SEO用語集 / アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)

アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)

APIとは何か?

アプリケーション・プログラム・インターフェース(API)は、ソフトウェア・アプリケーションを構築し、相互作用させるためのルールとプロトコルのセットである。APIは、異なるソフトウェア・プログラムが互いに通信することを可能にし、データや機能を簡単かつ安全に交換できるようにする。APIは、リクエストを処理し、企業システムのシームレスな機能を保証する仲介役として機能する。

APIの重要性

1.相互運用性

APIは、異なるソフトウェアシステムを連携させ、相互運用性を高め、多様なプラットフォームや技術間の統合を可能にする。

2.効率性

APIは、開発者が既存の機能を活用できるようにすることで、開発プロセスを合理化し、ゼロからコードを書く必要性を減らす。

3.スケーラビリティ

APIは、複数のサービスやアプリケーションが相互作用し、データを共有できるようにすることで、スケーラブルなシステム・アーキテクチャをサポートし、デジタル・エコシステムの成長と拡大を促進する。

4.セキュリティ

APIはサービスやデータへの制御されたアクセスを提供し、許可されたアプリケーションやユーザーのみが特定のリソースとやり取りできるようにすることで、全体的なセキュリティを強化する。

APIの仕組み

1.リクエストとレスポンス

APIは、クライアント・アプリケーションからリクエストを受け取り、リクエストを処理し、レスポンスを送り返すことで動作する。リクエストとレスポンスは、通常HTTP/HTTPSなどのプロトコルを使用して、あらかじめ定義されたフォーマットに従っている。

2.エンドポイント

APIはエンドポイントを公開する。エンドポイントとは、APIにアクセスできる特定のURLのことである。各エンドポイントはAPI内の特定の機能やリソースに対応している。

3.方法

APIは標準的なHTTPメソッドを使用してアクションを定義する:

  • GET:サーバーからデータを取得する。
  • POST:サーバにデータを送信し、新しいリソースを作成する。
  • PUT:サーバー上の既存のリソースを更新する。
  • DELETE:サーバーからリソースを削除する。

4.認証

APIはしばしば、安全なアクセスを保証するために認証を必要とする。一般的な方法としては、APIキー、OAuthトークン、JWT(JSON Web Tokens)などがある。

APIの種類

1.ウェブAPI

HTTP APIとしても知られるWeb APIは、HTTP/HTTPSプロトコルを使用してWeb経由でアクセスされます。ウェブサービスや統合に広く使われている。

2.REST API

REST(Representational State Transfer)APIは、ステートレス通信と標準HTTPメソッドを使用し、RESTアーキテクチャの原則に準拠している。

3.SOAP API

SOAP(Simple Object Access Protocol)APIは、通信にXMLメッセージングを使用し、厳格な標準とセキュリティ機能で知られている。

4.GraphQL API

GraphQL APIは、クライアントが特定のデータをリクエストすることを可能にし、REST APIに比べてより効率的で柔軟なクエリーを可能にする。

5.内部API

内部APIは、内部システムとサービス間の通信を促進するために組織内で使用される。

6.外部API

外部APIは外部の開発者やパートナーに公開され、サードパーティの統合やコアアプリケーションの機能拡張を可能にする。

APIの使用例

1.統合

APIは異なるソフトウェアシステムを統合するために使用され、プラットフォーム間でシームレスなデータ交換と連携した機能性を実現する。

2.第三者サービス

APIによって、企業は決済ゲートウェイ、ソーシャルメディアログイン、地図サービスなどのサードパーティサービスを自社のアプリケーションに組み込むことができる。

3.モバイルおよびウェブアプリケーション

APIは、モバイルアプリケーションやウェブアプリケーションがバックエンドサーバーと通信し、ダイナミックでインタラクティブなユーザー体験を提供するためにデータを取得・送信することを可能にする。

4.IoTデバイス

APIはモノのインターネット(IoT)デバイスと中央システム間の通信を容易にし、データ収集、分析、制御を可能にする。

結論

APIは最新のソフトウェア開発にとって極めて重要であり、異なるソフトウェアシステム間の効率的で安全かつスケーラブルな通信を可能にします。APIを理解し活用することで、開発者はユーザー体験を向上させ、ビジネス革新を推進する、より堅牢で相互接続されたアプリケーションを構築することができます。

よくある質問

APIキーとは何ですか?

APIキーは、プロジェクトまたはアプリケーションに関連するリクエストを認証するために使用される一意の識別子であり、APIへの安全なアクセスを保証します。

REST APIとSOAP APIの違いは何ですか?

REST APIは標準的なHTTPメソッドを使用し、そのシンプルさとスケーラビリティで知られているが、SOAP APIはXMLメッセージングを使用し、堅牢なセキュリティ機能と厳格な標準を提供している。

どのようにAPIを保護するのか?

APIのセキュリティは、APIキー、OAuthトークン、JWT、暗号化、レート制限やIPホワイトリストの実装などの方法を用いて強化することができる。

APIにおけるエンドポイントとは何か?

エンドポイントとは、APIにアクセスして特定の機能を実行したり、特定のリソースにアクセスしたりできる特定のURLのことである。

APIはウェブアプリケーションとモバイルアプリケーションの両方に使えるのか?

そう、APIはウェブアプリケーションにもモバイルアプリケーションにも使用でき、バックエンドサーバーや他のサービスと通信してデータを取得したり送信したりすることができる。