SEO用語集 / 広告インプレッション

広告インプレッション

広告インプレッションとは何か?

広告インプレッションとは、デジタル広告で使われる指標で、クリックされたかどうかに関係なく、広告が表示された回数をカウントするものです。広告がユーザーの画面に表示されるたびに、1インプレッションとしてカウントされます。この指標は一般的に、広告キャンペーンのリーチと頻度を測るために使用されます。

広告インプレッションの仕組み

広告インプレッションは、広告がウェブページやアプリに読み込まれ表示されるたびに記録される。この指標は、ユーザーとのインタラクションよりも、広告の露出度と視認性に重点を置いている。

例えば、ある広告が100のウェブページに表示され、各ページに10人が訪問した場合、その広告は1,000インプレッションを受け取ることになる。重要なのは、インプレッションは広告のエンゲージメントや効果を測定するものではなく、広告がオーディエンスの前に露出し、可視化されたことを測定するものだということだ。

広告インプレッションの重要性

  • リーチ広告インプレッションは、広告主が潜在顧客に広告が何回表示されたかを把握するのに役立ちます。インプレッション数が多ければ多いほど、幅広い露出を意味します。
  • 頻度この指標は、同じユーザーに広告が表示される頻度を決定するのにも役立ち、最適なパフォーマンスを実現するための広告配信の調整に役立ちます。
  • ブランド認知度高いインプレッション数は、たとえ広告がクリックされなくても、ブランドの認知度と知名度に貢献する。

広告インプレッションの限界

広告インプレッションは、広告キャンペーンのリーチを測定するために重要であるが、広告インプレッションは、広告キャンペーンに関するインサイトを提供しない:

  • ユーザー・エンゲージメント・インプレッションは、ユーザーが広告と相互作用したかどうか(クリック、共有、コメントなど)を示すものではありません。
  • 広告効果広告のインパクトやコンバージョン率を測定する指標ではない。

関連指標

広告キャンペーンのパフォーマンスの全体像を把握するために、インプレッションは多くの場合、以下のような他の指標とともに分析される:

  • クリックスルー率(CTR)インプレッション数に対する広告をクリックしたユーザーの割合。
  • コンバージョン率広告をクリックした後、希望するアクションを起こしたユーザーの割合。
  • エンゲージメント率いいね!、シェア、コメントなどのユーザーインタラクションを測定。

結論

広告インプレッションは、デジタル広告の基本的な指標であり、広告キャンペーンの認知度とリーチを把握するために不可欠です。インプレッションを他のパフォーマンス指標と組み合わせることで、広告主は広告の効果と影響についてより深い洞察を得ることができます。

デジタル広告の指標に関するより詳細な情報については、Interactive Advertising Bureau(IAB)やGoogle Ads Help Centerなどの権威ある情報源を参照してください。