• EコマースSEO

ショッピングの世界の救世主。Eコマース

  • Ekta Patel
  • 1 min read
ショッピングの世界の救世主。Eコマース

イントロ

もし、eコマースがなかったら、私たちの買い物の世界は今どうなっていただろう、と考えたことはありますか?

シナリオを描いてあげましょう。

白黒の映画で、母親と子供が重い荷物を持って店に出入りし、満足できない経験をする様子を想像してください。これが、eコマースビジネスのない今日の現実でしょう。世界は、色彩と選択肢にあふれた場所にはならないでしょう。アイデアの交換も、貿易の自由な流れも、技術の迅速な更新もないでしょう。また、競合他社が存在しないため、あらゆる分野で独占的な競争が行われています。買い手は、自分の好みの製品を要求するために手助けが必要になる。

Eコマースブームの最大の受益者はファッションです。eコマースがなければ、ある地域から誰もが似たようなスタイルになっていたでしょう。洋服にクリエイティブなニュアンスを持たせることもできず、ファッションが個性を表現する媒体となることもなかったでしょう。そして最後に、世界の他の地域のスタイルを見つけた私たちの多くにとって最も恐ろしいことは、それを知ることができなかったということです。

電子商取引によるビジネスへの影響

運用コストの低減

Lower operational costs

従来、ビジネスをするためには、まずスペースを購入したり、リースしたり、借りたりして、資本のレイアウトと日々の経費を設定する必要がありました。しかし、経費はそれだけにとどまりません。インテリア、スタッフ、倉庫、光熱費などにもお金をかけなければならない。

ビジネスを運営するための設備投資額は大幅に削減されました。オンラインストアでは、初期資金はウェブサイトの開発、ホスティング、監視に投資されます。あなたが費用の自由のウェブサイトを設定することができ、利用可能な多くのプラットフォームがあります。技術的な知識があれば、誰でもオンラインでビジネスを立ち上げることができ、ビジネスが拡大するにつれてアップグレードすることができます。オンラインストアでは、多くの伝統的な諸経費は、排除されていない場合は、削減されます。

より大きな到達点

インターネットが持つリーチ力は誰にも隠せない。従来、店の顧客は近辺の人たちだけであった。その国に店舗がなければ、海外のお客様を持つことはできなかった。ビジネスは人材に大きく依存するため、非常に不安定なものであった。労働時間や販売員の売り込みの能力による制約があった。

インターネットがあれば、顧客はどこからでも来ることができます。地理的な境界線によって取引が制限されることはありません。また、夜でも昼でも、休日でも営業日でも、いつでも顧客にサービスを提供することができます。これによって、事業規模が拡大しました。ソーシャルメディア広告、Eメールマーケティング、SEO(検索エンジン最適化)などが加わり、企業は購買意欲のある大規模なターゲット層と交流することができる。また、AI導入により人的リソースのデメリットも軽減されます。

スピードと柔軟性

そのスピードは、営業担当者の素早さにかかっていた。また、人間は知っての通り、ビジネスアイデアに対するひたむきな姿勢に大きく左右される。店舗を運営するとなると、いろいろなハードルがあった。大きなものは、在庫の処理であった。カタログに載っている商品を、簡単に追加したり、削除したり、変更したりすることはできない。また、新しい需要を処理するスピードも遅く、満足のいく買い物ができないこともあった。そのため、従来の店舗では、一定数の商品しかストックできなかった。

Eコマースでは、最大限のスピードと柔軟性を得ることができます。実店舗を運営するには、多くの時間を投資する必要があり、店舗が完成するまでに数ヶ月待たなければなりませんでした。それに比べ、オンラインストアは数時間から数日で準備が整います。また、商品のカタログを変更するのも簡単です。また、注文や新たな要求の処理時間は日々短縮されています。

アクショナブルデータ

データストレージがなかったため、企業は顧客にパーソナライズされたショッピング体験を提供することができませんでした。従来のショップでは、比較するポイントもありませんでした。従来のショップでは、比較対象がなく、相手が提示するものを受け入れるしかなかった。広告にかけるお金と、それが生み出すビジネスの間には、インプットとアウトプットの相関関係がなかった。店主の勘に頼るところが大きい。

b2beコマースサイト開発**会社の 最も大きな利点は、あらゆる種類のデータを収集することです。顧客の商品の好み、Webサイトでの滞在時間、支払い方法など、詳細なデータを収集することができます。また、どの商品やデザインが今人気なのか、どのようなマーケティングや広告が効果的で、どれがそうでないのかも知ることができます。他の製品やウェブサイトとの価格比較など、各製品に関する徹底的な情報提供は、顧客にとって有益なものとなります。

新しい技術へのアクセス

自動化されていないため、多くの業務が労働力に依存し、ビジネスコストを増大させていた。ビジネスにおけるイノベーションというと、非常に限られた選択肢しかなかった。テレショップという概念もあったが、あまり信用されていなかった。

Eコマースにはテクノロジーがあふれています。ドローン、ヘッドレス・コマース、拡張現実は、私たちのショッピング体験を向上させる最新のテクノロジーです。さまざまなアプリと統合することで、プロセスを強化し、マーケティング計画をより効果的に実行し、ショッピング体験全体を向上させることができます。

Eコマースがお客様に与える影響

Effects of e-commerce on customers

Eコマースは売り手にとって恩恵があるのではなく、顧客にとっても同等の資産であることが証明された。

より充実した製品ラインアップ

お客様は、より包括的な製品ラインアップを享受することができます。お客様は、どこからでも、どのサプライヤーからでも、商品やサービスを選ぶことができます。Eコマースは、従来の実店舗よりも多くの選択肢を提供します。また、販売員がいないため、店内を見て回る際のプレッシャーが軽減されます。Eコマースには物理的なスペースの制約がなく、すべてがバーチャルであり、お客様は無限の選択肢を得ることができます。インターネットは、アートを鑑賞できる人たちの駆け込み寺になっているのです。

快適さとシンプルさ

お客様は、指先一つで何でも買い物ができるようになりました。Eコマースでは、物理的な制約を作ることなく、簡単に製品やサービスを購入することができます。自宅にいながら、数回のクリックで商品を手に入れることができます。多くの人は、困難な状況や事情により、家から一歩も外に出られない。その典型的な例がコビド19で、実店舗は閉鎖を余儀なくされたが、オンラインストアは営業しており、人々は安全を確保しながらショッピングを楽しむことができた。

現金も必要ありません。クレジットカードやデビットカードですぐにお支払いができます。

節約する

オンライン商品は、一般的に実店舗で販売されている商品よりも安価です。eコマースでは、中間業者や販売員が排除されるため、顧客にとってのコストが削減される。さらに、実店舗がないため、企業は店舗用の土地の賃貸料やリース料を節約することができ、このメリットはお客様にも還元されます。

時間の節約

Eコマースの大きなメリットのひとつは、時間の節約です。料理に使う食料品など、お客様が必要とするものはすべてオンラインで注文することができます。Eストアーは年中無休で12ヶ月間営業しており、オンラインショッピングに時間的な制限はない。商品選びから購入、支払いまで15分もかからずにできる。また、配送の手間もなく、大小さまざまな商品を配達員が玄関先まで届けてくれる。

詳細情報を見る

電子商取引を行うための主要なツールはインターネットです。ユーザーレビュー、ウェブサイトや価格を比較するツール、製品説明、使用方法のビデオなど、情報を得た上での選択に必要なものは、事実上すべて手元にある。さらに、製品の説明やその他の詳細情報とともに、保証情報も入手することができます。

eコマースでは、さまざまな商品の詳細をオンラインで確認することができます。配送状況を確認したり、注文内容を変更したりすることができます。商品の取り扱いについて不明な点があれば、会社に問い合わせることができます。

ショッピングは社会的な活動になっている

企業が顧客に素晴らしいショッピング体験を提供すると、それを他の人と共有したいと思うものです。デジタルマーケティングやeマーケティングによって、意見の共有が容易になりました。顧客は、購入の意思決定をする際に、他の人のレビューや意見に大きく依存しています。ソーシャルメディアの利用者であれば、誰でもブランドのインフルエンサーとして活動することができます。ソーシャルメディア・プラットフォームやレビューサイトでの製品レビューは、口コミによるプロモーションの重要な情報源となっています。

彼らは、ブランド側の発言よりもレビューをより信頼しているのです。このため、ブランドは、消費者が自分たちをどう見ているかを決定する責任を、もはや単独で負うことはできません。小売業者は、ソーシャルメディアやオンライン・レビュー・サイトが消費者の態度に大きな影響を与えることに気づいてから、顧客との対話を始めています。このような交流は、購入前にさらに情報を得たいという顧客の要望をサポートする上で、非常に役立っています。消費者は、自分たちが購入する商品とその購入先である企業について、かつてないほど知識を深めているのです。

結論

小売業向け電子商取引は、まだ始まったばかりです。その継続と成功は、購入者の嗜好に左右されるでしょう。小売業を中心としたコマースから、サービスを含む総合的なコマースへと拡大する可能性は、まだまだ大いにあります。米国のトップeコマース開発企業は、ショッピングの世界を救い、新しい体験を提供するための革新的な技術を開発しています。

Ekta Patel

Ekta Patel

Ekta Patel is the Digital Marketing Executive at Selected Firms - a B2B Marketplace for Finding World Class Agencies. She is a Skilled Digital Marketer with 7 Years of experience in eCommerce, SEO marketing, Google AdWords, and social media content building. She has created quality content for the company's websites/apps, blogs, and case studies. In addition, she has profound experience working for IT organizations and is responsible for introducing the latest eCommerce trends to the team.

Ranktrackerを無料でお試しください。