのがベストです。アイコンは、ユーザーを圧倒するのではなく、ガイドするようにしましょう。

6.グラフィック要素間の空白を優先する

ほとんどのウェブサイトは、インターフェイスに白いスペースを持つことを恐れているようです。おそらく、真っ白な背景は、存在しないはずの気まずい空虚さを連想させるのでしょう。しかし、ホワイトスペースはウェブサイトデザインの最良の特徴の一つです。

ホワイトスペースは、ユーザーが各コンテンツを区別し、急所を強調できるように、細かく定義されたボーダーでグラフィックを表示することができます。

ホワイトスペースを適度に利用することで、画像をよりエレガントに、より視覚的に、より強調し、最適なユーザーエクスペリエンスを実現することができます。ただし、ホワイトスペースの使い方には、一貫性と節度が必要です。過密なウェブページはユーザーの意欲をそぎ、コンテンツよりも多くのホワイトスペースを使用すると、訪問者をいらだたせることになります。

7.直感的なグラフィック

複雑なデザインではなく、シンプルなグラフィックで究極のユーザーエクスペリエンスを実現しましょう。ランディングページには、外部からの指示がなくても、誰でも直感的に操作できる機能が必要です。

Intuitive Graphics

アクセシビリティと簡単なナビゲーションを第一に考えてください。ユーザーが中断や遅延なしにプロセスを開始し、完了できるような明確なデザインであるべきです。ユーザーを調査し、彼らのウェブサイトの好みを理解する - これが、ウェブサイトを開発する前に質の高い市場調査を実施すべきもう一つの理由です。

ドロップダウンメニュー、カードの並べ替え、ナビゲーションツールがあれば、ユーザーエクスペリエンスを調整することができます。しかし、アナリティクスにも注意を払い、ウェブサイトとのインタラクションを追跡して、ユーザーがインタラクティブな機能にどのように反応するかを確認する必要があります。

8.グラフィックを戦略的に選択する

デザインスキルやデータ分析に加え、効果的なデザイン戦略は、ユーザーの注意を引くための最も確実な方法です。あなたのブランドにはアーティスティックな画像が似合うのか、それともリアルな写真が必要なのかを知っておく必要があります。

それは他のウェブサイトから手がかりを得るために大丈夫です。インターネットのほとんどは、ほぼ互いのレプリカです。しかし、あなたはまた、いくつかの独創性を維持する必要があります。

グラフィックは目立つものだけを採用し、確実に効果があるもの以外は従来のものを変えないようにしましょう。

最終的な感想

Webサイトやデジタル製品は、常にグラフィックで繁栄してきました。私たちの意図を表現し、セールスコンバージョンを引き寄せるのにこれ以上の方法はありませんが、私たちは常に改良を加えることができます。

ウェブサイトを支えるように、統計データを表にスライドさせたり、インフォグラフィック・チャートを使って、当たり障りのないテキストよりもレポートを視覚化することができます。また、色使いを工夫し、グラフィカルで直感的なアイコンを採用しましょう。最後に、解像度を管理し、ウェブサイトの速度を低下させる可能性のある大きな画像の使用は避けましょう。

Felix Rose-Collins

Felix Rose-Collins

is the Co-founder of Ranktracker, With over 10 years SEO Experience . He's in charge of all content on the SEO Guide & Blog, you will also find him managing the support chat on the Ranktracker App.

Ranktrackerを無料でお試しください。