• 統計情報

2022年のビジネス成長に役立つSEO統計データ

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
2022年のビジネス成長に役立つSEO統計データ

イントロ

SEOはビジネスとしてオーガニックトラフィックを増やすための最もポピュラーな方法の1つですが、PPCのような方法がある中で、SEOを使うことはまだ合理的なのでしょうか?

今回は、SEO Statsを通じて、モバイルデバイスや動画コンテンツなどにまたがるSEOを紹介します。

一般的なSEOの統計

  • あなたのページを見てもらうには、Googleの結果ページの1ページ目に表示される必要があります。実際、最初の5つのオーガニック結果は、全クリックの67.6%を獲得しています。
  • 最高のSEOのためには、1ページ目に表示されることが望ましいのですが、Googleの1ページ目の検索結果の平均的な記事の長さは、1,447文字と言われています。
  • Googleでは毎秒8万5千件の検索が行われています。
  • 検索フレーズの平均的な長さは4語です。
  • ウェブサイトの直接訪問は、最も重要なランキング要因です。
  • 直帰率に関しては、上位のWebサイトでは50%以下とされています。
  • 1.65秒は、ファーストページウェブサイトの平均的な読み込み速度です。
  • 6.5万ドルは、SEOプロフェッショナルの平均年収です。
  • Googleで上位に表示されるウェブサイトの60%は、平均年齢が3歳以上です。
  • 検索エンジンでは、Googleが91.75%、実績の少ないBingが2.75%を占めています。
  • 2019年から2020年にかけて、グーグルの売上は418億ドルから395億8000万ドルに減少した。

SEOマーケティング統計

SEO Marketing Stats

  • オンラインマーケターの70%が、売上収益を上げるには、PCCではなくSEOが最適であると回答しています。
  • コンテンツの配信チャネルは、マーケティングメールとソーシャルメディアが最も多く、ソーシャルメディアが94%、メールが76%となっています。
  • 平均して、人は1日に5,000もの広告を目にすることができます。
  • 72%のマーケティング担当者が、最も効果的なSEO戦略の1つはコンテンツ制作であると回答しています。
  • 71%のマーケターが1番に選んだ戦略は「戦略的キーワード」です。
  • Googleでは、全ページの約90.63%にオーガニックトラフィックが存在しない。
  • トラッキング可能なトラフィックの割合は、検索連動型が15%、ソーシャル連動型が5%、その他が15%となっています。
  • デジタルマーケティング担当者の約28%が、リンク生成のないキャンペーンを実施していると報告しています。
  • 人が最初に商品を検索してから、実際にその商品を購入するまでの日数は、2015年から9日増加しています。

B2BのSEO統計

  • Business to Businessマーケティング担当者の約61%が、オーガニックトラフィックとSEOは他のマーケティング施策よりも多くのリードを生み出すと回答しています。
  • B2Bバイヤーの場合、90%が購入候補のリサーチに検索エンジンを利用しています。
  • B2Bのバイヤーは、特定のウェブサイトに時間を費やす前に、12種類のオンライン検索を行います。
  • SEOとPPCの両方の技術を使用する企業は、どちらか一方の技術しか使用しない企業に比べて、平均して27%以上の利益と25%以上のクリックを獲得することができます。
  • 直帰率、セッションごとのページ数、ウェブサイト訪問数、サイト滞在時間の4つがウェブサイトランキングに影響を与える要因の上位を占めています。
  • 検索エンジンの検索結果でブランドが複数回表示されると、ユーザーがその製品を購入する確率が50%高くなります。
  • B2BのSEOでは、コピーされたコンテンツは検索エンジンのクローラーにすぐに訴えられ、顧客エンゲージメントにも役立たないため、剽窃されていないコンテンツが必要です。コンテンツの言い換えは、多くのB2B SEOキャンペーンを成功に導いてきました。

ローカルSEOの統計

Local SEO Stats

  • Google検索全体のうち、ローカル検索は46%を占めています。
  • ローカル検索は毎年1兆1700億回行われています。
  • この2年間で、「どこで買うか」「近くで」といったクエリーは200%増加しています。
  • 最高」「今すぐ」などのクエリーが125%増加した。
  • 商品を検索した人の28%が近くのお店で購入しています。
  • 位置特定検索は、モバイル検索全体の約⅓を占めています。

モバイルSEOの統計

  • オンライントラフィックの大部分はモバイルデバイスからで、55%にのぼります。
  • モバイル端末を使用した場合、ローカル検索結果は3倍になります。
  • モバイル検索はオーガニック度が低く、正確にはデスクトップ検索より50%低い。
  • モバイル端末で最初に表示されるオーガニック商品のクリック率は、デスクトップよりも高く、27.7%対19.3%となっています。
  • モバイル端末の検索エンジンは、毎日87%のユーザーが利用しています。
  • モバイルでの検索の20%は音声検索です。

キーワード

Keywords Stats

  • 質問がGoogleの主な検索形式だと思われるでしょうが、実は質問は検索の約8%を占めるに過ぎません。
  • Googleでのキーワード検索のトップ3は、Facebook、Youtube、Amazonです。
  • 最も多い検索長は3語以上のキーワードで、月間1万回以上の検索が29%を占めています。

画像と動画のSEO統計

  • YouTubeのランキング上位は、再生回数、シェア数、コメント数、そして「いいね!」の数に影響されます。
  • HD動画は最も人気があり、Youtubeの1ページ目の検索結果の68.2%を占めています。
  • 動画が新しい購読者をもたらすことも、Youtubeで動画を上位表示するための大きな要素です。
  • クリエイティブなビデオ編集は、ビデオのエンゲージメントを高め、ランキングの向上につながります。
  • YouTubeの動画説明文のキーワード最適化は、どうやら動画のランキングには関係ないようです。
  • 検索クエリの27.9%は、主にInstagramやPinterestなどのプラットフォームから来る画像を返します。
  • オーガニック検索結果では、動画がテキストを上回り、50倍以上の確率でランクインしています。
  • Z世代とミレニアル世代では、62%が検索結果を視覚的に確認することを好み、求めています。
  • 動画広告の視聴率は最も高く、その人気は衰えることを知りません。

音声検索の統計

Alexa、Siri、Google Homeなどのデバイスにより、音声検索は、あなたの心の中にある必要なものを検索する方法として、より一般的になりつつあります。

  • 音声検索の結果は、平均して29ワードしかありません。
  • 音声検索は、平均的なページロード時間より52%も速い、わずか4.6秒です。
  • 世界には35億人のスマートフォンユーザーがおり、そのうち11億人(約27%)が毎週音声通話を利用していると言われています。
  • AlexaとGoogle Homeは、アメリカの家庭で5,000万台以上使われており、浸透しています。
  • 2022年末には、55%の家庭にスマートスピーカーが設置されると言われており、ますます近未来的な世界に近づいてきています。

結論

このように、SEOは、オンラインでビジネスや人気を高めるために、今でも非常に実用的で有益なアプローチなのです。さらに、SEOは最も需要の高いスキルの1つです。このSEOという広いテーマの中で、さまざまな専門分野や業界で多くの機会があり、GoogleのSERPsでビジネスをランキングする可能性が高まります。

多くのSEO専門家がいる中で、あなたのビジネスを後押しし、Google検索の最初のページにあなたのウェブサイトを取得することができない理由はありません。

Ranktrackerを無料でお試しください。