SEO用語集 / 302 リダイレクト

302 リダイレクト

302リダイレクトとは?

302リダイレクトは、リクエストされたリソースが一時的に別のURLに移動したことを示します。このHTTPレスポンスコードは、ブラウザに新しいURLに移動するように伝え、検索エンジンのクローラーには、この変更が永続的なものではないことを知らせます。

ユーザーや検索エンジンを別のURLにリダイレクトする方法はいくつかあり、301リダイレクトと302リダイレクトの2種類が主なものです。ユーザーはこの2つの違いに気づかないかもしれませんが、検索エンジンはこの2つを明確に解釈し、SEOに異なる影響を与えます。

正しいタイプのリダイレクトを選択することは、サイトのSEOパフォーマンスに大きな影響を与える可能性があるため、非常に重要です。URLの変更が恒久的なものか一時的なものかに基づいて決定する必要があります。

302リダイレクトの実装方法

302リダイレクトを実装するには、ウェブサイトのルート・ディレクトリにある.htaccessファイルに以下のコードを追加します: Redirect 302 /old-page.html /new-page.html

WordPressユーザーにとって、Redirectionプラグインはコードに触れることなく302リダイレクトを管理するシンプルな方法です。このプラグインを使えば、WordPressのダッシュボードからリダイレクトを作成・管理することができ、一時的なURLの変更を簡単に扱うことができます。

302リダイレクトは301リダイレクトとどう違うのか?

301リダイレクトと302リダイレクトは、どちらもユーザーを別のURLに送りますが、その目的は異なり、検索エンジンによる扱いも異なります。

主な違い

  • 301リダイレクト恒久的な移動を示す。これは検索エンジンに、元のページはもはや古いURLには存在せず、すべてのリンクエクイティは新しいURLに転送されるべきであることを伝えます。
  • 302 リダイレクト一時的な移動を示す。これは検索エンジンに、元のページが戻ってくるので、新しいURLにリンクエクイティを移転させるべきではないことを伝える。

301リダイレクトの使用は、ページが永続的に移動したことを示唆します。これは、検索エンジンがデータベースを更新し、新しいURLをインデックスし、リンクエクイティを転送することを意味します。これは、リブランディングやコンテンツの統合など、サイトの構造を恒久的に変更する場合に最適です。

対照的に、302リダイレクトは移動が一時的であることを示します。検索エンジンは元のURLのインデックスを維持し、リンクエクイティを維持します。これは、期間限定プロモーションの実施、ページのメンテナンス、A/Bテストの実施など、一時的な変更に便利です。

検索エンジン、特にGoogleは、長期間の302リダイレクトを301リダイレクトとして扱う可能性があることに注意することが重要です。

302リダイレクトのSEOへの影響

リダイレクトの種類は、サイトのSEOに大きな影響を与えます:

  • リンクエクイティ301リダイレクトでは、リンクエクイティ(または「リンクジュース」)が新しいURLに引き継がれ、検索ランキングの維持に役立ちます。しかし、302リダイレクトは一時的な変更であるため、リンクエクイティは引き継がれません。
  • インデックスの更新検索エンジンは、リダイレクトの種類に基づいてインデックスを更新します。301リダイレクトは、古いURLをインデックスから削除し、新しいURLに置き換えます。302リダイレクトは元のURLをインデックスに残します。
  • ユーザーエクスペリエンスどちらのタイプのリダイレクトも、自動的に新しいURLにユーザーを送ることで、スムーズなユーザーエクスペリエンスを保証します。しかし、リダイレクトのコンテキスト(一時的か永続的か)は、ユーザーを混乱させないために、ウェブサイトの戦略と一致させる必要があります。

302リダイレクトを使用するタイミング

302リダイレクトは、URLの変更が一時的なもので、すぐに元のURLに戻る場合に使用します。以下は、302リダイレクトが適切なシナリオです:

  • A/Bテスト元のURLのSEOに影響を与えることなく、異なるバージョンのページを比較すること。
  • フィードバックの収集現在のページのランキングを維持したまま、ユーザーを新しいページにリダイレクトしてフィードバックを収集する。
  • ウェブサイトの更新ページが更新されている間、ユーザーを一時的にリダイレクトし、一貫したユーザー体験を保証します。
  • 壊れたページ修復が行われる間、ユーザーを壊れたページから正常なページにリダイレクトする。
  • プロモーションユーザーを一時的なプロモーションページにリダイレクトする。

302リダイレクトのベストプラクティス

302リダイレクトの効果を最大化し、潜在的なSEO上の問題を最小限に抑えるには、以下のベストプラクティスに従ってください:

  • 302リダイレクトは、純粋に一時的な変更の場合にのみ使用しましょう。一時的なリダイレクトを使いすぎると、検索エンジンを混乱させ、サイトのSEOに悪影響を及ぼします。
  • パフォーマンスの監視302リダイレクトのパフォーマンスを定期的にチェックし、正しく機能しているか、サイトのトラフィックやランキングに悪影響を与えていないかを確認しましょう。
  • 明確なコミュニケーションユーザーが一時的にリダイレクトされていることを理解できるようにする。
  • リダイレクトの更新一時的な変更が恒久的なものになった場合は、302リダイレクトを301リダイレクトに更新して、リンクエクイティを適切に移転し、検索エンジンのインデックスを更新する。

302リダイレクトを理解し、正しく実装することで、シームレスなユーザーエクスペリエンスを維持し、SEOの取り組みを保護することができます。リダイレクトとSEOのベストプラクティスに関するより詳細な情報については、GoogleのSearch Centralや MozのGuide to Redirectsなどの権威ある情報源を参照してください。