• SEOを学ぶ

数字より人。SEO対策はなぜユーザーを重視する必要があるのか?

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
数字より人。SEO対策はなぜユーザーを重視する必要があるのか?

イントロ

今日のデジタル社会では、消費者にリーチするためには、通常のマーケティング戦術以上のものが必要です。多くの情報が多方面から発信され、多くの企業がその中から選択する中で、際立った存在になるためには、それ以上のものが必要なのです。特に、ユーザーや消費者に対しては、単に売上を上げるための数合わせのマーケティングではなく、具体的に対応することが必要です。

さらに、最も人気のある検索エンジンであるGoogleは、人間が作り、人間が使っている。人間の知能に合わせ、人間の思考を理解しようとするアルゴリズムを利用している。要するに、人間主導なのです。そのため、SEO対策も、Googleで上位に表示されるようにするためには、人間主導で、ユーザーに焦点を当てたものである必要があるのです。

SEOは、ある種の数字ゲームです。しかし、戦略を練る際には、何をし、なぜそれをするのか、その中心に顧客を据える必要があります。指標を重視するだけでは、ターゲットとなるユーザーとの結びつきが弱くなり、上位表示やコンバージョンの増加、売上の増加を目指す際に役に立ちません。

今回は、ユーザーや消費者に焦点を当てたSEO対策がなぜ重要で効果的なのか、また、どのように戦略を立てればよいのかについて詳しくご紹介します。

Consumers Have the Power (画像出典:Pexels)

コンシューマーが力を持つ

以前は、マーケティング戦術は、単に販売するための最善の方法に焦点を合わせていました。選択肢はそれほど多くなかったので、企業はすべての権力を握っており、消費者に製品を買うように説得するためにそれほど努力する必要はなかったのです。マーケティングとは、なぜこの製品やサービスが必要なのか、なぜこの製品なしには生きていけないのかを顧客に伝えることだったのです。

今日、そのような販売戦術は通用しません。多くのブランドや製品の中から選ぶことができ、消費者が購買力を持つようになったのです。その結果、消費者がブランドとどのように接し、何を期待するかが変化しています。

この関係では、お客様が力を持つようになり、その逆ではなくなりました。もちろん、お客さまが物を必要とすることに変わりはありませんが、お客さまが多くの選択肢を持つことで、企業はより脆弱な立場に置かれることになります。

そのため、ただ「この商品が必要です」と伝えるだけではダメで、「なぜこの商品・ブランドが良いのか」を示し、消費者が他のブランドではなく、自社を選ぶように仕向けなければならないのです。

エクスペリエンスエイジ

そのため、私たちは今、"エクスペリエンス・エイジ"と呼ばれる時代に生きています。消費者がすべての力を握っているので、彼らはより多くの要求をすることができます。より良い体験を提供してくれるブランドを求めているのです。

売買は、もはや単なる取引ではありません。顧客が必要なものを他の多くの場所で手に入れることができるようになった今、顧客はより魅力的な体験を提供し、あなたを頼りにするブランドとして選択しなければならないのです。

しかし、それは具体的に何を意味するのでしょうか?従来は単なる取引であったものを、どのようにして全体的な体験に変えることができるのでしょうか。

ユーザー視点に立ったコンテンツが鍵

その答えは、消費者志向のコンテンツ、つまりユーザー志向のコンテンツです。単に売上を上げることに重点を置いたSEOやマーケティング戦略を展開するのではなく、消費者とつながるための最高の体験を生み出すことに重点を置く必要があります。

今日の消費者は、驚かされることを望んでいます。彼らは、より親近感があり、個人レベルでつながることのできる、本物で透明なブランドを求めています。顧客は自分が何を求めているかをすでに知っています。教えてもらうのではなく、見せてもらうのです。なぜ、あなたのブランドや製品が最高なのかを証明してほしいのです。

ブランドの価値を証明するには、ユーザーを重視し、消費者とのつながりを深め、企業が消費者を単なる取引以上の存在として見ていることを示す、勝利のSEO対策が必要です。

User-Focused Content Is Key (画像出典:Unsplash)。

ユーザーを重視したSEO戦略の構築方法

SEO戦略を構築する際、物事を複雑にしすぎて、何が重要なのか、つまり顧客を見失ってしまいがちです。SEO対策は複雑ですが、数字にとらわれないことが大切です。

結局のところ、重要なのは数字ではありません。重要なのは、あなたの顧客が誰で、何を求めているか、そして、あなたのブランドと提供するものについてどう感じているかということです。しかし、ユーザー重視の戦略を立てる前に、SEOの基本的な要素を理解しておくとよいでしょう。SEOには、基本的に4つの主要な柱があります。

  1. テクニカルSEOは、主にコンテンツが検索エンジンによってクロールされ、インデックスされるようにすることを目的としています。コンテンツがどんなに優れていても、技術的な問題があれば、検索エンジンに見つけてもらうことはできません。技術的な問題があり、検索エンジンが見つけられなければ、あなたのコンテンツは決して上位に表示されることはありません。
  2. オンサイトSEOは、自社ウェブサイトのコンテンツに関するものです。このコンテンツが特定のキーワードで上位表示されるように最適化されることで、ターゲットとするユーザーに届き、Webサイトへのトラフィックを促進することができます。
  3. オフサイトSEOは、権威を築き、Googleがあなたに有利になるようにすることです。これは、多くの場合、リンクビルディングによって行われます。
  4. コンテンツは王である、と言われます。コンテンツは、オーディエンスとつながり、彼らが必要とする答えを提供し、彼らが探しているものを見つけるのを助けるために使用されるものです。

ユーザーを重視したSEO戦略を立てる際には、コンテンツに焦点を当てるべきです。コンテンツは、お客様を驚かせ、お客様が求めている体験を提供する方法なのです。

以下は、よりユーザーにフォーカスした戦略を立てるためのヒントです。

ターゲット層の調査

SEO戦略のステップ1は、ターゲットとする顧客層を調査し、彼らの購買習慣や、彼らがあなたのビジネスに何を求めているかを理解することです。もし、あなたの顧客が誰であるかを知らなければ、どのように彼らにアプローチし、彼らが他のブランドではなくあなたのブランドを選ぶように影響を与えることができるでしょうか?

この段階では、マインドマップを使って、顧客とその考え方を視覚的に把握することが有効です。例えば、ユーザーペルソナを作成し、ユーザーがあなたのブランドと接触する際のカスタマージャーニーや、一般的な購買ジャーニーがどのようなものかをマッピングすることができるのです。

適切なキーワードを使用する

コンテンツに使用するキーワードは、コンテンツが意図した読者に到達するかどうかにおいて、重要な役割を果たすこともあります。ターゲットとするユーザーを理解するための最初の調査段階として、どのようなキーワードがユーザーに最も響くかを調べるために、キーワード調査を行う必要があります。適切なキーワードを使えば、ユーザーが探しているものを簡単に見つけられるように、コンテンツを最適化することができます。

UXを重視したウェブサイトの構築

SEO対策においてもう一つ重要なことは、Webサイトがアクセスしやすく、ユーザーフレンドリーであることを確認することです。ウェブサイトが優れたUX(ユーザー・エクスペリエンス)デザインでなければ、顧客にとって不快なものとなりかねません。サイトが使いにくい場合、将来的に購入したり、ブランドを選択したりすることを躊躇させる可能性があります。

検索しやすく、操作しやすく、わかりやすいウェブサイトを作らなければなりません。読み込みが遅く、検索しにくく、ナビゲーションが難しいウェブサイトでは、たとえ内容がよくても、顧客を失うことになりかねません。

質の高いカスタムコンテンツを作成する

コンテンツを作成する際には、できる限りお客様のためにカスタマイズされたものを作成しましょう。お客さまがコンテンツとつながり、共感してくれればくれるほど、お客さまはあなたのブランドでより良い体験をすることができます。そして、その顧客は、あなたのブランドで買い物をし続け、他の人にあなたを薦めるようなロイヤルカスタマーになる可能性が高くなります。

そのためには、コンテンツは顧客の欲求や興味に応えるものでなければなりません。売り込みのようなものではなく、信頼性と透明性を感じられるものでなければなりません。そして、最も重要なことは、あなたの顧客層と同じように、ユニークで多様であることです。もし、あなたのコンテンツがすべての顧客を反映していなければ、顧客を惹きつけることはできないでしょう。

魅力的で没入感のあるコンテンツ体験の提供

優れたコンテンツには、単なるテキストやコピーだけではありません。あなたのコンテンツは、非常に魅力的で、さらにインタラクティブであるべきです。つまり、ビデオコンテンツやウェビナー、ソーシャルメディア上のライブストーリーなどを活用することです。

ユーザーの注目度はかなり低いので、ユーザーを驚かせるには、コンテンツへの関与を促す必要があります。ただ「投稿」ボタンを押して終わりではありません。顧客と対話し、コメントに応答し、インタラクティブで没入感のあるライブビデオを開催してください。

マルチチャネルマーケティングの活用

ユーザーを魅了するコンテンツを作るには、彼らがいる場所にいなければなりません。そして、今日の消費者は、数多くのチャンネルで非常にアクティブに行動しています。

ウェブサイトや単一のソーシャルメディアに固執しないでください。複数のマーケティングチャネルを活用することで、リーチを広げ、顧客ベースを拡大することができます。

結果を測定し、調整する

もちろん、SEO対策の成功の鍵は、結果を測定し、目標に沿った順位であることを確認することです。良いコンテンツを作ったと思っても、それが実際に機能しているとは限りません。

ウェブサイトを監査し、コンテンツを公開している各所から指標を収集して、パフォーマンスを総合的に把握することが重要です。そうすることで、何がうまくいっているのか、何がうまくいっていないのかを確認することができます。そこから、より良い結果を得るために必要な調整を行うことができます。

最終的な感想

スピードの速いデジタルの世界では、すべてが「体験」です。人々はこの時点で多くのことを聞き、行い、見てきたため、基本的な情報に対して無感覚になっています。今、顧客に自社ブランドを選んでもらうには、質の高い体験を提供しなければなりません。

お客様に目を向けるために、あなたは何をしていますか?そして、より良い体験を提供するために、さらに何ができるでしょうか?お客さまの欲求を重視すればするほど、より成功するビジネスへと成長することができるのです。

Felix Rose-Collins

Felix Rose-Collins

is the Co-founder of Ranktracker, With over 10 years SEO Experience . He's in charge of all content on the SEO Guide & Blog, you will also find him managing the support chat on the Ranktracker App.

Ranktrackerを無料でお試しください。