SEO用語集 / URL検査ツール

URL検査ツール

URL検査ツールとは?

URL検査ツールは、Google Search Consoleで利用可能な機能で、サイトオーナーがウェブページのインデックスステータスを確認できる。また、ウェブページのユーザビリティや構造化データに関する情報も提供します。

URL検査ツールの特徴

  • インデックスステータスウェブページがGoogleにインデックスされているかどうかを確認します。
  • ユーザビリティ情報:ウェブページのモバイルユーザビリティやその他のユーザーエクスペリエンスを評価します。
  • 構造化データ:構造化データと、それをGoogleがどのように解釈するかについての詳細をご覧ください。
  • インデックスのリクエスト:サイトオーナーはGoogleにウェブページのインデックスをリクエストすることができる。

URL検査ツールへのアクセス

URL検査ツールはGoogle専用で、サイトオーナーがGoogle Search Consoleアカウントを通じてのみアクセスできる。

URL検査ツールの使い方

  1. Google Search Consoleにログインする:

  2. URLを入力してください:

    • ページの上部中央に、URL検査フィールドがあります。検査したいURLを入力してください。
  3. ステータスをチェックする:

    • キーボードのEnterをクリックします。Google Search Consoleが、インデックスステータスやウェブページに関するその他の情報を返します。

URL検査ツールの使用例

  1. Google Search Consoleアカウントにログインします。
  2. URL検査フィールドにURL(例:https://yourdomain.com/page-to-check)を入力する。
  3. Enterキーを押してURLを送信します。
  4. 結果を見直す:
    • Google Search Consoleはインデックスステータスを表示し、ページがインデックスされているかどうかを示します。
    • 追加情報には、ユーザビリティの詳細、構造化データ、検出された問題が含まれます。

URL検査ツールの利点

  • 迅速な診断:ウェブページがインデックスされているかどうかを簡単に特定し、インデックスされていない原因を突き止めます。
  • 即時フィードバック:Googleがあなたのウェブページをどのように見ているかをリアルタイムで知ることができます。
  • SEOを改善する:ページのインデックスと全体的なSEOパフォーマンスを改善するために必要な調整を行うためにインサイトを使用します。
  • インデックスのリクエスト新しく更新されたウェブページや新しく作成されたウェブページのインデックスをGoogleに迅速にリクエストする。

結論

Google Search ConsoleのURL検査ツールは、サイトオーナーがウェブページのインデックス状況や全体的なパフォーマンスを監視・管理するために欠かせない機能です。このツールを使用することで、コンテンツが適切にインデックスされ、検索エンジンの可視性のために最適化されていることを確認できます。