• SEOを学ぶ

検索ボリュームの少ないキーワードに手を出すべき理由

  • Felix Rose-Collins
  • 1 min read
検索ボリュームの少ないキーワードに手を出すべき理由

イントロ

競合が少なく、コンバージョン率の高いキーワードを見つけることは、SEOの夢です。どのようなトレーニングを受けたかに関わらず、キャリアのある段階において、大量のキーワードをターゲットにするように言われることがよくあります。しかし、全体的な知名度の向上やサイト内コンバージョンの増加という点では、こうした派手なキーワードがすべてではありません。

検索ボリュームの少ないキーワードをどう扱うかは、上位に表示され、ユーザーを引き付け、コンバージョンにつながるページを作るか、SERPの5、6、7ページ目に留まっているページを作るかの分かれ目となります。

理想的な」検索ボリュームはあるのでしょうか?

理想的な検索ボリュームは必ずしも存在しない。キーワード調査のベストプラクティスの1つは、数字にとらわれないことです。ある業界では価値のあるキーワードの月間検索数が10,000を超えていても、別の小さな業界では100以下であることもあります。

ターゲットキーワードの選定において、検索ボリュームが最も重要な要素の1つであることは周知の通りです。誰も検索していないキーワードでコンテンツを公開しても、文章力を磨く以外には意味がないからです。しかし、検索ボリュームの多いキーワードが常に少ないキーワードに勝るというわけではありません。

大量のキーワードを使用すれば、コンテンツへのトラフィックを増やすことができますが、必ずしも最適な選択とは限りません。キーワードは広範すぎることが多く、意図的に最適化されていないため、コンテンツを書く人が誤解し、結果的にユーザーを満足させることができないページになってしまうことがあるのです。

Is there an ‘ideal’ search volume?

目標は、低ボリュームのキーワードと中ボリュームのキーワードをうまく組み合わせることです。そうすることで、中程度の競合しかいないキーワードでもSERPsで競争することができ、かつターゲットとなるトラフィックをあなたのサイトに導くことができるようになるのです。

どこまで下げられるか?

この答えもまた、あなたの業界に完全に依存します。あなたのサービスやアドバイスがかなりニッチであれば、SERPsで大量のキーワードで戦う余裕があります。

しかし、広く検索されているキーワードは(大きな分野と比較すると)それほど多くないことがわかるでしょう。もしわからない場合は、優秀なSEOエージェンシーが、価値のあるキーワードと時間を浪費するキーワードを見分けることができるでしょう。

飽和状態にある市場であれば、検索ボリュームが少なくても大丈夫です。これらのキーワードを検索する人がわずか40人であっても、チャンスは、高ボリュームの用語のランキング位置のためにあなたの業界で最大の企業と戦うことを試みるよりも多くのトラフィックを持っているでしょうされています。

検索ボリュームの少ないロングテールと、検索ボリュームの多いショートテール、どちらのキーワードを使うべきでしょうか?

ロングテールキーワードは、ショートテールキーワードと比較すると、検索ボリュームが少ないという性質があります。つまり、誰かが「白いトレーナー、赤いディテール」と入力する可能性は、単に「白いトレーナー」と入力するよりもはるかに低いのです。しかし、ロングテールキーワードの使い方を知っていれば、ショートテールキーワードが最適というわけではなく、多くの見返りがあります。

Keyword Finder Results

Keyword Finder Results

あなたは清掃業を営んでいるとします。あなたは、より広い聴衆にあなたのサービスを促進し、これがもたらすだろうクリーニングの予約の流入を享受するために探しています。あなたはキーワードの研究と分析のビットを行った後、 "家のクリーニング "は、月に数千の検索を持っていることがわかります。素晴らしい、右か?

さて、この検索の意図を考えてみましょう。彼らは、必ずしもプロのサービスを求めているわけではなく、掃除用具や家の掃除方法、掃除の頻度などに関する情報を求めているのかもしれません。

コンバージョンを積み上げたい場合は、検索ボリュームの少ない長めの言葉、「プロのハウスクリーニングサービス」、「プロの商業クリーニング」、「プロのフラットクリーニング」などを試してみてください。

毎月の検索回数は少ないものの、検索結果の順位付けが容易で、最も重要なことは、適切な種類のトラフィックをあなたのウェブサイトに導くことです。彼らはプロのクリーニングサービスに関する詳細情報を探している、あるいはクリーニング業者をその場で予約する準備ができていることを知っているのです。

検索ボリュームの少ないキーワードを使用するメリット

低い競争率

まず、(一部の人にとって)明白なことから説明しましょう。競合他社の多くは、検索ボリュームの少ないキーワードに手を出さないか、何をすればいいのかわからないでしょうから、市場が飽和状態になることはありません。

Low competition

このように競合が少ないということは、誰かがこのクエリを入力した場合(検索ボリュームが少ないということは、検索ボリュームがないということではありません-人々はまだ検索しています!)、あなたのページがうまく最適化され、読者に役立ち、クエリに答えていれば、問題なくランキング順位を獲得できるはずだということです。

検索ボリュームが少ない=意図的な最適化の可能性が高い?

意図最適化(ユーザー意図最適化、検索意図最適化とも呼ばれる)の目的は、検索者の期待やニーズを満たすようにサイトのコンテンツを調整することです。これにより、あなたのページで検索を行うと、検索者のニーズを満たす価値ある有益な情報が表示されるようになります。

検索ボリュームの少ないロングテールキーワードは、より説明的なキーワードになることが多いです。そのため、意図をより明確に把握することができます。このため、キーワードを検索した人がどのような意図で検索しているのかを把握することで、ターゲット層にとってより価値のあるコンテンツを作成することができます。

要するに、検索ボリュームの少ないロングテールキーワードのページを作ることで、意図も最適化することができるのです。検索ボリュームの多いショートテールキーワードよりも、より具体的なキーワードであるため、ユーザーが何を求めているのかがよくわかるのです。

新たなトレンドに乗る

キーワードのボリュームが少ない理由の1つは、そのテーマやトレンドがまだ新しいからかもしれません。素早く参入し、足跡を残し、ランキング入りした後も、トレンドの流れに合わせてこれらのページを更新し続けましょう。

Hopping on emerging trends

検索ボリュームの少ない特定のキーワードの短い文字列は、あなたの業界における最新の思考回路の出現、新しい顧客ニーズ、新たなペインポイントの兆候である可能性があります。

例えば、「ビットコイン」という言葉を考えてみましょう。2014年初頭にこのキーワードの調査をしていたら、2017年に人気(と検索数)が急上昇しただけで見送ったかもしれません。

Bitcoin search trends

道を切り開く

あなたも、あなたのライバルも、業界の声を共有することができます。どの程度のシェアを持つかは、完全にあなた次第です。

ニッチな業界で多くの語句(検索ボリュームの多いキーワードと少ないキーワードの両方)でランクインすると、その分野の専門家として一目置かれるようになるのです。例えば、「カーペットのクリーニング頻度」、「オーブンクリーニングの定期的な予約」、「入居後のクリーニング」などで上位にランクインすると、プロのクリーニングに関するナンバーワンのリソースとして認識されるようになります。

検索ボリュームの少ないキーワードをどうするか

製品説明

eコマースサイトの場合、商品説明文はロングテール、ローボリュームのキーワードに最適な場所です。ユーザーが探している商品を正確に提示できれば、すべての候補を探し回る必要がなく、購入の確率が上がります。

自分にとって素晴らしいだけでなく、お客様にとっても、何を買っているのかを正確に知ることができるのはメリットです。

FAQページ

FAQページなどのコーナーストーン・コンテンツは、ボリュームが少ないキーワードの理想的なハブです。これらのページはコンバージョンにつながる可能性は低いですが、ブランドの認知度を高め、業界におけるあなたの専門性を強調し、その特定のユーザーに対する信頼を築くことができるのです。

ある問題について必死に検索しても、一般的なページが表示されるだけで答えにならないとします。そこで、その問題を説明することにしました。具体的に説明するのです。

よくある質問と答えのページが表示されます。あなたは安心し、感謝した。その会社のことは知らなかったが、あなたはその会社を高く評価することになるだろう。

ブログ記事

ロングテール、低ボリュームのキーワードは、ブログの記事に適しています。キーワードを調査して、あなたのニッチに直接関連する低ボリュームの用語を見つけることができますか?競合分析を行い、そのキーワードが取り上げられているかどうかを確認します。もし取り上げられていたら、見逃しているものがないか確認し、ヒントや専門家のコメント、コンセプトを説明するビデオなどを追加して、投稿の価値をさらに高めましょう。

もし、競合が検索ボリュームの少ないキーワードに食いついていないのであれば、手っ取り早くブログ記事を作成することができます。情報系キーワードの場合は、あなたのサイトでより価値の高いページに誘導することができます。サービスページやトップページなどです。

キーワードの使用は、派手さや刺激に欠けるかもしれませんが、あなたのサイトに多大な価値をもたらす可能性があります。時間、お金、労力をかけるだけの価値があるのです。

Ranktrackerを無料でお試しください。