競合他社の分析

  • Felix Rose-Collins
  • 2 min read
競合他社の分析

目次

イントロ

競合他社がどのような販売促進策をとっているのかを把握しようとする場合 競合他社がどのような販売促進策を講じているのかを把握したいとお考えなら、競合他社分析 競合分析を行うことになるでしょう。

この戦略によって、あなたが苦手とする分野で、競合他社がどのように成功しているかがわかります。 競合他社がどのように成功しているのかを知ることができます。しかし しかし、成功しているサイトであっても、競争力のあるレベルを維持するため しかし、成功しているサイトであっても、競争力のあるレベルを維持するために、時折、競合分析を行うことは有効です。

競合分析が必要な理由

競合分析を行うことには、多くの利点があります。以下はその一部です。 主なものをご紹介します。

  • 将来戦略の策定

  • 市場における自社の位置づけの把握

  • キャンペーンの改善点の把握

  • 市場トレンドの確認

競合分析とは、必ずしも競合がやっていることをそのまま真似るためのものではないことに留意してください。 競合他社が行っていることをそのまま真似ることができる、というものではありません。 と思われるかもしれません。各社各様であり、一概に他社の戦略と比較することはできません。 ある会社の戦略を他の会社の戦略と直接同一視することは困難です。このような分析から得られる情報は を把握することができます。 強化できるかを知ることができます。

この種の分析は、本当に大規模なキャンペーンのためにのみ有用であること を争う競合他社がたくさんいる場合にのみ有効です。

競合他社の分析結果を見ることで、クライアントが喜んでくれるからです。 を提供し、実際にマーケティング手法の改善に取り組んでいることがわかるからです。 クライアントが競合分析を好むのは、あなたが約束を果たし、マーケティング手法の改善に実際に取り組んでいるからです。

競合分析の仕組み

競合分析の主な3つのステップを紹介します。

  • 分析の実行

  • 収集したデータの確認

  • 今後のステップをレポート化する

競合他社分析の実施

この最初の段階は、競合分析の成果を決定する重要な段階です。 を決定するからです。まず、適切な競合他社を見つけ、その競合他社が何をしているのか 競合他社を見つけ、彼らが何をしているのか情報を収集することから始める必要があります。以下はその例です。 この分析段階の3つのパートをご紹介します。

類似の競合他社を見つける

最初にやるべきことは、適切な競合を選択することです。 この競合は、あなたのビジネスと比較可能であることを確認する必要があります。 というのも、10倍以上の規模のビジネスと比較するのは意味がないからです。 同じ目的を持っていない可能性が高いため、10倍の規模のビジネスと比較する意味がないからです。

なぜなら、このような分析で得られる情報は、実用的なものではないからです。 というのも、このような分析で得られる情報は、実用的なものではないからです。 つまり、ビジネスの規模を拡大することはできないのです。

しかし、競合他社から得た情報が全く役に立たないというわけではありません。 全く役に立たないというわけではありません。たまたま大企業のデータを入手したのであれば、それを保存しておけばよいのです。 ければ、それを保存しておくことで、将来のビジネスの成長に役立てることができます。 ということです。

また、競合他社をいちいち分析する必要はありません。 競合他社をいちいち分析する必要はありません。必要なのは 主な競合を特定し、それらを分析する必要があります。 あなたのビジネスにとって最大の脅威となります。

脅威を見極めるには、経験と知識が必要です。もし クライアントのためにこの分析を行っているのであれば、クライアントに綿密なインタビューを行い どのような顧客をターゲットにしているのか、また、どのようなサービスや商品を をターゲットにしているのか、どのようなサービスや製品を販売しようとしているのかを把握する必要があります。

インタビューでは、自分がその製品やサービスを求める顧客であるかのように質問をします。 のように質問をすることです。 主な競合他社を指摘しやすくなります。

また、当社の「キーワード検索」(/keyword-finder/)を使って、競合と重複するキーワードを見つけることもできます。 キーワードの重複を把握することができます。これによって キーワードと、クライアントと競合のトラフィック量を比較することができます。 を比較することができます。

キーワードを探しているのなら、迷わずRanktrackerの詳細なキーワード検索ツール の詳細なKeyword Finderツールをご利用ください。

また、ビジネスのどの領域で分析を行うつもりなのかを知っておき、その領域に完全に焦点を当てるようにします。 を分析し、散漫なアプローチではなく、完全にそこに焦点を当てるようにしたい。 また、どの分野の分析を行うつもりなのかを把握し、散漫なアプローチではなく、完全にそこに焦点を合わせるようにしたい。

例えば、代理店の競合分析を行う場合、ソフトウェアのサイトは避けるべきでしょう。 例えば、代理店向けの競合分析であれば、ソフトウェアのサイトは避けます。多くの企業は複数のサービスを提供しています。 多くの企業が複数のサービスを提供しています。 を行う必要があります。

Ranktracker Keyword Finderを使って、キーワード検索を行うことも可能です。 を検索して、競合を排除することができます。もし、あなたがクライアントと一緒に仕事をしているのなら クライアントと一緒に仕事をしている場合は、クライアントのメインキーワードを把握し、そのキーワードをソフトウェアに通す。 そうすることで、競合他社やそのランキングを見ることができます。

これにより、あなたやあなたのクライアントが心配する必要がある競合他社を簡単に判断することができます。 このように、どの競合のことを心配する必要があるのかを判断しやすくなります。手動でサイトを確認し 実際に同じ分野にいることを確認します。

監査テンプレートを記入する

次のステップでは、検索で集めた情報を監査用テンプレートに記入します。 を記入します。その際、必ず を入力する必要があります。 を入力してください。表は、アイテム、それを見つけるために使用したツール、そして テーブルには、項目、それを見つけるために使用したツール、およびそれが適用される企業の種類で構成されます。

迅速な監査を行うには、Ranktrackerの監査ツールを使用することをお勧めします。 このツールは、使いやすく、かつ強力に設計されています。

監査用テンプレートに掲載される情報には、以下のようなものがあります。 会社の年齢、サイトのURL、会社名、従業員数などです。 従業員の数などです。また、会社の使命や倫理観 会社の使命、倫理観、職場精神に関する情報も収集するとよいでしょう。

このような情報は、通常、サイトの会社概要のページで見ることができます。 手動で収集する必要があります。また、特定のプラグインを使用すると、より簡単に情報を見つけることができます。 を使えば、より簡単に情報を見つけることができます。

あなたが探している会社についてのいくつかの基本的な情報を決定した後 の基本情報が決まったら、その会社のサイトをよく見てみましょう。そうすることで アップロードしているコンテンツがどのようなものなのか、その品質や一貫性 どの程度の頻度でアップロードしているのか、その品質や一貫性アップロードの頻度 どの程度の頻度でアップロードされているか、またエンゲージメントのレベルにも注目しましょう。

また、ソーシャルメディアにおけるその企業の存在感を確認し、その企業のサイトに登録することもできます。 ニュースレターの購読を申し込むのもよいでしょう。 の品質を確認することができます。

ただし、その会社だけに頼るのではなく、その会社から得られる情報 情報を得ることができます。第三者によるレビューも参考にしてください。 をご覧ください。

グラスドアも優れた情報源です。 に使用される人々から直接会社の内部構造に関するいくつかの情報を取得します。 働くことができます。

テンプレートに記入する欄は、あなたがスカウトしようとしている企業に関するものだけであることを心に留めておいてください。 あなたがスカウトする企業の種類に関連するものでなければならないことに留意してください。例えば、Eコマースの会社であれば の場合、Eコマースの項目は記入しますが、ローカルビジネスやリードジェネレーションの項目は無視してもかまいません。 ローカルビジネスとリードジェンセクションは無視して構いません。

ありがたいことに、これらのテンプレートは、作業が簡単で、前もって知っておくべきことをすべて教えてくれます。 を、前もって教えてくれるのです。 初心者のために。

監査のアウトソーシング

情報収集が面倒なため、多くの企業は、監査の最初の部分をバーチャル・アシスタントに委託することにしています。 をバーチャル・アシスタントにアウトソーシングすることがあります。 これは、あなたが必要な情報のすべてを得ることができるようにしながら、より良い他の時間を費やし 時間を費やすことができます。情報の準備ができたら、あなたはそれを介して行くことができます あなた自身。

データ分析

競合分析の第二段階は、収集したデータを実際に分析することです。 収集したデータを分析することです。最初のステップと同様に、このプロセスにも3つのステップがあります。 このプロセスにも3つの段階がある。

監査テンプレートを確認する

競合他社が何をしているのかを把握するために、テンプレートに目を通す。 競合他社が何をしているかを把握する。

バーチャルアシスタントを利用してレポートを作成した場合は、以下の点を確認する必要があります。 また、すべての項目が記入されているか、情報に問題がないか を確認する必要があります。

概要のポイント

次に、手間のかかる部分です。次に時間がかかるのは て、競合が何をしているのかを把握し、自社と比較することです。 あなたのビジネスと比較してください。目を引くものはすべて、後で見るために ハイライトしておくとよいでしょう。

例えば、あなたのビジネスの目的は同じですか?顧客は? 顧客は?会社はどのように目標に到達しているのでしょうか?自社よりもリーズナブルな価格体系を採用しているか? 自社よりも合理的な価格体系を採用しているか?これらの質問をすべて頭に入れながら を念頭に置きながら、情報収集に努めてください。

先に述べたように、その会社についてのレビューを読むことで、その会社についてより詳しく知ることができます。 を読むことで、その企業についてより深く知ることができ、収集したデータと組み合わ これとあなたが収集したデータを組み合わせることで、あなたに多くのことを伝えることができます。

もし、競合他社が自分より良い業績を上げていると感じたら、その会社の従業員数を調べてみてください。 の人数を調べてみてください。もし、彼らの方が ているのであれば、それは通常、より多くの資金をビジネスに投入してい ということです。もちろん、常に多くの資金を投入できるわけではありません。 るとは限りませんが、自分の調査結果をクライアントに提示する際には、このことを考 このことを考慮してください。

また、競合他社と大きな差がある分野にも目を向けるべきでしょう。 また、競合他社との間に大きな相違がある分野にも目を向けるべきです。これは通常、あなたが最も役に立つ洞察を見つけるところです。 最も有用な知見が得られる場所です。

もし、競合他社があなたよりリード数が多いにもかかわらず、あなたより良い結果を出している場合 ているのであれば、価格面で勝っている可能性があります。このような場合 のであれば、価格を下げるか、あるいはカスタマーサービスや配送など を改善する必要があるかもしれません。

また、広告のトラフィックコスト、検索エンジンのトラフィック、ドメインの紹介、ドメインオーソリティを比較する必要があります。 参照、およびドメインの権威を比較する必要があります。あなたが改善したいと思う領域を探索するようにしてください。 改善したいと思う分野、また、クライアントが要求している分野を探るように 改善したい部分と、クライアントが改善を求めている部分をそうすることで、今後のキャンペーンをより戦略的に進めることができます。 キャンペーンを行うことができます。

インサイトを具体化する

分析中に気づいたことをすべてメモし を取り、インサイト用シートの特別な場所に保管する。そうすることで 後で必要なときに、簡単に情報を見つけることができます。

クロール検索の実行

検索エンジンは、クローラーと呼ばれる機械を使って、ウェブサイトを巡回し を判断し、検索結果に表示させます。 検索結果ページに表示します。

競合他社をすべてクロールする必要はないことを念頭に置いてください。 特に、あまり詳しく見たくない競合他社は、クロールする必要がないことに留意してください。この このリソース集約的な手法は、もう少し詳しく知りたい身近な競合他社だけ 競合他社についてもう少し詳しく知りたい場合にのみ必要です。クローリング リソースには、SiteBulbやDeepCrawlがあります。

サイトの技術的な側面は、技術的な監査によって達成されるので、あまり詳しく見るべきではありません。 技術的な面は、技術的な監査によって達成されるものだからです。しかし 重要な領域で、なぜ彼らがあなたに勝っているのかを見たいと思うでしょう。

例えば、競合のサイトの読み込み速度や、サイトの構造、ページ数など どのような構造になっているか、ページ数はどれくらいか、などなど。 注目すべき点です。

また、この時点で、自分のサイトと競合のサイトを比較することから始めるべきでしょう。 この時点で、競合と比較するために、自分のサイトも見始めてください。そうすることで を統合しやすくなります。

ニッチの異なる競合他社は、もう少し解析に手間がかかることを覚えておいてください。 解析する必要があります。あなたが働いている業界やニッチに関連する結果だけを見るべきでしょう。 他の製品やサービスを見てしまうと、結果的にあなたの考えが歪んでしまうからです。 というのも、他の製品やサービスを見ると、結果が大きく歪んでしまうからです。

競合キーワードの分析

競合のキーワードを分析することで、上位の競合がどのようなキーワード戦略をとっているのかがわかります。 競合他社がどのようなキーワード戦略をとっているのかを把握することができます。

これにより、自分のキーワード戦略を立てやすくなるのはもちろんのこと また、競合がどこに遅れをとっているのかを知ることができます。 これにより、相手の弱点を利用することが容易になります。

キーワードファインダー](/keyword-finder/)を使って、ギャップ分析を行い、自社と競合のキーワードの違いを把握することができます。 競合とのキーワードの違いを把握することができます。

このツールを使うには、競合のURLと自分のURLを入力します。 を入れて、それぞれの順位を確認することができます。

どのようなキーワードで検索すればよいのかがわかるので を知ることができます。 に送ってください。

バックリンクをもっと詳しく見る

バックリンクは、検索エンジンで上位に表示されるために重要な要素です。 というのも、リンクが多いということは、そのサイトのオーソリティが高いということだからです。 レベルであることを意味するからです。バックリンクの分析を行うことで、競合他社にリンクしているサイトをより詳しく知ることができます。 あなたの競争相手にリンクしているサイトについてこれは、以下を使用して行うことができます。 Ranktrackerのバックリンクツールは、近日中にリリース予定です。

まず、競合が持っているバックリンクの数を見ることから始めましょう。 リンクは高品質である必要があることに留意してください。Googleは は低品質のリンクで占められているサイトにペナルティを課します。

サイトのリンクの質を判断する良い方法は、以下の通りです。 そのサイトに存在するユニークなリンクの数です。

あなたのウェブサイトが可能な限り最高の品質であることを確認するには、次のようになります。 外部リンクと独自リンクの量が比較的均等であることを確認する必要があります。 ユニークなリンクがあることを確認する必要がありますが、それはあなたが少なくともいくつかの可能性があります より多くの外部リンクを持っている可能性が高いです。

競合他社のリンクをより詳細に調べるには、単純に リンクをクリックすると、そのリンクがどこにつながっているかを見ることができます。例えば 競合他社がブログで紹介されていることに気づいたら、そのブログの運営者に連絡を取り、あなたのビジネスを紹介してもらうことができます。 そのブログの運営者に連絡を取り、あなたのビジネスもそこで紹介される可能性 を紹介できるかもしれません。

また、そのリンクが本物か、それとも有料かを判断することもできます。 を判断することもできます。 競争相手となります。

次にすべきこと

すべてのデータに目を通し、それを分析したら、最後に 専門家でなくても理解できるように、レポートにまとめましょう。 レポートとしてまとめ、専門家でなくても理解できるようにします。その際、必ず できるだけ簡潔に、そして推奨される行動指針を記載するようにしましょう。 を書くようにしましょう。

全体計画のためのインサイトを探す

クライアントがいる場合は、調査結果を要約したものを提供する。 を提供し、その結果、最も重要なデータが何であるかを判断してもらう。 報告書の中で最も重要なデータが何であるかを把握できるように、調査結果の要約を提供する必要があります。

また、競合他社が成功していない分野で成功している理由と、その理由についてのあなたの考えを説明する必要があります。 と、その理由についてのあなたの考えも述べてください。 を説明する必要があります。

グラフやその他の視覚的な補助を使用して、レポートの主要なポイントを紹介することができます。 報告書の主要なポイントを紹介します。このとき、さらに詳しく説明することを恐れないでください。 このとき情報は少ないより多いほうがいいのです。

常に、調査結果の最も重要な側面から説明することから始めましょう。 を最初に説明します。また、どのようにしてその情報を得たのか、その経緯も説明しましょう。

また、クライアントと競合の違いも説明する必要があります。 クライアントがより認識できるように、競合との違いも説明する必要があります。 変更する必要があります。

例えば、競合他社が質の高いコンテンツを持っていることに気づいたら、そのコンテンツの一部をクライアントに見せ、なぜそのコンテンツが優れているのかを具体的に説明します。 そのコンテンツの一部をクライアントに見せ、なぜそのコンテンツで その理由を説明します。コンテンツの分析から得られるインサイトを指摘し、クライアントが コンテンツ分析から得られるインサイトを指摘する。 自社の戦略に反映させる。

また、プレゼンテーションの最後には、分析結果の重要なポイントを述べることを忘れないようにしましょう。 を説明する。

報告書を広める

報告書を作成したら、適切な相手に送付する必要があります。 に送る必要があります。これは、あなたのクライアントか上司のどちらかになります。そうすることで あなたの分析が成功したことを示すと同時に、ビジネスを成功させるために必要な ビジネスを成功させるために必要な戦略的概観を提供します。

競合分析に膨大な時間を割くべきではないことを心に留めておいてください。 を取るべきではありません。このように、競合分析には膨大な時間をかけるべきでないということを念頭に置き、素早く、そして簡単に行うことができれば、きっと良い結果が得られるでしょう。 を見ることができるでしょう。

Ranktrackerを無料でお試しください。